藤山 紳一

藤山 紳一
Print Friendly, PDF & Email
藤山 紳一 (ふじやま しんいち)

藤山コンサルティング 代表

講師カテゴリー

  • 経営・ビジネス
  • 経営論・組織論・経営哲学

出身地・ゆかりの地

大阪府

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

1988:立命館大学経済学部卒業、株式会社チュチュアンナ入社
1998:同社取締役経営管理本部長就任
2001:チュチュアンナデリバリーサービス株式会社代表取締役就任
2005:株式会社チュチュアンナ常務取締役就任
2010:同社退任
2011:藤山コンサルティング創業
同年中小企業基盤整備機構近畿経営支援アドバイザー、大阪商工会議所エキスパート(専門家)、四国経済産業局中小企業支援ネットワークアドバイザー登録。

講演テーマ

【経営計画の作り方】

約20年間、経営計画を作ってきた経験とノウハウを一挙に公開します。計画書を、作るためのノウハウではなく、経営の実績を上げるために作る方法、経営者の視点で作る方法をお伝えします。計画書を作ることが、どんない楽しいことかを実感していただきます。計画書を作ることは社長の仕事です。社長しか出来ないことです。内容は、1)一番良い計画書つくりのための3大ポイント、2)計画は何のために作るのか、3)経営計画の戦略的思考、4)計画立案の手順、を学ぶ内容になっています。

【イキイキ仕事をするための法則】

一生懸命頑張っているのになかなか人に認めてもらえない、どうやったら成功できるか分からない、会社に貢献したい、結果を出したい、もっと年収をあげたい、職場の人間関係がうまくいかない、といった人達に、人事・経営のプロで、32歳で取締役、36歳で社長になった人生経験を伝授します。認められると評価されるとの違いは? 本当の自己啓発の方法とは? 考え方、ものの見方を変えるだけで、人生の勝利者となります。

【利益の出る物流センターの作り方】

物を売って利益を出すのではなく、物流センターの運営をよくして、利益を出す仕組みをお伝えします。元々物流の機能は何でしょうか。そうです、お客様に商品をお届けすることです。その為に、組織の機能を強化します。この強い組織をいかにして作るかを、徹底的に学びます。それは、スキルや技術ではなく、経営そのものを物流の組織に組み込むことです。その方法をお教えします。

【企業成長を促す経営のあり方】

?採用から育成そして成果を生み出す社員へ、その体験的秘訣?売上高約10億円から約200億円へと成長した企業の常務および子会社社長を務めたその経験と、その実践してきた経営をお伝えします。内容は、1)目標とビジョンの大切さや価値観と共感について、2)成果を生み出す法則、3)優秀な人材の採用方法、4)人材育成、を取り上げて企業成長へのロードマップを学びます。

【優良企業になる法則、中小企業の取るべき戦略】

優秀な人材を一人でも多く育て、中長期的に企業業績を上げていくためにポイントを解説します。とくに経営の目標と人材育成を中心テーマとして、人事評価の仕組み作りと運用を取り上げます。

【利益の出る物流センターの構築】

物流センターの役割は何ですか?はっきりと定義できるでしょうか。物流部門は、経営のあらゆる戦略の上位概念です。物流に経費削減を要求するのではなく、経営・マネジメントを取り入れることで、利益を生み出す物流部門を作り出すことができます。経費削減をテーマにしても物流は良くなりません。物流部門の改革が全組織の改革につながる秘訣を解説します。

講演の特徴

入社後10億から200億円へと成長をけん引する人事と物流の構築を手掛け、役員としての経営経験、子会社社長の経験があり、現場から経営者までの視点をもってお話をすることができます。実務レベルから、本質をお伝えします。

その他

専門分野
人事制度、評価システム、給与体系、組織活性化、物流

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。