岩山 健一

岩山 健一
Print Friendly, PDF & Email

岩山 健一 (いわやま けんいち)

一級建築士
建築検査官
株式会社日本建築検査研究所 代表取締役

講師カテゴリー

  • 政治・経済
  • 法律
  • ライフスタイル
  • 住環境・お片付け

出身地・ゆかりの地

神奈川県

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

1956年8月27日生まれ 神奈川県出身
一級建築士

阪神淡路大震災をきっかけに住宅の欠陥検査に着手。
1998年日本建築検査研究所を立ち上げ、市場における欠陥住宅の発生予防とその解決および紛争の支援を行っている。
不動産業者や建設業者等との一切の利害関係をもたない消費者の味方として、手抜き・欠陥住宅の回復、救済を多数手掛ける。
また、消費者センター等の講師を務める傍ら、文化放送、J-WAVE等ラジオや週刊宝島、週刊現代などの取材コメンテーターも務める。

住宅ローン研究会 委員
住宅産業関連ニュービジネス支援策検討委員会 委員

講演テーマ

【欠陥住宅とは何?―初心者向け講座―】

現在の建築業界の状況、現場に多く見られる問題点とその原因。それらの問題を解決する為の解決策や方法。
規制緩和など、これからの国の制度はどういう方向で進んで行くのか等。

【ニュースな欠陥住宅―マスコミの公表した驚愕の真実―】

医療事故が増えているように、プロ意識の欠けた専門家、技術者が増えているのは、建築業界だけでなく日本全体の傾向のようです。また、欠陥住宅の何割かは地盤や基礎に起因していることも大きいと言われます。建築検査官として、多くの業者を見てきたことによる驚愕の事実。知らなかった!となる前に、消費者として、欠陥住宅の現状を知り、その予防・対処法を学びませんか?

【不都合な真実―建設業界の知られたくない真実―】

日本の住宅は60%が欠陥住宅であるという考えのもと、数々の欠陥住宅の回復、救済を行う。住宅を購入する際、
専門家である建設業者と、知識や情報が少ない一般消費者との間で行われるため、様々な問題が発生する。その事実が浮き彫りになっている昨今の状況を踏まえ、建設業界の知られたくない真実とは何なのか・・・その実態を話し、大きな買い物をする消費者として、どのようなことに気をつけなければいけないのか?をお伝えします。

【私が裁判に勝つ為にやった事―裁判事例から学習する事―】
【さらば欠陥住宅】
【欠陥住宅を掴まないために】

実績

≪TV≫
NTV 『ニュースZERO』『リアルタイム』『ニュースプラス1解説 東京庭付き一戸建て監修』
TBS 『きょう発プラスコメンテーター』『朝ズバッ』『世界バリバリバリュー』『イブニング5』
    『ニュースの森』『スーパーフライデー』
CX  『スーパーニュース解説』『とくダネ!』
ANB 『スーパーモーニング』『スーパーJチャンネル』『やじうまプラス』『たけしのTVタックル』
    『ワイドスクランブル』『これが世界のベスト』『爆問不動産』『買物ブギ』
TX  『完成ドリームハウス監修』『住宅トラブルバスターズ』『我が家の財産』
東京MX『東京ボーイ解説』
KTV 『痛快エブリデイ』

著書

偽装建築国家』(講談社 2007)
さらば、欠陥マンション』(情報センター出版局 2006)
「欠陥住宅」をつかまない155の知恵』(情報センター出版局 2003)
「欠陥?!」 住宅に負けない本』(PHP研究所 2005)
欠陥・偽造に負けない!マンション安心の法則』(宝島社 2006)
『欠陥住宅回避マニュアル』(エキニュー総研)

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。