2016年6月29日

矢部輝夫氏ご講演会「働く誇り」

[働く誇り 夢への7つのキーワード」というテーマで映像を交えての講演です。

着任当時 東京管区内列車14,000本/1日 、職員12,000人/1日の
運行管理しているJR東日本。超ビッグ組織であるため上意下達の
指示命令系統が徹底できないと大事故につながる厳しい現場。
その一部エリアの列車内の清掃サービスを請け負う
JR東日本テクノハート(TESSEI)の再生実話です。

平均年齢50歳。「誰からも意識もされず、見てもらえず、評価もされない」
職員にとってモチベーションが上がらない3Kの代表格の職場。
かたや品質とその運航管理技術で世界一を誇る日本の新幹線。
最初に手を打ったのが意識改革でした。
世界一の列車の車内清掃を担当するTESSEIの社員は「世界一の技能集団」との
意識を徹底して教育することでモノと職場(シゴト)のギャップ(教育)を埋め、
仕事に取り組む考え方・姿勢を長年かけて“共育”をしてきました。
日本の美徳・礼のこだわりを貫き見事に変革したその現場を“7minutes miracle”
とアメリカのTV局が報道。
また、経済産業省「おもてなし経営企業選」に選出されました。
清掃業をサービス業へと変革させ、3Kの職場であっても
イキイキしている企業として世界中から現場への視察が
殺到することになりました。
その後ハーバードビジネススクールでは“CSのモデル企業”として
事例研究がされています。コメットスーパーバイザー(CSV)をイメージさせ、
仕事への改善力に磨きをかけ、「見える化」から「見られる化」へと進化させた
現場には改善がいまでも絶えないといいます。
どうすれば提案力、実行力を高める事ができるか?(ハインリッヒの法則1:29:300) 
二流、三流の戦略(考えは決して一流でなくてもいい)でもいい、
一流の実行力を持とう!を合言葉に継続をさせてきています。

100-1=0 の論理を現場で体現・活かしており、
コメットスーパーバイザー(清掃員)が日々取り組んでいます。

エンジェルリポーター(目にした良いこと、良い人をリポートする) 制度の導入で
既に23,000件の成功体験が積み込まれています。
褒めあい、認めあい、支え会う関係づくりが大切なんですね。

「共育、今日育」を最も大切にしている現場 (成功体験の共有) 。
それこそが世界から注目される所以であると感じました。
1人が100歩進むより、100人が1歩進むことが現場力を
高めることになるんですね!
それぞれの職場、自分の周りからできる事を始めてみましょう!!


矢部 輝夫氏への講演会のご依頼はコチラ!
メールフォームまたはお電話にてお問合せ下さい。
講演依頼、講師派遣、タレント派遣、社員研修は講師SELECT

トラックバック(0) コメント(0) 

2016年5月9日

【尾下義男】危機管理アドバイザー『防災レポート』


防災教育から減災教育へ

現在の防災教育は体験型へシフトしながら、
効果的に防災を学ぶ場へと努力されてきました。

災害時に被害を最小限に止める減災教育は、
従来型の防災教育に組み込むことによって、
被災地支援と地域防災の双方がつながる可能性が生まれます。

被災地に関わった個々人が得る強い利他や貢献の行動と感情を
地域に還元出来れば、地域防災の取り組みが質的に向上します。
現実の災害とは切り離されて行事化していた防災教育や防災活動が、
具体的な被災地に的を絞って、そこと我が地域を重ねてイメージすることで、
救命や避難の仕組み、他地域を支援する行動から地域防災の課題も見えてきます。

災害教育は単に現場での防災教育(被害の最小化を学ぶ)ではありません。
災害に関わる個人の内的な成長(思いやりの心)や心精神力の向上を
もたらすものです。

防災教育から減災教育へと歩を進めることで得られる効果は、
被災地に訪れる人々に対して、被災地の現場や景色ではなく、
生活の場であったことをしっかりと伝えていくことが重要です。

被災された人々の声を直接、聞ける機会を持つことで、
訪問者の心には確実な変化が訪れます。
このことは、「防災学」という一つの学問と言ってもよいテーマなのだと思います。

