長谷川 幸洋

長谷川 幸洋
Print Friendly, PDF & Email

長谷川 幸洋 (はせがわ ゆきひろ)

ジャーナリスト

講師カテゴリー

  • 政治・経済
  • 政治
  • 経済
  • 国際情勢
  • 地方創生・地域活性
  • 金融・株式

出身地・ゆかりの地

千葉県 東京都

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

1953年千葉県生まれ。慶応義塾大学経済学部卒。
ジョンズホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAIS)で国際公共政策修士(MIPP)。
1977年に中日新聞社に入社し東京本社(東京新聞)経済部、ブリュッセル支局長、論説副主幹などを経て2018年3月末に退社。ジャーナリストとして活動中。
2006~2009年に政府税制調査会委員、2005~2008年に財政制度等審議会臨時委員、2012年~2013年に大阪市人事監察委員会部会長など。
2007年から日本記者クラブ企画委員、2013年~2016年に規制改革会議委員、2016年から規制改革推進会議委員など多数の公職を務める。
福田康夫首相の退陣(『月刊現代』 2008年10月号)、野田佳彦首相の衆院解散・総選挙(2012年10月『現代ビジネス』コラム)、安倍晋三首相の衆院解散・総選挙(2014年10月ニッポン放送「ザ・ボイス?そこまで言うか」)など、政局の節目を他に先駆けていち早く予想し、いずれも的中させた実績をもつ。
著書『日本国の正体 政治家・官僚・メディア---本当の権力者は誰か』(講談社)で、2009年の山本七平賞受賞。最新刊は「明日の日本を予測する技術」(講談社)。
趣味はゴルフ、スキー。SAJスキー指導員の資格を持つ。

2020年3月よりYouTubeにて、『長谷川幸洋と高橋洋一のNEWSチャンネル』の配信を開始。

講演テーマ

【激動する世界~日本の針路を考える】
【安倍政権と今後の日本】
【激動の日本経済、これからどうなる?】

安倍政権の重要課題とその背景、政局の内幕と今後の見通し、日本は今後どうあるべきかについて、その時点で最もホットな政治・経済・国際情勢の深層を首相、官房長官を含む政権中枢部への取材を加えて解説。経済記者だった経歴を生かし、政治の話でも経済的な裏づけを重視する。

講演の特徴

★講演オススメのポイント★
政治・経済に精通する人気ジャーナリスト。
明快な歯切れの良い論調に定評。
税制調査会、規制改革会議など政府公職を歴任。

著書

明日の日本を予測する技術』(講談社)
ケント&幸洋の大放言!』共著(ビジネス社)
2020年新聞は生き残れるか』(講談社)
政府はこうして国民を騙す』(講談社)
官邸敗北』(講談社)
日本国の正体 政治家・官僚・メディア---本当の権力者は誰か』(講談社)※山本七平賞受賞。
百年に一度の危機から日本経済を救う会議』(PHP研究所)
官僚との死闘七〇〇日』(講談社)
など他多数。

その他

メディア出演
<TV>
・読売テレビ「そこまで言って委員会NP」
・テレビ朝日「朝まで生テレビ!」
・BS朝日「激論!クロスファイア」
・テレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」
・テレビ朝日「情報満載ライブショー モーニングバード!」
・テレビ朝日「ワイド!スクランブル」
など他多数。

<ラジオ>
・ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」
・「ザ・ボイス そこまで言うか!」(2015年10月~2018年3月)
・J-WAVE「JAM THE WORLD」  ほか多数

<雑誌・インターネット>
・連載中:月刊Hanada『未来を読む!』
・現代ビジネス(講談社のネットサイト)『ニュースの深層』、
・夕刊フジ『ニュースの核心』(毎週金曜連載)
・四国新聞『ニュース裏読み』
そのほか「週刊ポスト」(小学館)「月刊Voice」(PHP研究所)、「中央公論」(中央公論新社)など寄稿多数。

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。