本郷 隆之

本郷 隆之
Print Friendly, PDF & Email

本郷 隆之 (ほんごう たかゆき)

特定非営利活動法人(NPO法人) 日本障害者アイデア協会 理事長

講師カテゴリー

  • 経営・ビジネス
  • ものづくり・製造業
  • ビジネス研修
  • 営業・接客・販売
  • 人権・福祉・介護
  • 障がい・発達障害
  • 学校教育・PTA・育児
  • 学生向け

出身地・ゆかりの地

山梨県

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

1979年 「発明を1つ考える」という夏休みの宿題で「スイカの種を簡単に取る器具」を作成。
先生から高評価を得て、アイデアに興味を持つ
1989年 法政大学を卒業。銀行系のシステム開発会社に入社後、特許業界に転職
1996年 知的障害を持つ子供を授かる
2004年 自らのアイデア(しゃぶしゃぶのアクを簡単に除去する方法)が人気番組「伊東家の食卓」で採用される。
2010年 障害児のお母さん達が子供の療育のために様々なアイデアを出し合っている姿をみて、障害者のアイデアに着目し、障害者へのアイデアインタビューを開始する
2012年 「NPO法人障害者のアイデアを守る会」設立
2012年 障害児の母親が考えたアイデアを企業に紹介。
自らのコーディネートで、その母親と企業とが共同で実用新案権を取得。
2012年 NHK「おはよう日本」にてNPOの活動が紹介される

講演テーマ

【小さな会社のアイデア戦略】

アイデアを考えることの楽しさ、小さなアイデアを積み重ねることにより、やがてそれが大きな財産となることお伝えするセミナーです。商品のネーミングを変えただけで売上が10倍になった商品の話、脳を強制的にフル回転させてアイデアを絞り出すテクニックなどを、落研出身の講師が「落語風・クイズ形式」で楽しくお伝えします。

【障害者がアイデアで輝く!】

障害者に勇気と希望を持ってもらうための講演です。
健常者では気づくことができないこと、障害があるからこそ気づくことがあります。その気づきから生まれたアイデアは、高齢化社会やユニバーサルデザイン商品の開発現場で役立ちます。この講演では、障害者が、自らの体験から得られた気づきやアイデアを社会や企業に提供することにより、社会や企業から喜ばれ、障害者がアイデアで輝くことができることをお伝えします。

【障害者・高齢者目線に立った商品企画入門(ユニバーサルデザイン)】

これから本格化する高齢化社会。高齢者が増えると言うことは、心身に何らかの障害を持つ人が増え、障害者・高齢者の目線に立った商品開発・企画が必要とされる世の中になります。
しかし、「障害者・高齢者目線に立つ」ことは容易ではありません。
そこで、このセミナーでは、障害者目線・高齢者目線に立つ方法、実際に障害者・高齢者から意見やアイデアを引き出すためのノウハウやアイデア実例などをお伝えします。

【児童・生徒向けのアイデア教室】

アイデアの楽しさ・大切さをお伝えすると共に、どんな困難があっても創意工夫を繰り返し、諦めずに困難を克服することの大切さをお伝えします。また、障害者が考えたアイデアや、ユニバーサルデザインのアイデアなどを紹介しながら、障害者・高齢者の立場に立って物事を考えることができる優しい心を育みます。

実績

東京商工会議所(港支部)、築地ロータリークラブ、株式会社JTB、ぴあ株式会社、株式会社ニチレイ、朝日カルチャーセンターなどで多数の開催実績がある

講演の特徴

(1)アイデアの大切さ楽しさを、落語風・クイズ形式というユニークな手法で楽しく伝える。
(2)障害者アイデアというユニークな切り口で、高齢化社会への対応、
 ユニバーサルデザイン商品の開発手法、障害者雇用(障害者の職業能力)などの話を伝える。

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。