桂 福丸

桂 福丸
Print Friendly, PDF & Email

桂 福丸 (かつら ふくまる)

落語家

講師カテゴリー

  • 安全大会
  • コミュニケーション
  • 環境・防災・防犯
  • 防災
  • 芸能・エンタメ・芸術
  • 漫才・落語
  • ライフスタイル
  • ライフプラン・自己啓発(仮)

出身地・ゆかりの地

兵庫県

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

1978年神戸市生まれ。
灘中学灘高校卒業後、京都大学法学部に進学。2001年卒業。
卒業後は英語落語を学びアメリカでも公演を行う。
2007年2月、4代目桂福団治に入門。「福丸」の名付け親は作家の藤本義一氏である。3月9日に高石アプラホールにて初舞台を踏む。
その後、天満天神繁昌亭ほか、各地の落語会・講演会に出演中。
2013年にはクラシック音楽と落語のコラボレーション「寄席クラシックス 東京・代々木公演」に12カ月連続で出演。
同年には震災復興イベントとして福島県でも開催された。
2014年には大阪・新歌舞伎座でも公演。
2014年4月には、自身の体験を基にしたビジネス書「怒られ力~新社会人は打たれてナンボ!(明治書院)」を出版。江崎グリコ株式会社などで新人研修に使用されている。
京都大学では、毎年「京大宇宙落語会」を開催。宇宙をテーマにした新作落語を発表している。

古典落語を中心に演じているが、以下のような創作落語も演じる。
・エコについての落語「エコはじめ」
・大阪の歴史についての落語「天保山物語」
・宇宙についての落語「生駒のオーロラ」「名月記」「宙に笑えば」「宇宙不動産」「巡り星」
・認知症についての落語「黄昏のリンゴ」
・道修町の薬屋についての落語「薬屋俥」
・肝臓の機能についての落語「KANJINかなめ」

講演テーマ

【阪神淡路大震災が決めた落語家人生~自分の道の見つけ方~】
【怒られ力 ~新社会人は打たれてナンボ】
【若者の心に響く怒り方】
【笑いとコミュニケーションによる安全対策~『気』をつかって楽しい職場を】
【笑ってダマされない脳づくり】
【落語にみる上方風土】

他にも様々なテーマで講演活動をしています。
特殊な新作落語として、
認知症予防落語「黄昏のリンゴ」
「天保山物語」(大阪の天保山を舞台にした物語、歴史の再発見)
「薬屋俥」(大阪の道修町<薬屋街>を舞台にした物語、歴史の再発見)
などもあります。

実績

【受賞】
2017年度 文化庁芸術祭大衆芸能部門新人賞
第23回 新進落語家競演会新人奨励賞
2017年度 花形演芸大賞銀賞

【舞台】
天満天神繁昌亭、学校公演(各地)、会社研修会(落語、講演、ワークショップ)、アメリカ公演(英語落語)、
国際交流会(英語落語、ワークショップ)、寄席クラシックス 等

【主な定期落語会】
「かつらふくまる研鑽会」「午後ラクゴ」「モーヴと落語の出会い」「しのぶ庵寄席」「曙の会」「パルモア寄席」「寄席クラシックス」「田舎そば寄席」「おばま染寿丸の会」「かつらふくまるうろこ屋亭」「かつらふくまる高津屋亭」「街道寄席」「桜寄席」「桂福丸五一の会」 等

著書

怒られ力~新社会人は打たれてナンボ!~』(明治書院 2014)

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。