2017年4月24日

特選 ピックアップ講師

佐藤 浩 氏 (近畿大学 陸上競技部駅伝監督
           /株式会社BESTS 代表取締役 )



お客様より「講演が好評だった」とご紹介があったのが
当協会との最初のご縁です。
一度聴講したら、その良さを実感する
リピーター続出の“実力派”の人気講師です。

大脳生理学を基に「心技体」を向上させる
メンタルトレーニングの指導者で、
---------
ストレスマネジメントできる人を増やすことが
職場や家庭の繁栄になる
----------
を信条に、活動の場を全国に広げています。

簡単に経歴をご紹介しますと、
四日市大学開設と同時に陸上競技部を創設し、
地元三重の選手を集め、11年の歳月をかけて中京大学に勝ち、
三重県で初めて「全日本大学駅伝」に出場。
四日市大学は以後9年連続で全日本大学駅伝に出場を果たし
東海地区トップレベルのチーム作りをされた指導者です。

講演では、ストレスマネジメントするためのノウハウを
凝縮した内容で、実践的なことが特徴です。
・個人能力向上(コミュニケーション、集中力など)
・組織力向上
・モチベーションアップ
・安全対策
等々の講演ニーズに、オススメの講演です。

参加型ワーク(実践指導)もありますので、
聴講者も体を動かすので、眠たさも感じず、
前のめりに参加できます。
「楽しかった」「勉強になった」との感想も多く
大変好評です。

ビジネスだけでなく、学校や教育現場でも
オススメの講師です。


佐藤 浩氏への講演会のご依頼はコチラ!
メールフォームまたはお電話にてお問合せ下さい。
講演依頼、講師派遣、タレント派遣、社員研修は講師SELECT

トラックバック(0) コメント(0) 

2017年4月24日

特選 ピックアップ講師

齋藤 孝 氏 (明治大学文学部教授/ 教育学者)


日本語ブームの火付け役で、大人気の大学教授です。
「情報7daysNキャスター」「ひるおび」等のコメンテーター、
Eテレ「にほんごであそぼ」の総合指導など幅広い活動で、
長年、お茶の間でもおなじみの顔となっています。

齋藤孝先生は、
テレビとライブ(講演)では、ガラっと印象が違うのです。

テレビでは、真面目でキリッとした知的な印象かもしれません。

ライブ(講演)では、
「とても陽気」
「フットワークが軽やか」
「圧倒するマシンガントーク」
というようなエネルギッシュな印象を持つ聴講者が多数です。

ライブ(講演)は、
その話力とテンションの高さに驚くとともに、
圧倒的なパワーに、聴講者は一気に巻き込まれ、
ジェットコースターのごとく、ハイスピードに進んで行きます。

仮に60分間の講演であっても、そのボリュームは120分クラス。
最初から最後まで、面白い・楽しい・ワクワクの講演で、
コミュニケーション向上するだけでなく、
人生がもっと楽しくなる秘訣も、満載です。

講演終了後は、
達成感と心地よい疲れがでるような・・・
教えてもらったことをすぐに試したくなるような・・
誰かとコミュニケーションしたくなるような・・・
体験が出来ると思います。

講演ニーズが
・最近元気がない組織に新風を吹き込みたい
・営業パーソンのモチベーションアップ
等でしたら、
一度ご体験いただきたい講演です。


齋藤 孝氏への講演会のご依頼はコチラ!
メールフォームまたはお電話にてお問合せ下さい。
講演依頼、講師派遣、タレント派遣、社員研修は講師SELECT

トラックバック(0) コメント(0) 

2017年3月26日

特選 ピックアップ講師

髙橋 洋一 氏 (経済学者/ 嘉悦大学教授)


・プロフィール…元財務(大蔵)官僚。
小泉内閣、第一次安倍内閣ではブレーンとして数々の政策実現に活躍。
国民の富「霞が関埋蔵金」を公表し脚光を浴びる。

講演では、「日本はこの先どうなるのか?」
「政治・経済で本当に起こっていること・真相」
などの話題をメインにズバリ語っていただきます。

・マイナス金利の真相
・間違いだらけの経済ニュース
・日本の財政は悪くない?!
・諸悪の根源は消費税にある
・金融緩和で日本の経済はどうなるか?
・経済再生/日本の進むべき道
講演内容はオフレコも含めてぎっしり!
切り口が多く、話しも上手なので、満足度はかなり高いです。
(講演後のアンケートより)

