北山 淳

北山 淳
Print Friendly, PDF & Email

北山 淳 (きたやま あつし)

大学教授
医学博士
発達障害専門作業療法士
子育てコンサルタント

講師カテゴリー

  • 学校教育・PTA・育児
  • 育児・幼児教育

出身地・ゆかりの地

兵庫県

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

<職歴・経歴>
兵庫県生まれ、大学教授・医学博士。子どもの発達やその障害また子育てに関心があり、研究、教育に従事している。大学病院で発達支援外来を立ち上では国からの助成金を受け医師,臨床心理士と協力しながら、幼児・学童を対象に発達評価・診断に関する臨床・研究を行ってた。

また特別支援学校においては自立活動を中心に指導を行い学習面でのアドバイスや作業療法を実施した。

教育委員会からの要請で巡回相談を行い、特別な支援の必要な児童に対して生活や学習面での支援実施。要請により支援が必要な園児の対応を助言、指導を行っている。

研究方法や発表方法の指導、講演や保護者教員向け講座を企画・運営している。

<専門分野>
発達障害作業療法

<背景>
神戸大学医学部保健学科作業療法学専攻 卒業
鳴門教育大学大学院学校教育研究科障害児教育専攻 修了 
徳島大学大学院医科学教育部社会環境医学講座予防医学分野修了

講演テーマ

【子どもの脳を知って楽しく子育て!「気になる子どもの頭の中は・・・」】

未発達な子どもの脳に(0歳~小学校入学前の時期)、遊びを中心とした、「楽しむ」ことを身につければ、それが今後その子の発達や人生に大きな影響を与えることになります。人間の脳には発達の順序や法則があり、それらを意識して子育てに役立てていくことを提案し、子育てをする際、子どもたち脳の発達過程を理解することの大切や、具体的な遊びをお伝えしていきます。

【0から学ぶ発達セミナー「子どもたちを理解し成長させるとは方法とは」】

発達には、順序性、方向性があり、常に直線的に発達するのではなく、発達したり停滞する時期があります。 子どもの発達を点としてでなく線として捉えていきましょう。例えば、何かができるようになるためには、その前にできない状態が必ずあります。できない状態というのは実はとても大事なことで、そこを十分に経験することは次の発達のために必要なことなのです。 早ければいいというものではありません。今回、子どもの発達の具体的な事例を含めて子育てに役立つヒントをお届けします。

講演の特徴

大学でのADHDなど発達障害についての臨床と講義、小児施設や福祉施設の顧問、研究論文70本(海外論文含む)学会発表100回。実績に裏打ちされた、発達障害や子育てについての講演は難しい内容でも面白く、分かりやすいと評判です。

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。