中野 浩一

中野 浩一
Print Friendly, PDF & Email

中野 浩一 (なかの こういち)

住宅評論家
宅地建物取引士
住宅評論コンテンツ【業界人の為の不動産ニュース】運営

講師カテゴリー

  • ビジネス研修
  • 営業・接客・販売
  • ライフスタイル
  • マネー・不動産

出身地・ゆかりの地

福岡県 広島県

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

不動産業界人向けの評論コンテンツをLINE@で運営しています。
http://nav.cx/bN55FBT

不動産業界は保守派が多く、リノベーションが大変遅い業界です。特に末端現場には考え方も古い営業マンが非常に多く、情報に弱い業界である事は間違いありません。もしAIやロボティクス技術が本格的に参入、参画してくれば、【変化についていけなかった】多くの販売員やこれまでの仕組みが淘汰されると考えています。

私はAI時代に絶対に淘汰されない、プロの不動産エージェントが増えていくために、【古い常識にとらわれず、今の顧客マインドとニーズを満たすプロの接客法】の展開を不動産業界の法人、または営業、販売に従事する方々向けに行います。
また、消費者向けセミナーとして、安心して住宅購入に進められる様な内容を展開したいと思っております。

講演テーマ

【古い常識に従わない〔信頼される不動産営業〕】

◆変化する顧客ニーズ
◆顧客マインドの大きな変化
◆これまでの不動産営業スタイル
◆間違ったアプローチと正しいアプローチ
◆ケースごとの対応方法
◆今の顧客に信頼される【営業スタイル】とは
◆【営業マン】にはなるな。

【FP相談の連携〔専門職の仲間を作る〕】

※実際のFPの先生を呼んでセッション
◆住宅購入とFP相談の関係
◆なぜ今の検討者にFP相談がウケるのか
◆賛否と理由
◆営業とFP相談の同方法
◆FP相談の実
◆ケースラーニング

【バブル崩壊?東京オリンピック後の不動産トレンド】

◆2022年住宅バブル崩壊の噂
◆住宅バブルが崩壊した場合、市場はどうなるのか
◆1980年代以降、不動産価格の推移
◆過去10年部分抜粋【首都圏不動産価格と住宅ローン金利の関係】
◆住宅着工数の推移
◆首都圏住宅【供給過多?飽和状態?】
◆昨今の販売現場、最先端トレンド
◆1980年代、住宅とバブルの関係
◆バブル期と今の違い
◆2022住宅バブル崩壊は【起きない】
◆損しない不動産の選定方法

【営業マンが教えてくれない〔破産しない住宅購入〕】

◆住宅ローン破錠の噂
◆ローン破錠するとどうなるか
◆ローンの仕組みとセオリー
◆過去10年住宅価格推移の金利の関係
◆不動産営業マンの営業手法と【その裏】
◆営業マンに騙されない為の知識
◆ローン破錠はしない!購入方法
◆購入と賃貸(非購入)の比較
◆不動産の選定ポイント

実績

・税理士セッションセミナー(福島市、金沢市、いわき市)
・住友不動産社内 営業研修講師
・毎週水曜、日曜【業界人の為の不動産ニュース】記事配信

講演の特徴

業界では珍しい【若手住宅評論家】による「押し付けがましくない」、「ロジカルでフラットな目線」の講義を志します。

◆AI時代に淘汰されない営業力をコンセプトに、【プロの不動産エージェント化】を提案
◆計数千件の営業・接客経験を基に、ロジカルな営業ノウハウの共有。
◆最先端の不動産情報共有で他の同業者(販売員など)に大きく差をつける
◆消費者が反感を持たない超フラット目線な内容

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。