当方主催、2017年1月開催、第125回新春全国経営者大会で
講師満足度No.1でした。


高橋 洋一氏への講演会のご依頼はコチラ!
メールフォームまたはお電話にてお問合せ下さい。
講演依頼、講師派遣、タレント派遣、社員研修は講師SELECT

トラックバック(0) コメント(0) 

2017年3月26日

特選 ピックアップ講師

米倉 誠一郎 氏 (一橋大学イノベーション研究センター教授
           /アカデミーヒルズ日本元気塾塾長   )



経営学の名門、一橋大学の名物教授。
楽天三木谷社長など、数多くの経済人を世に送り、
「アカデミーヒルズ」ではこれからのビジネスリーダーを育成。
その豪華な講師陣をみていても人脈の広さが伺えます。

そんな米倉氏ですが、「ちょいワルオヤジ」的な雰囲気を持ちつつ、
肩に力が入らない語り口で、聴く方もリラックスし、楽しみながら
聴くことができます。

イノベーションのヒントになるような具体的事例を次々と挙げ、
独自の観点から味付けをし、経営者・ビジネスパーソンの感性を
揺さぶります。

広く総合的に経営についてのお話は、
経営者向けの講演会やビジネスセミナーに、
特にオススメです。


米倉 誠一郎氏への講演会のご依頼はコチラ!
メールフォームまたはお電話にてお問合せ下さい。
講演依頼、講師派遣、タレント派遣、社員研修は講師SELECT

トラックバック(0) コメント(0) 

2016年6月29日

矢部輝夫氏ご講演会「働く誇り」

[働く誇り 夢への7つのキーワード」というテーマで映像を交えての講演です。

着任当時 東京管区内列車14,000本/1日 、職員12,000人/1日の
運行管理しているJR東日本。超ビッグ組織であるため上意下達の
指示命令系統が徹底できないと大事故につながる厳しい現場。
その一部エリアの列車内の清掃サービスを請け負う
JR東日本テクノハート(TESSEI)の再生実話です。

平均年齢50歳。「誰からも意識もされず、見てもらえず、評価もされない」
職員にとってモチベーションが上がらない3Kの代表格の職場。
かたや品質とその運航管理技術で世界一を誇る日本の新幹線。
最初に手を打ったのが意識改革でした。
世界一の列車の車内清掃を担当するTESSEIの社員は「世界一の技能集団」との
意識を徹底して教育することでモノと職場(シゴト)のギャップ(教育)を埋め、
仕事に取り組む考え方・姿勢を長年かけて“共育”をしてきました。
日本の美徳・礼のこだわりを貫き見事に変革したその現場を“7minutes miracle”
とアメリカのTV局が報道。
また、経済産業省「おもてなし経営企業選」に選出されました。
清掃業をサービス業へと変革させ、3Kの職場であっても
イキイキしている企業として世界中から現場への視察が
殺到することになりました。
その後ハーバードビジネススクールでは“CSのモデル企業”として
事例研究がされています。コメットスーパーバイザー(CSV)をイメージさせ、
仕事への改善力に磨きをかけ、「見える化」から「見られる化」へと進化させた
現場には改善がいまでも絶えないといいます。
どうすれば提案力、実行力を高める事ができるか?(ハインリッヒの法則1:29:300) 
二流、三流の戦略(考えは決して一流でなくてもいい)でもいい、
一流の実行力を持とう!を合言葉に継続をさせてきています。

100-1=0 の論理を現場で体現・活かしており、
コメットスーパーバイザー(清掃員)が日々取り組んでいます。

エンジェルリポーター(目にした良いこと、良い人をリポートする) 制度の導入で
既に23,000件の成功体験が積み込まれています。
褒めあい、認めあい、支え会う関係づくりが大切なんですね。

「共育、今日育」を最も大切にしている現場 (成功体験の共有) 。
それこそが世界から注目される所以であると感じました。
1人が100歩進むより、100人が1歩進むことが現場力を
高めることになるんですね!
それぞれの職場、自分の周りからできる事を始めてみましょう!!