一つの市町村や都道府県を一人の人間に例えると
頭脳 → 行政(国・県・市町村)
細胞 → 一人ひとりの人間
血管 → 水道やガス
神経 → 電気
心臓 → 水道局、ガス会社等
腎臓 → 浄水場
皮膚 → 土地
脂肪 → 建物
善玉菌 → 防災ボランティア等
免疫細胞 → 自衛隊、消防、警察、病院
などなど。

防災に関わる人間は、時に頭脳の一部になったり、
時に免疫細胞となって現場で戦ったり、
と非常に重要な位置づけにいると思います。
ただし、これらは教育実働訓練が必要です。
防災・減災の為の人づくりとは、そういうことなのだと断言できます。

熊本地震の被災者の皆様方が一日も早い日常生活に戻れますようお祈り申し上げます。


--------------------------------
尾下 義男 先生(オシタ ヨシオ)
危機管理アドバイザー・防災士
精神対話士・生涯学習インストラクター



尾下 義男氏への講演会のご依頼はコチラ!
メールフォームまたはお電話にてお問合せ下さい。
講演依頼、講師派遣、タレント派遣、社員研修は講師SELECT

トラックバック(0) コメント(0) 

2015年10月26日

【尾下義男】危機管理アドバイザー『防災レポート』


コンプライアンスについて

先般、いばらき防災大学で、
「耐震診断と家屋転倒防止対策」を講義した際に
マンションの傾きについて、受講生から多くの質問が出ました。

現在、社会問題化しているマンション問題。

コンプライアンスの原点は、
『公正・適切な企業活動を通じ社会貢献を行なう』
という思想と理念があります。

特に、上場企業や企業ブランドを売りものにする企業で、
法の不備をつくような行為を繰り返し行なえば、
世間の企業ブランドに対する影響力は大きくなります。

これらの企業には、他の企業模範となるべく、
積極的に法令や条例以上の企業倫理・社会貢献の遵守し、
『常識が法である』という行動が求められます。

利益追求から、国民の安全・安心を第一に考える企業
最後に生き残ることを肝に銘じなければなりません。

--------------------------------
尾下 義男 先生(オシタ ヨシオ)
危機管理アドバイザー・防災士
精神対話士・生涯学習インストラクター



尾下 義男氏への講演会のご依頼はコチラ!
メールフォームまたはお電話にてお問合せ下さい。
講演依頼、講師派遣、タレント派遣、社員研修は講師SELECT

トラックバック(0) コメント(0) 

2015年10月5日

松井忠三氏ご講演会「無印良品の、人の育て方」

仕組みが育てる人材育成



 9月13日に開催されました、
「一般社団法人可児青年会議所 40周年記念事業」にて
(株)松井オフィス 代表取締役社長 前(株)良品計画 名誉顧問の松井忠三氏に
ご講演いただきました。

可児市文化創造センターにて清々しい秋晴れでした。
可児青年会議所さまはこの日の為に、半年以上かけて準備されていました。
当日は大盛況の秋祭り。
子供たちも多く集まり、屋台や20年後の未来の手紙を書いたり。


その中で、松井氏の講演は一般市民の方や若手経営者の多い
青年会議所の方々にどのように響くのか。
講演内容は「無印良品」の“挫折と復活”よりどのように復活できたのか?
そして、どのような人材育成を続けているのか。
「ここまで見せていいんかい?」というくらい良品計画の
ノウ・ハウが詰まった内容でした。


とっても優しい語り口調の松井氏ですが、
中身はとっても熱く温かい経営者であります。
講演中に何度か口にされた「徹底してやる!」という事は実践する
「仕組みつくり」があってなのだと納得しました。


日本で「働きがいのある会社」調査ベスト15に常にランクインしている「良品計画」。
世界に展開しながらも、MUJIブランドがブレない訳を知りたいと思いませんか?


