田岡 信樹

田岡 信樹
Print Friendly, PDF & Email
田岡 信樹 (たおか のぶき)

一般社団法人 日本建築プロデュース協会 代表理事
建築写真家
建築スーパーバイザー
住育コンシェルジュ

講師カテゴリー

  • ビジネス研修
  • 営業・接客・販売
  • SDGs・ESG
  • SDGsその他

出身地・ゆかりの地

愛知県

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

現在、一般社団法人日本建築プロデュース協会代表理事。住宅建築業界に新たな職業意識として建築スーパーバイザー講座の運営開始。住宅会社や建築設計事務所等におけるブランディングからプロモーション、建築プロデュースの全てを学べる資格として事業展開中。大学卒業後、ミサワホーム株式会社を経て工務店勤務時代に建築プロデューサーとして工務店によるデザイナーズ住宅の草分け的存在として、業界から注目を浴び、建築家で建てる家の先駆けとなる。その後、独立、現在、日本屈指の建築写真家としても活動中。また、写真展、写真集、コンテストに頼らない写真家でありながら、自らの建築業界の経験とスキル、セルフプロデュース能力を活かし、常にFacebook人気写真家ランキング、有名人人気ランキング等に上位ランクイン。自ら制作する建築写真家WEBサイトARCHI PHOTO TAOKAや一生に一度は行きたい日本の名建築シリーズなどを運営。日本建築プロデュース協会設立後、建築写真だけでなくWEB・SNS媒体を中心にした新たな切り口で業界における建築プロデュース支援事業を展開中。

1993年 芝浦工業大学 工学部 建築工学科卒業
1993年 ミサワホーム株式会社 技術入社
1996年 アートコーポレーション株式会社 入社
1998年 トーア建設株式会社 入社
1999年 建築写真のデジタル撮影活動開始
2006年 ARCHI PHOTO TAOKA創業
2008年 日本建築写真家協会々員
2009年 ライフコンサルタント資格取得
2009年 日本写真学会々員
2010年 株式会社EXT(エクスト)設立 代表取締役
2011年 住宅建築コーディネータ資格取得
2012年 住育コンシェルジュ資格取得
2013年 一般社団法人日本建築プロデュース協会 設立

講演テーマ

【サスティナブル住宅建築社会と住育について】

これからの住宅建築社会において重要と思われる、住育についてとサスティナブル(持続可能)住宅建築社会の必要性などを講演致します。

【工務店・住宅会社における建築プロデュース手法と集客方法】

住宅会社として見せるを魅せる手法や建築写真の重要性と効果等をふまえ効率の良い集客実践方法を講演します。

【建築写真の撮り方セミナー】

建築写真家として住宅関連会社が集客を上げる手段のためにデジタルカメラの知識や操作を覚え、少しでも効果のある建築写真を学ぶ講義を致します。

【セルフブランディングとプロデュース】

セルフブランディングや、プロデュースすることで、多大なコストをかけずとも、良い物はより良く、価値のある物はそれ以上の価値であるように伝える事ができるのかの手段とその方法を伝えたい。

【建築写真から見たサスティナブル建築社会を考える】

建築写真家として全国に行きわたり、有名建築家等の建築作品から古民家まで、建築写真を見ながら、我々が今後必要となる持続可能建築社会を受講者と共に考えていきたい。

実績

【講演実績】
・パナソニック(旧松下電工)よりセミナー講演依頼
・古民家再生協会による基調講演依頼
・住まい教育推進協会によるセミナー講演依頼
・株式会社ナック建築コンサルタント事業部によるセミナー開催依頼

【メディア出演】
月刊誌フォトテクニックデジタルマガジン誌の写真の仕事人で建築写真家として選ばれ4ページに渡る特集掲載

【その他実績】
現在まで建築設計士による建築作品コンテストで撮影した建築写真を使い多数受賞

講演の特徴

注文住宅会社・建築設計事務所専門のコンサルティングとして建築写真撮影のみならず幅広い分野での集客・営業サポートを推進中。その他、幾多の新規ビジネスのプロジェクトに関わる中、建築プロデュース並びに住育の普及活動にまで及ぶ。国内初の住育コンシェルジュ、国内でも屈指の建築写真家として住宅建築社会における今後の様々な問題や課題に取り組んでいきます。工務店経営から住宅営業のノウハウを新たな視点で講演致します。

動画

その他

専門分野
・住宅営業企画
・建築プロデュース
・住宅会社の集客アップ
・住育
・建築写真
・ライフコンサルタント

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。