中村 茂弘

中村 茂弘
Print Friendly, PDF & Email
中村 茂弘 (なかむら しげひろ)

QCD革新研究所 (屋号) 所長 
一般社団法人 日本能率協会 講師歴任
ストアカ(Zoomセミナー担当講師)

講師カテゴリー

  • 経営・ビジネス
  • マーケティング・イノベーション・ブランディング
  • ものづくり・製造業
  • ビジネス研修
  • リーダーシップ・マネジメント
  • コーチング
  • 問題解決
  • DX・AI・IoT・IT・5G・ビッグデータ
  • DX・AI・IoT・IT・5G・ビッグデータ
  • スポーツ
  • その他スポーツ

出身地・ゆかりの地

東京都

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

昭和18年生まれ
昭和45年早稲田大学理工学研究所 金属工学科大学院卒
昭和45年~平成2年 日立金属株式会社にて、新製品開発担当、IE/QC/VE/JIT/CIM
など改善・管理技法を駆使した各種プロジェクトを指導・担当。
内、米国AAP St.Marys社に3年赴任。
平成2年~ 
一般社団法人日本能率協会専任講師開始、
TP賞審査委員を担当開始。(有)QCD革新研究所(現在、屋号化) 代表取締役
ISO9001、ISO14001審査員補、CPC(個人情報保護コンサル資格)、経産省・技術継承支援者認定者
剣道7段、目黒清釣会・会長歴任

講演テーマ

【技術伝承の実践ノウハウを学ぶ】

1,少子高齢化と製造業の今後への影響
2,匠技術の解析と伝承のコツ(技術・技能伝承テーマの仕分けとMAP解析)
3,適正評価と人材確保
4,85%以上を決める習得術
5,伝承に効果的なコーチング
6,研究会で実践して得た伝承法の要点と適用事例~まとめ

【不良・クレームゼロ対策について】

1,歴史の整理で判る不良ゼロ対策の王道
2,事例に学ぶ「品質事故と社会的影響」:コンプライアンス問題に見る品質コストとその影響
3,演習で学ぶ「わいわいガヤガヤ不良対策方式」の見直し
4,「3現主義」の実務展開法の体得
5,不良発生予防に必要なハザードMAP・「見える化」対策
6,ヒューマン・エラー・ゼロ撲滅手順の実際
7,原理図化法による原因追及~完全除去対策の実務
8,不良予備軍の発掘~発生防止徹底の実務
9,品質改善からダントツ品質へ向けて

【SCM実現のための物流対策(構築)セミナー】

1, JIT・SCM納入の必要性
2, 工場内物流の問題把握~棚卸し(含むコスト対策)
3, 物流改善の手順
4, 科学的な在庫理論と発注方式の評価法(OR)
5, 梱包・発送業務における仕事量変動対策    
6, 発注先、工場における物流対応
7, 情報ネットワーク対策とIT活用
8, 物流VEと全員参画体制

【経営財務分析と原低対策】

1,収益確保と現場改善の必要性
2,図化して判る経営財務のすべて
3,損益計算書の図化と原低対策!
4,貸借対象表の図化と財務改善!
5,CF解析で不正行為は解明可能!
6,原価低減策、ハウツウを一覧化

【新製品開発設計段階からのターゲットコスト対策】

1,設計・開発段階に85%の原低要因
2,ターゲットコスト対策と実践例
3,ターゲットタイム視点で原価革新
4,DCで掘り起こすカラクリ・潜在原低
5,SDGs時代に高まる攻めの原低!

【サプライヤーの品質評価~早期品質向上指導法】

1,サプライヤー評価
2,サプライヤー自身が自主的に体質強化を図る指導法
3,品質向上活動に向けた「品質コスト」運用法
4,協力会社が身につけるべきスピード不良ゼロ解析法
5,グローバル企業におけるスピード・自律的品質向上対策指導法
6,不良発生予防のためのISO活用と監査の実務

【社外クレームゼロ~品質管理・保証の徹底対策】

1,各種コンプライアンス事件解析で判る品質管理・保証問題
2,成果を挙げてきた事例に見る標準化の容易化・徹底活用法(含むポカヨケ対策)
3,実のある強力な実務品質監査法(見直し~強化ポイント:品質管理・保証責任体制など)
4,オトリ作戦によるQTAT品質改善(ハインリッヒの原則活用:ヒヤット段階で不良撲滅)
5,IoT時代の見える化+品質保証(トレーサビリティもIT化)



【グローバル工場の工場の生産力・指導力向上対策】

1,日本産業のグローバル展開とリスク対策
2,現地との融合~強い組織・生産体制構築法
3,スピード技術移管~不良を出さない生産体制
4,現地化に欠かせない「見える化」経営課題の早期実現法
5,未来を託するトップマネージャー~S/Vの効果的育成法