松井忠三氏への講演会のご依頼はコチラ!
メールフォームまたはお電話にてお問合せ下さい。
講演依頼、講師派遣、タレント派遣、社員研修は講師SELECT

トラックバック(0) コメント(0) 

2015年9月24日

丹羽宇一朗氏ご講演会「中国が台頭する国際情勢の中でどう対処するか」

世界における経済的・政治的覇権争いにの様相を、2,500年前の
ペロポネソス戦争にひも解き、現代の世界の覇権構図も同じである・・と説く。
中国が政治的・経済的・軍事的にその勢いを増し世界の覇権国家として様相を
呈している今、世界の構図がどう変わっていくのか?その中で日本の立ち位置を
どう示していくのか?・・の点について、統計などを基に検証されていきました。
さすがにビジネス経営豊富な丹羽さん。
使用されるデータとその解析や数値の意味するところなどを私見を添えて
解かれました。
その中で、凋落していく米国、台頭する中国のこれからの世界の新しい構図の中で、
日本は世界に信頼される国家としてプレゼンスを明確する必要性を説かれました。
そして我が国が培ってきた国力・国民性を踏まえたうえで、技術、農業、観光を
柱にした国として世界に・国民にその方向を示すと共に、基礎になる学問を国内に
根付かせる再教育の必要性を説かれました。近い将来起こりうる
食糧問題・環境問題を中心に自立・自活できない日本は、自律国家米国から
少し距離をおき、50年、100年先を見据え子々孫々にまで地球規模で悪影響を
起こさないためにも、そのプレゼンスを確立しるととに国際的にアピールして
いかなければならない・・・・・と締めくくった。
90分の時間内には時間的に足らないと感じました。
締めくくった後、質問も多く出たようです。



丹羽宇一朗氏への講演会のご依頼はコチラ!
メールフォームまたはお電話にてお問合せ下さい。
講演依頼、講師派遣、タレント派遣、社員研修は講師SELECT

トラックバック(0) コメント(0) 

2015年3月19日

大谷徹奘氏ご講演会「法句経に学ぶ」

「法句経に学ぶ」というテーマで法相宗大本山薬師寺執事である
大谷徹奘師の説法(勉強会)が開催され、初めて参加させていただきました。

150名近い参加者で約3/4はご高齢の御婦人方でした。文字通り“こころ”を
磨くことを主に、多くの方々が毎月勉強されているのだそうです。
どうみても人間学を充分学ばれ、既に円熟の域に達した人たちではないか・・・
と思われるくらい菩薩のようなまろやかさを感じさせる人の集まりでした。

輪廻転生という言葉がある通り、命は永遠に生まれ変わり続けるわけですから

「常に“いのち”“こころ”を磨き続けなければならない」

ということなのでしょう!


法話が始まり冒頭から
「皆さん“こころ”はどこにあるか一斉にその部分を指し示してください!」

と。
みなさんならどこを指しますか?
ちなみに私は身体全体をさしました。
(意味するとことはこの世でいろんなことえを受けてきた自分自身)

・・・頭を指すひと、心臓を指すひとそれぞれ・・・

大谷師から
「“こころ”の勉強をしているひとが、その“こころ”のありかが何処に
あるのか解らない?”こころ”をやさしく!とか強く!とかいうが
どうやってしていくのですか!」

・・・と会場は爆笑!
そして次に

「こころは何からできているのでしょうか?」
「どうすればこころを磨けるのか?」


・・・難問を次々と・・・・
題ごとに師からいろいろと教えを頂きました。
禅問答のような投げかけで始まった法話も、60分後には参加者それぞれ
納得した様子でえみを浮かべたり、妙に納得をしていたり。

残り20分で「法句経第九の悪しき行為品」から5つの教えを
ひも解いてくださいました。

最後に、
“こころ”は自身の経験から生まれ⇒その経験から価値観が生まれ⇒
その結果生き方、考え方が固まる。
それが“我”であり、自分の当体ということで“こころ”を形成するものである
・・・との導きでした。

こころを磨く方法が何か見えてきた感じがしませんか?



