西村 淳

西村 淳
Print Friendly, PDF & Email
西村 淳 (にしむら じゅん)

南極料理人

講師カテゴリー

  • 安全大会
  • 防災・危機管理
  • 医学・医療・健康
  • 健康・運動
  • 環境・防災・防犯
  • 環境問題
  • ライフスタイル
  • 食生活・料理・健康

出身地・ゆかりの地

北海道 南極

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

1952(昭和27)年、北海道留萌市生まれ。網走南ヶ丘高校卒業後、舞鶴海上保安学校へ。
海上保安庁在任中に第30次南極観測隊、第38次南極観測隊に参加。
第38次隊では、地球上最も過酷といわれる平均気温-57℃(当時)の「ドームふじ基地」で越冬した。
著書『面白南極料理人』はその毎日を綴った爆笑エッセイ。
巡視船<みうら>の教官として海猿のタマゴたちを教えた後、2009年に札幌に戻り、
食を通して様々なコミュニケーションを図る「オーロラキッチン」を設立。
2009年8月、著書『面白南極料理人』が映画化され、主人公・西村役に堺雅人を迎え全国で公開。
現在は執筆業に加え、講演会、テレビ・ラジオ・雑誌などのメディア出演、フードプロデュースなど
多方面で活躍中。

講演テーマ

【笑顔のある食卓~料理は最高のコミュニケーション】

【ごはんにしよう!】

【身近なもので生き延びろ~知恵と工夫で大災害に勝つ】

【知らない世界の話しをしよう~南極観測隊の今昔】

【南極料理人のビフォーアフター】

その他

■映画
南極料理人』 (脚本・監督:沖田修一 原作:西村淳「面白南極料理人」)

2009年度新藤兼人賞金賞 受賞
第一回 日本シアタースタッフ映画祭 邦画部門2位
主演男優賞・監督賞 受賞

平均気温-54℃・ペンギンもアザラシもウィルスさえ存在しない
「ドームふじ基地」で、究極の単身赴任を送る8人の男たちの生活を、
“おいしいごはん”を中心に・家族の絆や仲間の大切さを描いた
「舞台は極寒、でも心の芯がじんとあたたかくなる“フード・エンタテイメント”」

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。