矢部 輝夫氏への講演会のご依頼はコチラ!
メールフォームまたはお電話にてお問合せ下さい。
講演依頼、講師派遣、タレント派遣、社員研修は講師SELECT

トラックバック(0) コメント(0) 

2016年5月9日

【尾下義男】危機管理アドバイザー『防災レポート』


防災教育から減災教育へ

現在の防災教育は体験型へシフトしながら、
効果的に防災を学ぶ場へと努力されてきました。

災害時に被害を最小限に止める減災教育は、
従来型の防災教育に組み込むことによって、
被災地支援と地域防災の双方がつながる可能性が生まれます。

被災地に関わった個々人が得る強い利他や貢献の行動と感情を
地域に還元出来れば、地域防災の取り組みが質的に向上します。
現実の災害とは切り離されて行事化していた防災教育や防災活動が、
具体的な被災地に的を絞って、そこと我が地域を重ねてイメージすることで、
救命や避難の仕組み、他地域を支援する行動から地域防災の課題も見えてきます。

災害教育は単に現場での防災教育(被害の最小化を学ぶ)ではありません。
災害に関わる個人の内的な成長(思いやりの心)や心精神力の向上を
もたらすものです。

防災教育から減災教育へと歩を進めることで得られる効果は、
被災地に訪れる人々に対して、被災地の現場や景色ではなく、
生活の場であったことをしっかりと伝えていくことが重要です。

被災された人々の声を直接、聞ける機会を持つことで、
訪問者の心には確実な変化が訪れます。
このことは、「防災学」という一つの学問と言ってもよいテーマなのだと思います。

一つの市町村や都道府県を一人の人間に例えると
頭脳 → 行政(国・県・市町村)
細胞 → 一人ひとりの人間
血管 → 水道やガス
神経 → 電気
心臓 → 水道局、ガス会社等
腎臓 → 浄水場
皮膚 → 土地
脂肪 → 建物
善玉菌 → 防災ボランティア等
免疫細胞 → 自衛隊、消防、警察、病院
などなど。

防災に関わる人間は、時に頭脳の一部になったり、
時に免疫細胞となって現場で戦ったり、
と非常に重要な位置づけにいると思います。
ただし、これらは教育実働訓練が必要です。
防災・減災の為の人づくりとは、そういうことなのだと断言できます。

熊本地震の被災者の皆様方が一日も早い日常生活に戻れますようお祈り申し上げます。


--------------------------------
尾下 義男 先生(オシタ ヨシオ)
危機管理アドバイザー・防災士
精神対話士・生涯学習インストラクター



尾下 義男氏への講演会のご依頼はコチラ!
メールフォームまたはお電話にてお問合せ下さい。
講演依頼、講師派遣、タレント派遣、社員研修は講師SELECT

トラックバック(0) コメント(0) 

2015年10月26日

【尾下義男】危機管理アドバイザー『防災レポート』


コンプライアンスについて

先般、いばらき防災大学で、
「耐震診断と家屋転倒防止対策」を講義した際に
マンションの傾きについて、受講生から多くの質問が出ました。

現在、社会問題化しているマンション問題。

コンプライアンスの原点は、
『公正・適切な企業活動を通じ社会貢献を行なう』
という思想と理念があります。

特に、上場企業や企業ブランドを売りものにする企業で、
法の不備をつくような行為を繰り返し行なえば、
世間の企業ブランドに対する影響力は大きくなります。

これらの企業には、他の企業模範となるべく、
積極的に法令や条例以上の企業倫理・社会貢献の遵守し、
『常識が法である』という行動が求められます。

利益追求から、国民の安全・安心を第一に考える企業
最後に生き残ることを肝に銘じなければなりません。

--------------------------------
尾下 義男 先生(オシタ ヨシオ)
危機管理アドバイザー・防災士
精神対話士・生涯学習インストラクター



尾下 義男氏への講演会のご依頼はコチラ!
メールフォームまたはお電話にてお問合せ下さい。
講演依頼、講師派遣、タレント派遣、社員研修は講師SELECT

トラックバック(0) コメント(0) 

2015年10月5日

松井忠三氏ご講演会「無印良品の、人の育て方」

仕組みが育てる人材育成



 9月13日に開催されました、
「一般社団法人可児青年会議所 40周年記念事業」にて
(株)松井オフィス 代表取締役社長 前(株)良品計画 名誉顧問の松井忠三氏に
ご講演いただきました。

可児市文化創造センターにて清々しい秋晴れでした。
可児青年会議所さまはこの日の為に、半年以上かけて準備されていました。
当日は大盛況の秋祭り。
子供たちも多く集まり、屋台や20年後の未来の手紙を書いたり。


その中で、松井氏の講演は一般市民の方や若手経営者の多い
青年会議所の方々にどのように響くのか。
講演内容は「無印良品」の“挫折と復活”よりどのように復活できたのか?
そして、どのような人材育成を続けているのか。
「ここまで見せていいんかい?」というくらい良品計画の
ノウ・ハウが詰まった内容でした。


とっても優しい語り口調の松井氏ですが、
中身はとっても熱く温かい経営者であります。
講演中に何度か口にされた「徹底してやる!」という事は実践する
「仕組みつくり」があってなのだと納得しました。


日本で「働きがいのある会社」調査ベスト15に常にランクインしている「良品計画」。
世界に展開しながらも、MUJIブランドがブレない訳を知りたいと思いませんか?