お写真は大谷氏の直筆サインです。

大谷徹奘氏への講演会のご依頼はコチラ!
メールフォームまたはお電話にてお問合せ下さい。
講演依頼、講師派遣、タレント派遣、社員研修は講師SELECT

トラックバック(0) コメント(0) 

2015年1月28日

竹原信夫先生ご講演会 「関西の元気を掘り起こす!」

ある銀行主催のご講演会で、竹原信夫先生にご講演頂きました。


竹原信夫先生のプロフィール


有限会社産業情報化新聞社 代表取締役
(日本一明るい経済新聞編集長)

・大阪大学大学院工学研究科非常勤講師
 (知能・機能創成工学専攻ベンチャービジネス論)
・四條畷学園大学・短期大学客員教授
・吉本興業吉本お笑い総合研究所 コンサルティング・フェロー

厳しい経済下でも、利益を出して活力溢れる経営を進めている
中小企業経営者を対象に、年間500社を越える取材を行い、
『月刊誌日本一明るい経済新聞』を発行されています。
活力溢れる経営者から儲かる秘訣を聞き出し、
元気のない人達に“自信”と“やる気”を起こさせる講演は各地で大好評です。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

いつももようにDVDの御紹介からはじまり、初めての方にとっては
講師の竹原さんがどのような事をしているのかが一発で理解でき、
その後の聴講姿勢に大きなインパクトを与えていたように思います。

マンスリー発行の新聞の取材に大忙しで駆け回っている姿を通し、
竹原さんが世に訴えたい(中小企業はまだまだ社長のやり方で元気が出る!)
メッセージが十分すぎるくらい伝わったのではないでしょうか。
多くの事例からメモを取る方も散見されました。


そして最後に、

「皆さん!
もうこれからは他よりも安いものを売るためのモノづくり思考をやめ、
付加価値のあるより高いものの販売へシフト転換しませんか!」


と訴え、そのためのお勧めしたいこととして以下の2点を紹介されていました。

①「Think Different」―他社と違うことを考え、実行する事。
②「T.T.P」―徹底(テッテイ)してよそのものをパクリまくる。


アベノミクスでいうように中小企業は社員の賃金を上げることが難しい!
賃金を上げるためには”社長ノミクス”を断行して、
これからも元気に進んでいきましょう!

・・・と結ばれました。
参加者から大きな拍手で90分を終えることができました。



右の方が竹原信夫先生、左の方は第二セッションでマジックを披露された
現役高校生マジシャンです。

講演会+マジックといった組み合わせは珍しく、こちらも大変勉強になりました。


竹原信夫氏のプロフィール、講演会のお見積はコチラ!
竹原信夫氏 講師紹介ページ
メールフォームまたはお電話にてお問合せ下さい。
講演依頼、講師派遣、タレント派遣、社員研修は講師SELECT

トラックバック(0) コメント(0) 

2015年1月6日

坂本光司氏+黒岩功氏の対談型講演会

ある税理士法人会の年1回秋開催の恒例行事。
今回は長年の夢であった坂本光司氏を迎えての講演会とあって、
主催運営者も相当気合が入っていたように感じました。


写真はご講演前の控室でのご様子です。



坂本光司氏は、販売累計65万部を超えるベストセラー
「日本でいちばん大切にしたい会社」の著書。
全国的に有名な先生なので参加者の期待もあり、会場はかなりの熱気が
感じられました。
取材した会社は全国で7000社を優に超え、経験からの実例紹介の御話は、
持ち時間1時間余りでは到底語れるものではありません!

今回はそのご著書でも紹介されている有名フランス料理店「ル・クロ」の
創業者でありオーナーシェフの黒岩功氏との
対談セッション・・とかなり厚かましい企画内容でした。

講演前半部分は「元気のない会社の5つの言い訳・誤解・錯覚・甘え」のお話。
相当耳の痛い話でした。
問題の本質をとらえ、経済性と社会性両面を備える事の大切さを指摘。
次に快進撃を続ける1割の企業の共通項も教えていただきました。
これほど多くの企業取材があるからこそ共通する真実が見えてくるのでしょう。
気がつけば手帳にいっぱいの記録となりました。

