岡崎 朋美

岡崎 朋美
Print Friendly, PDF & Email

岡崎 朋美 (おかざき ともみ)

長野五輪銅メダリスト(スピードスケート女子500メートル)

講師カテゴリー

  • モチベーション
  • 夢・希望・挑戦
  • スポーツ
  • オリンピック・パラリンピック
  • その他スポーツ

出身地・ゆかりの地

北海道

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

北海道斜里郡清里町生まれ。実家は酪農業。
小学3年生でスケートを始め、清里中学校、釧路星園高校を経て、名門・富士急行へ。
それまではインターハイでも4位と無名だったが、富士急スケート部の監督だった長田照正が高校2年の岡崎を見てその素質を見抜きスカウト。先輩である橋本聖子選手とともに練習を重ね、才能を開花させる。
1998年、長野五輪で日本女子短距離として初めてメダル(銅)を獲得し、「朋美スマイル」で全国的な人気者となった。
その後は椎間板ヘルニアに悩まされるもカムバック。
2007年11月結婚、2010年第一子出産後も現役を続け、日本女子では通算最多記録となる6度目の冬季五輪で42歳となる2014年のソチオリンピック日本代表も目指していたが、長野市エムウエーブで行われたソチ冬季五輪代表選考会の500メートルで6位に終わり、ソチ五輪が絶望的となったことで現役引退を表明。
スピードスケート人気の高いオランダでは岡崎朋美ファンクラブがあり、オランダ国外の大会にも遠征するほどの熱心なファンが存在した。
1990年3月 富士急行株式会社入社               
2014年4月 富士急行株式会社 宣伝部 次長
2014年7月 公立大学法人都留文科大学 特任教授に就任
2015年10月 富士急行株式会社退社
2015年11月 よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属      

現在、テレビ・ラジオなどメディアでの活動や、日本全国で講演会やスピードスケート普及活動を行っている。
また、様々なスポーツイベントに参加し、スポーツを通して笑顔になる取組みを積極的に行っている。

講演テーマ

【挑戦力~私と八戸と未来~】
【どこまでも挑戦】
【夢に責任を持って~どこまでも挑戦~】

実績

1994年2月 リレハンメルオリンピック出場
1998年2月 長野オリンピック出場
      スピードスケート女子500mにて銅メダル日本女子短距離として初のメダル獲得、1000m7位入賞
1998年4月 株式会社富士急ハイランド フィランソロピー担当課長
2002年2月 ソルトレイクシティオリンピック出場
      スピードスケート女子500mにて当時の日本記録を樹立し、6位入賞
2003年6月 富士急行株式会社 課長に昇進
2006年2月 トリノオリンピック出場
      日本選手団主将を務め、スピードスケート女子500mにて4位入賞
2006年8月 富士急行株式会社 次長代理に昇進
2009年3月 ワールドカップ・ソルトレイクシティ大会500mにて37秒66の自己ベストを記録
2010年2月 バンクーバーオリンピック 
      日本選手団旗手を務める(冬季五輪日本女子最多出場記録)

<世界選手権>
・1996年 ハーマル       500M 銅メダル
・1998年 カルガリー      500M 銅メダル
・1999年 ヘーレンフェーン   500M 銅メダル

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。