中島 孝志

中島 孝志
Print Friendly, PDF & Email
中島 孝志 (なかじま たかし)

作家/ジャーナリスト/経営コンサルタント/経済評論家/早稲田大学理工系企業リーダー養成プログラム講師

講師カテゴリー

  • 経営・ビジネス
  • 経営論・組織論・経営哲学
  • ビジネス研修
  • コミュニケーション・世代間ギャップ
  • 新入社員研修
  • モチベーション
  • 意識改革・気づき

出身地・ゆかりの地

東京都

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

1981:PHP研究所入所。
1990:東洋経済新報社に転職。
1993:独立。広報宣伝専門のコンサルタント会社創業。現在に至る。大手出版社ほか顧問会社多数。
東京生まれ。早大政経学部、南カルフォルニア大学大学院修了。仕事術のカリスマとして、コンサルティング、執筆、講演、セミナー活動など、ビジネス教育分野で幅広い活動を展開中。著訳書は260冊、プロデュースは500冊を超える。連載多数。読書は年間3000冊ペース。

現在、経営者向け会員制勉強会原理原則研究会を東京、名古屋、大阪、博多、出雲、札幌、新潟で毎月開催している。

講演テーマ

【人をつくる、人を活かす、人を動かす(経営者対象)】

人材には人財・人罪・人在の3種類がいる。人材をどれにするかはすべて上司で決まる。問題点を自ら発見し、自ら解決策を提案し、自ら行動する一気通貫型人財をどう育成するか。リーダー必須の要諦を伝授します。

【3倍能率をアップする!知的生産の仕事術(中堅管理職対象)】

同じ給料を支払っているのに効率が3倍の人財と1倍以下の人罪。このちがいはどこにあるのか? 原因は仕事のあり方(姿勢や心構え)とやり方(方法論)の設定ミスにある。仕事の進め方をもう一度リセットしましょう。

【コミュニケーションの極意?チームを動かすためにしなければならないこと(はじめて部下を持ったリーダー等が対象)】

コミュニケーションにはディスコミ(情報遮断)とミスコミ(偽り情報)の2つがある。どうすれば防げるのか? 伝えるべき情報はなにか? なにを、いつ、だれに、どのように伝えればいいのか。小さなチームを率いるリーダーに必須のコミュニケーションスキルを、基礎から応用までわかりやすく指導します。

【モチベーションアップ! 自分の心に火をつけろ(新入社員?入社10年目までの社員対象)】

この世の中に絶対に教えられないものが2つあります。それはやる気と感動です。こればかりは自分でつかまなければなりません。私たちにできることは気づきへの刺激を与えることです。やる気と感動に火をつける導火線がいっぱいの講義です。

実績

企業・官公庁:三菱東京UFJ銀行(15回)、テキサスインスツルメント、インテル、東芝、富士通、富士ゼロックス、本田技研工業、トヨタ車体、東北電力、日本生命、野村證券、大和証券経済研究所、あいおい損保、八十二銀行、宣伝会議、エイベックス、リクルート、毎日コミュニケーションズ、ダイヤモンド社、総務省、大阪市、各青年会議所・法人会・商工会議所など。
学校(講義):東京大学工学部、早稲田大学理工学部・大学院、九州大学経済学部・大学院、慶応大学、熊本高専など。

講演の特徴

いずれの講演・セミナーもDVDとパワーポイントを60枚ほど使ったビジュアルでわかりやすい内容です。

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。