その後は具体的な会社の事例を3,4社紹介し、黒岩氏との対談セッションへと
舞台は変わります。フランス料理店「ル・クロ」は信じられないような
「顧客サービス」と「社員満足」を実現して注目されています。
私にとっては足が遠のくフランス料理店ですが、社員・スタッフのおもてなしや
メニューの工夫で身近な存在にしてくれています。
創業時の苦労話や、家族3人で入ったとあるフランス料理店での嫌な経験などが
肥やしになっているようです。
創業して14年。念願の本場フランスにも出店。
現地でも高く認められるお店として話題を呼んでいるようで、
そのことが社員の自身とヤル気を引き出しているようです。
本当に好循環の素晴らしい経営をされていますね。


坂本光司氏、黒岩功氏へのご講演のご依頼・お見積・お問い合わせは、
メールフォームまたはお電話にてお問合せ下さい。
講演依頼、講師派遣、タレント派遣、社員研修は講師SELECT

トラックバック(0) コメント(0) 

2014年12月19日

木下晴弘先生ご講演会 「魂を揺さぶる生涯忘れない90分」

木下晴弘先生 プロフィール



1965年大阪府生まれ。

同志社大学卒業後、銀行に就職するが、学生時代大手進学塾の講師経験で得た
充実感が忘れられず、退職して同塾の専任講師になる。
生徒からの支持率95%以上という驚異的な成績を誇り、多数の生徒を
灘高校をはじめとする超難関校合格へと誘う。
その後、関西屈指の進学塾の設立・経営に役員として参加。

「授業は心」をモットーに、学力だけではなく人間力も
伸ばす指導は生徒、保護者から絶大な支持を得た。
以後10年間にわたり、講師および広報・渉外・講師研修など様々な業務を経験。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

塾向けのコンサルティングのみならず、講演会への講師としても
幅広く活躍されています。

今回のご講演は「人生の法則」について。
自己啓発的な内容ですが、シンプルでわかりやすいご講演内容でした。
スライドショー形式で、時折音響や映像を交えて、ドラマティックに展開。
個人に対してのメッセージ性が強い内容なので、企業内講演だけではなく
大規模イベントなどでのオープンな講演でもオススメです。

生徒からの支持率95%以上という理由はご講演に表れています。
様々なテーマでご講演されていますので、是非下記をご参考ください。

木下晴弘氏のプロフィール、講演会のお見積はコチラ!
木下晴弘氏 講師紹介ページ
メールフォームまたはお電話にてお問合せ下さい。
講演依頼、講師派遣、タレント派遣、社員研修は講師SELECT

トラックバック(0) コメント(0) 

2014年12月9日

安本隆晴氏(ユニクロ監査役) ご講演会

年2回春秋開催の主催システム販売を目的とした情報セミナーで、
4日間開催された催しもの。
今回の講師は今注目の"ユニクロ"の会計力に目を付けた主催担当からの
オファーでした。

当日は予想を上まわる参加者数だったようで、主催もホクホク顔!
講演会は講師がお話しする内容をほとんどレジュメに記載。
参加者はほとんどメモを取る必要もなく講師の話に注目しつつ、
時々レジュメに目を通す・・といった感じでした。

●ご講演会会場


通常レジュメに目が行きがちですが、講師の話ぶりにはその体験に基づく
活気ある話と、現場感覚が伝わってくる実務者感覚・・ということが
会場を飲み込んでいく雰囲気を醸し出し、あっという間に1.5時間が過ぎました。
特にユニクロ柳井社長の話では、出会いのキッカケからとてつもない
(実現不可能?)目標、それを実現するための具体策、
チャレンジング行動・・・などなど肌感覚の情報を伝えてくれました。
そして講師の主張である「経営力=会計力」に話題を進め、会社を成長させる
ための考え方と組織運営の在り方を説明。
会計の現場にいる聴講者は釘づけ、そして何より主催の販売する
システム導入を目的とした今回のセミナー開催趣旨に
ぴったりと合った内容でした。



安本隆晴氏への講演会のご依頼はコチラ!
メールフォームまたはお電話にてお問合せ下さい。
講演依頼、講師派遣、タレント派遣、社員研修は講師SELECT

トラックバック(0) コメント(0) 
ホームページ制作はオールインターネット