立田 真文

立田 真文
Print Friendly, PDF & Email

立田 真文 (たてだ まさふみ)

富山県立大学 工学部 准教授

講師カテゴリー

  • モチベーション
  • 夢・希望・挑戦
  • 意識改革・気づき
  • 環境・防災・防犯
  • 環境問題
  • 学校教育・PTA・育児
  • 学生向け
  • 芸能・エンタメ・芸術
  • 漫才・落語
  • 歴史・文化・科学
  • 自然科学
  • ライフスタイル
  • ライフプラン・自己啓発(仮)

出身地・ゆかりの地

京都府

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

産廃業の実家で育つ。小さい頃から廃棄物にまみれて育つ。稼業を手伝う傍、大阪工業大学の夜間部へ通う。大学卒業後も、稼業の産廃業を行う。廃棄物が嫌で海外逃亡。全く違う自分になりたくて、アメリカに留学する。4年後、廃棄物の修士号を持って、帰国。大阪大学博士課程へ進学。大阪大学で博士号取得後、大阪大学で助手になる。その後、現在の源流である、富山県立短期大学に助教授として移動。現在に至る。

講演テーマ

【廃棄物である吾輩は資源である】

廃棄物のリサイクルや、環境問題について幅広く話す。
リサイクルがいいとは限らない。
水素社会は来ない。
リサイクルはプロがやれ。等

【なぜ勉強するのか】

自分の価値を上げよう。
価値をあげるとはどういうことか。

実績

廃棄物業者用講習会/地方自治体主催講演/地方教育機関主催講演/民間団体主催講演 等

講演の特徴

講義のまとめとして、椅子落語を行う。
講義の流れの中に椅子落語をいれて、受講者の理解を深める。

環境問題について創作落語をつくり、自演する。
環境落語は沢山の人によって演じられてるが、質問にも答えられる。
廃棄物業界に身を置き、現場も知り尽くしてるため、廃棄物業界に物を申せる。

英語創作椅子落語も行なっている。英語の講演も対応可能。

著書

ロマンティック廃棄物』(電気書院)
くるくるくるりんまなぶくん』(電気書院)
ゴミゼロ社会は実現できるか』共著(コロナ社)

動画

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。