【経営直結型5S改善・実践体得法】

1,整理・整頓~清掃の繰を返す5Sはムダ!         
2,5S改善の前に必要な経営分析~対象テーマ発掘を! 
3,現場診断~ムダ排除手法の体得    
4,体験して判る5S改善効果と関係者の巻き込み(5S改善コスト評価)
5,目に見にくい問題の対策            

【スピードIE手法効果の見える化】

1,改善の必要性明示と、原価低減成果の「見える化」対策
2, IE手法の歴史と、高い問題意識を持つ改善リーダーづくり   
3,方法改善の技術による~生産性向上のダントツ化
4,ビデオ活用時間分析による「ムダの見える化」(体験学習)
5,ハイ・スピード改善対策~見える化+常時利用使う標準化

【食品産業の『異物混入』根絶対策】

1,食品異物報道の影響~対策探求
2,物的・人的要因、撲滅対策の実務(含む、金属混入ゼロ対策体制づくり)
3,昆虫・小動物混入ゼロ対策の実務
4,髪の毛混入ゼロ対策の実務
5,人手不足時代・IoT時代の総合的異物混入ゼロ・アプローチ

【製造業の自然災害BCP対策(含む新型コロナ対策)】

1,自然災害事例解析とリスク整理
2,BCP 対策に必要なリスク感知と見える化対策
3,ハザード MAP による災害対策の予防と減災の実務
4,初動に役立てる防災訓練の実務
5,サプライチェーンを巻き込むBCP 対策の展開


【IoT時代のJIT・SCM対策】

1,トヨタ開発によるJIT開発の歴史
2,TPS・JITの真似で「生病法で大けが」対策
3,TPS・JITの全技術体系の整理と一覧化
4,JIT・SCMによる徹底ムダ排除
5,JIT・SCM対策に有効な各種改善技術

【生産管理の基礎】

1,生産管理の目的と機能
2,最短・最早モノづくり対策
3,CIM・動態管理とムダ排除
4,生産変動対応~遅延防止
5,SDGs・攻めの生産管理

【工場レイアウト設計法(含むセル生産方式)】

1, キャッシュフロー最適のための生産・販売レイアウト
2, 演習で体得する工場レイアウト設計法
3, 全体最適から部分最適セルへのアプローチ
   (含む、ユニットレイアウト改善・セルの最適化)
4,多種少量切り替え生産対策ライン構築手法
5,JIT・SCM効率化に必要な「情報レイアウト最適化」対策

【製造現場の“ケガ・ゼロ:作業安全”対策の実務】

1,「他山の石(他社事例解析力)」によるリスク感知力研磨 
2,ケガ発生メカニズム解析の進め方 
3,集中力低下から鑑みるエラー対策(含むポカヨケ対策と管理)
4,個人が身につける技の教育~KYT訓練と対策(含む見える化対策)の実務  
5,ケガ・ゼロのためのハザードMAP対策 

実績

■主な業績
≪企業在勤時代≫
新製品開発パテントMAP手法開発。日立グループIE研修講師、
(昭和45年~平成2年3月) 全社CIM構築、各工場レイアウト新設・改善プロジェクトリーダー、
並びに、指導専門部署歴任、VEC推進部主任技師、他 

≪日本能率協会にて≫
  (平成2年~現在) 米国・英国・ドイツ、フランス、デンマーク、韓国・シンガポール、ソ連など、海外企業直接指導(10年余り)。国内大手企業の収益増強対策、新製品開発、営業強化指導、
不良・クレームゼロ対策指導(研究会幹事)、リサイクル対策研究会幹事、チームマネジメント研究会幹事、など

講演の特徴

事前にニーズを十分お聞きして講演や研修会の担当をさせていただきます(なお、ご相談・打合せ時は無料)。
Zoomセミナーの場合、1社で数か所のご開催が可能です。

著書

「New-Standardization」
「Go-Go Tools(英語版)」
「標準化技術」
「新・工場レイアウト設計法」、
「海外現地工場運営の実務」
「新製品開発・生産立ち上げスピード化技術」
「攻めの特許とパテントMAP]
「リサイクル設計の技術」
「職・組・班長、自習型教育ツール」
「生産技術部長業務完全マニュアル」
「経営・財務入門」
「不良・クレームゼロ対策テキストブック」
「技能・技術伝承法」
その他、約150冊(含む、Kindle書 英語版14冊、日本語版:現在50冊アップ中です。)

動画

1,qcd.jp 無料文献の利用法ご案内(映像にて解説):https://www.youtube.com/watch?v=gzhniBPipyw&feature=youtu.be
2,On-Line 研修の解説(映像にて解説):http://www.youtube.com/watch?v=qZGddfeGMMw&feature=youtu.be

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。