松井忠三氏への講演会のご依頼はコチラ!
メールフォームまたはお電話にてお問合せ下さい。
講演依頼、講師派遣、タレント派遣、社員研修は講師SELECT

トラックバック(0) コメント(0) 

2015年9月24日

丹羽宇一朗氏ご講演会「中国が台頭する国際情勢の中でどう対処するか」

世界における経済的・政治的覇権争いにの様相を、2,500年前の
ペロポネソス戦争にひも解き、現代の世界の覇権構図も同じである・・と説く。
中国が政治的・経済的・軍事的にその勢いを増し世界の覇権国家として様相を
呈している今、世界の構図がどう変わっていくのか?その中で日本の立ち位置を
どう示していくのか?・・の点について、統計などを基に検証されていきました。
さすがにビジネス経営豊富な丹羽さん。
使用されるデータとその解析や数値の意味するところなどを私見を添えて
解かれました。
その中で、凋落していく米国、台頭する中国のこれからの世界の新しい構図の中で、
日本は世界に信頼される国家としてプレゼンスを明確する必要性を説かれました。
そして我が国が培ってきた国力・国民性を踏まえたうえで、技術、農業、観光を
柱にした国として世界に・国民にその方向を示すと共に、基礎になる学問を国内に
根付かせる再教育の必要性を説かれました。近い将来起こりうる
食糧問題・環境問題を中心に自立・自活できない日本は、自律国家米国から
少し距離をおき、50年、100年先を見据え子々孫々にまで地球規模で悪影響を
起こさないためにも、そのプレゼンスを確立しるととに国際的にアピールして
いかなければならない・・・・・と締めくくった。
90分の時間内には時間的に足らないと感じました。
締めくくった後、質問も多く出たようです。



丹羽宇一朗氏への講演会のご依頼はコチラ!
メールフォームまたはお電話にてお問合せ下さい。
講演依頼、講師派遣、タレント派遣、社員研修は講師SELECT

トラックバック(0) コメント(0) 

2015年3月19日

大谷徹奘氏ご講演会「法句経に学ぶ」

「法句経に学ぶ」というテーマで法相宗大本山薬師寺執事である
大谷徹奘師の説法(勉強会)が開催され、初めて参加させていただきました。

150名近い参加者で約3/4はご高齢の御婦人方でした。文字通り“こころ”を
磨くことを主に、多くの方々が毎月勉強されているのだそうです。
どうみても人間学を充分学ばれ、既に円熟の域に達した人たちではないか・・・
と思われるくらい菩薩のようなまろやかさを感じさせる人の集まりでした。

輪廻転生という言葉がある通り、命は永遠に生まれ変わり続けるわけですから

「常に“いのち”“こころ”を磨き続けなければならない」

ということなのでしょう!


法話が始まり冒頭から
「皆さん“こころ”はどこにあるか一斉にその部分を指し示してください!」

と。
みなさんならどこを指しますか?
ちなみに私は身体全体をさしました。
(意味するとことはこの世でいろんなことえを受けてきた自分自身)

・・・頭を指すひと、心臓を指すひとそれぞれ・・・

大谷師から
「“こころ”の勉強をしているひとが、その“こころ”のありかが何処に
あるのか解らない?”こころ”をやさしく!とか強く!とかいうが
どうやってしていくのですか!」

・・・と会場は爆笑!
そして次に

「こころは何からできているのでしょうか?」
「どうすればこころを磨けるのか?」


・・・難問を次々と・・・・
題ごとに師からいろいろと教えを頂きました。
禅問答のような投げかけで始まった法話も、60分後には参加者それぞれ
納得した様子でえみを浮かべたり、妙に納得をしていたり。

残り20分で「法句経第九の悪しき行為品」から5つの教えを
ひも解いてくださいました。

最後に、
“こころ”は自身の経験から生まれ⇒その経験から価値観が生まれ⇒
その結果生き方、考え方が固まる。
それが“我”であり、自分の当体ということで“こころ”を形成するものである
・・・との導きでした。

こころを磨く方法が何か見えてきた感じがしませんか?



お写真は大谷氏の直筆サインです。

大谷徹奘氏への講演会のご依頼はコチラ!
メールフォームまたはお電話にてお問合せ下さい。
講演依頼、講師派遣、タレント派遣、社員研修は講師SELECT

トラックバック(0) コメント(0) 
ホームページ制作はオールインターネット