伊藤 華英

伊藤 華英
Print Friendly, PDF & Email
伊藤 華英 (いとう はなえ)

競泳オリンピアン(北京/ロンドン五輪 水泳女子日本代表)
日本ピラティス指導者協会公認マットピラティスコーチ

講師カテゴリー

  • モチベーション
  • 夢・希望・挑戦
  • 意識改革・気づき
  • スポーツ
  • オリンピック・パラリンピック
  • その他スポーツ

出身地・ゆかりの地

埼玉県

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

ベビースイミングから、水泳を始め、2000年日本選手権に15歳で初めて出場。
競泳選手として、2001年世界選手権(福岡)から女子背泳ぎ選手として注目された。
また、日本代表選手として2012年ロンドンオリンピックまで日本競泳会に貢献する。

長い手足、長身でルックスの良さからメディアからも注目され、2004年アテネオリンピック出場確実と騒がれたが、
選考会である日本選手権にて実力を発揮できず、オリンピック出場を逃す。
水泳が心底好きという気持ちと、オリンピックにどうしても行きたいという強い気持ちで、
2008年女子100m背泳ぎ日本記録を樹立し、初めてオリンピック代表選手となる。

その後、メダル獲得を目的にロンドンオリンピックを目指すが、怪我により、2009年に背泳ぎから自由形に転向。
自由形の日本代表選手として、世界選手権・アジア大会での数々のメダル獲得を経て、2012年ロンドンオリンピック自由形の代表選手となる。
その後、2012年10月の国体(岐阜)の大会を最後に現役を引退する。

現役引退後は、ピラティス講師の資格取得と共に、水泳とピラティスの素晴らしさを伝えるのと同時に、
スポーツの発展、価値向上のために活躍中。

2013年4月~2014年3月 早稲田大学学院 スポーツ科学研究科 スポーツマネジメント専攻 卒業。
2014年4月~順天堂大学大学院博士後期過程に進む
        順天堂大学スポーツ健康科学研究科精神保健学専攻に加え、非常勤講師として一般水泳の指導と体育会水泳部の指導にあたる。

講演テーマ

【目標達成へのモチベーション】

水泳女子日本代表として、北京とロンドンオリンピックに出場した選手時代の様々な経験より、
長期目標の中で、どのようにしてモチベーション・メンタル面を維持してきたか、
何が新しいチャレンジへの原動力になったかをお話します。
極度の緊張や勝負前の不安の中で、最高のパフォーマンスをあげられるよう、
準備を徹底し成功するイメージを描き行動する方法は、ビジネスのシーンでも役立つ内容です。

【個人の役割と組織力】

水泳は個人競技と思われがちですが、オリンピックでの挑戦は、
準備・環境など試合以外でもチームとしての一体感が求められます。
年齢、経験年数から2回のオリンピックへの関わり合いは異なっていました。
リーダーとして、そしてチーム調整役として、どのような環境下に置かれても、
個人だけでは無くチームとして最高の功績を残せるよう実践し、チームJAPANとして得られたことをお伝えします。

【夢は自分を強くする】

【人生の転機をどう乗り越えるか】

【世界への挑戦~オリンピックを経験して】

夢を持つことが自分自身の価値を最大限に発揮できると実感し、夢を持つことで自分が強く、
そして自信を持つことができた経験を皆さんにお伝えします。

実績

【水泳歴】
2006年 日本選手権 200m背泳ぎ 優勝 (日本新)
2008年 日本選手権 100m瀬及び 優勝 (日本新)
2009年 世界選手権 400mフリーリレー予選 (日本新)

【代表歴】
2001年 世界選手権 100m背泳ぎ 7位
2003年 世界選手権 200m背泳ぎ 5位
2005年 世界選手権 100m背泳ぎ 6位    200m背泳ぎ 4位
2007年 世界選手権 100m背泳ぎ 5位    200m背泳ぎ 5位
2008年 北京オリンピック 100m背泳ぎ 8位 200m背泳ぎ 12位
2011年 世界選手権 400mフリーリレー 7位
2012年 ロンドンオリンピック 400mフリーリレー 7位
                 800mフリーリレー 8位

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。