和久井 香菜子

和久井 香菜子
Print Friendly, PDF & Email

和久井 香菜子 (わくい かなこ)

合同会社ブラインドライターズ代表
少女マンガ研究家

講師カテゴリー

  • SDGs・ESG
  • SDGsジェンダー
  • 人権・福祉・介護
  • 男女共同参画
  • 障がい・発達障害

出身地・ゆかりの地

埼玉県

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

早稲田大学第二文学部卒業。
卒業論文で「少女漫画の女性像」を研究。70年代以降、女性の社会進出とともに少女マンガの主人公がどのように変化したかを論じた。
営業事務、就職情報誌編集を経てフリーランスの編集・ライターに。同時期に日米会話学院SIC夜間部を修了する。

iモードゲーム『養殖中華屋さん』企画立案・イラストを担当。

2015年、自身の取材音源の起こしを松田昌美さんに依頼したことから、ブラインドライターズ事業が始まる。

『首都圏 バリアフリーなグルメガイド』(交通新聞社)
「バリアフリー」という言葉の定義がないため、実際に障害者が使える店を探すのが困難なことから、バリア情報を詳細に掲載した、日本初のグルメガイドを企画。誰もが、美味しい外食を楽しめる社会を目指す。

講演テーマ

【障害者と雇用】

ブラインドライターズは、障害を持つスタッフにより構成された会社です。
創業以来、右肩上がりで売上を伸ばしています。スタッフは皆、プロフェッショナルとして自覚をし、責任感と向上心を持って仕事をしています。
障害者と一緒に働くときに、どんなことが大事なのでしょうか。
弊社の求人に応募してくる方々の傾向や、仕事のスタンスにある種傾向があります。
その根本にあるのが、家庭での教育なのかもしれません。

【少女マンガから見るジェンダー】

少女マンガは、お目々キラキラ、イケメンにキュンキュンするだけの物語ではありません。
70年代、80年代、90年代と、時代によって少女マンガの女性像は変わっています。
女性がどんなことを社会に訴えてきたのか、少女マンガを通してジェンダーを考えます。

実績

東京速記士会研修会 『聴いて起こして、また聴いて~視覚障害者の文字起こし~』 
パンディット「少女マンガから見る日本の女性史」
目白大学 マスメディア論講義『社会の変化と少女マンガの女性像』

講演の特徴

・ダイバーシティについて
自身の運営するブラインドライターズは、スタッフ全員が何らかの障害を持っています。創業より一貫して右肩上がり、スタッフ間の仲間意識の高さと連携が自慢の会社です。

その他

『マツコの知らない世界』少女マンガ編(TBS)
『新型学問!ハマるツボ学』(日テレ)
『MAG・ネット』(NHK)
『今夜くらべてみました』(日テレ)
『Rの法則』(NHK)
『白熱ライブビビッド!』(日テレ)
『GOLD RUSH』(J-WAVE)
『CITIZEN NEW TIME FOR YOU』(J-WAVE)

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。