栗原 健児

栗原 健児
Print Friendly, PDF & Email
栗原 健児 (くりはら けんじ)

薬膳アドバイザー,中部栄養研究会主宰,ゲルソン療法を広める会主宰

講師カテゴリー

  • 医学・医療・健康
  • 闘病経験

出身地・ゆかりの地

東京都

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

1958年 東京都立武蔵高校卒業。
1960年 日本大学芸術学部入学。
1963年 同学部中退。
1964年 マックス・ファクター化粧品会社入社。
1969年 大和自動車入社。
1972年 産業廃棄物処理業経営。
1978年 健康悪化により従業員にこの会社を譲渡。
1985年 妻と現在の調理器具類の販売業を開始。現在に至る。
1990年 マックス・ゲルソン博士による栄養療法理論に出会う。妻と共にこの理論の確かさに感銘を受け、実際に私どもの病気を克服した実績から、この療法をもっと広く知らせたいとの思いからこの療法の啓蒙活動を開始した。
1986年 調理師免許取得。

講演テーマ

【私と妻の病気を克服した栄養療法とは(体験談)】

私と妻が、マックス・ゲルソン博士による栄養療法を用いて、それぞれの病気を克服した体験談。ガンなどの生活習慣病は、治せる病気であることをお伝えします。

【ガンなどの生活習慣病は食源病】

ガンなどの生活習慣病は、長い間にわたる毎日の偏った食生活の結果である食源病です。現代医学は、食事が原因である病気を、細菌による伝染病を治すのと同じ化学薬品による薬物投与か、手術で治そうとしています。食源病であることを認識しない限り、絶対にこれらの病気や症状を無くすことは出来ません。

【ガンなどの生活習慣病は合併症の一つの症状に過ぎない】

現代医学はガンなどの生活習慣病を個別に観ています。ガンでも、乳がん、子宮がんなど、部位が違うと別の病気として扱われており、他の生活習慣病でも病名が違うと原因も違うとの観点から、それぞれの病気を個別に治癒されています。生活習慣病は全身病であることを認識して、大局的に観て治癒しない限り、根本的に治すことは不可能です。

実績

・岐阜県大垣市地域婦人会
・愛知県内尾張地域 各JA(尾張中央、あいち海部、海部東、愛知北、愛知西、名古屋)を主とした女性部、倫理法人会、愛知勤労福祉会館、稲沢市民会館等の公共施設での有料講演。

栄養療法の講演と、生活習慣病や治癒効果のある薬膳を基本にした健康料理講習会を、長年にわたり地域婦人会や、JAの女性部、法人会等で行い、末期ガンの患者を含む大勢の方の命を助けてきました。

講演の特徴

マックス・ゲルソン博士による栄養療法を、自身のガン克服体験談を交え、分かりやすく解説。
講演はスライドを用いて行い、希望の方には、この療法の実施方法や治癒効果のある料理メニューなどを記載した解説書を、配布することも可能です(原則有料)。

【講師コメント】
ガンは治せる病気です。私の大腸ガンと妻の心臓疾患と糖尿病を克服することができた、マックス・ゲルソン博士による栄養療法を、もっと一般に知って頂きたいと思います。ガンなどの生活習慣病は、毎日の食生活の結果である食源病で、年齢に関係のない肉体の老化病であり、全身病です。この事実を理解しない限り、これらの病気を治すことは不可能であることを、知って頂きたいと思います。この理論をマスターして、多くの方々の命をお救いした私の講演を、ぜひ一度お聞き下さい。

著書

論文栄養療法概論
ガンは栄養療法で治すことができる!!(現代病と食生活との相関関係)

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。