阿部 誉司文

阿部 誉司文
Print Friendly, PDF & Email

阿部 誉司文 (あべ よしぶみ)

日本経済新聞社人材 教育事業本部 研修・解説委員
城西国際大学経営情報学部講師

講師カテゴリー

  • 政治・経済
  • 経済
  • 金融・株式
  • 経営・ビジネス
  • 経営論・組織論・経営哲学
  • 学校教育・PTA・育児
  • 学生向け

出身地・ゆかりの地

千葉県

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

講演テーマ

【ものの値段から景気を予測する】

半導体などの産業素材や石油、穀物、金、銅などの国際商品の価格動向や需給は産業景気に約3ヶ月から半年先取りして動く傾向がある。このため日経新聞の商品面などに出ている商品価格資指数や物価動向をよく読みこめば、今後の景気がどうなるかかなり正確に予想できる。日経商品指数は政府が発表する景気動向指数のうち景気の先行指標として採用されてる。元日経新聞の編集局商品部長というキャリアを生かした独自の切り口の景気診断手法として有効活用して欲しい。

【経営理論を人生設計に生かす】

ハーバードビジネススクールの人気教授だったクリステンセンは最終講義をイノベーション・オブ・ライフという本にまとめたが、その中で各種の経営学の理論を使って個人が自分のキャリア選択する場合や、子供の教育、家庭生活までさまざまな分野で応用できることを示した。経営学の理論は経営者が学ぶだけでなく、個人が自分の人生を生きていくうえでも使えるケースが多い。大学で学生に経営学を教えながら、経営理論や各種フレームワークを学び直す中で、こうした手法を企業向けでなく個人生活にいかにかすべきかを考えるようになった。具体的に提示したい。

【新聞から役立つ情報をどう引き出すか】

リクルート活動に入った大学生などに100回近い講演を行ったが、彼らは新聞の正しい読み方、書かれている情報をどのように読めば役に立つかを知りたがっていた。またインターネットに流れる情報との違い、新聞情報との使い分けかたなど、現在に生きる人に新聞情報を最大限に生かす情報の引き出し方を伝授する。

【これからの流通業】

日経新聞の元流通担当の編集委員として流通については全国の商工会議所や商店街でさまざまな講演を行ってきた。ネット時代に卸はいかに生き残り策を構築すべきか、物流を武器に成長する流通業やコンビニエンスストアの革新性、過去20年間一人負け状態だった百貨店は生き残れるかなどさまざまなテーマに対応して流通の将来像を解き明かす。

講演の特徴

わかりやすい講演を心がけている。日経編集委員時代以来600回を超える講演を行ってきたほか、現在は大学生にわかりやすく企業経営とはどういうものかを教えている

その他

景気分析、自動車産業論、エネルギー産業論、流通論、経営学

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。