影山 徹哉

影山 徹哉
Print Friendly, PDF & Email

影山 徹哉 (かげやま てつや)

京都芸術大学客員教授
経営脳科学者、博士(医学)

講師カテゴリー

  • 安全大会
  • メンタルヘルス
  • 医学・医療・健康
  • メンタルヘルス

出身地・ゆかりの地

福島県

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

1982年福島県郡山市生まれ。宮城県仙台市在住。

東北大学経済学部、同大学院経済学研究科博士課程前期修了(経営学修士)。

米国パデュー大学(Purdue University)留学。

帰国後、中小企業支援機関に勤務し、中小・小規模事業者の経営実務に携わる。
勤務中に東日本大震災で被災。
身近な人も含め、多くの死を目の当たりにしたことで、人生観が劇的に変化。
後悔のない生き方をしたいと、以前より興味のあった脳科学研究を志す。

その後、東北大学大学院医学系研究科博士課程(脳科学専攻)に進む。
博士課程在学時には、東北大学学際高等研究教育院の博士研究教育院生に選抜され、文系、理系の枠を超えた世界最先端の文理融合研究に携わった。

東北?学加齢医学研究所研究員を経て現職。

専門領域は、脳科学、コーチング心理学、経営心理学。
大学教員を務める傍ら、高校生向けの講義、一般向けの各種講演、
個人コーチング、法人向けコンサルティングを行うなど幅広く活動している。

講演テーマ

【人工知能の台頭・新型コロナ、不確実な時代を生き抜く!   最先端の脳科学・心理学が証明した最強の思考法 “無意識思考”】

現代社会はどんどん複雑化し将来の予測が困難になっているといわれます。特に、人工知能の台頭により仕事のあり方が問われてきています。
このような時代において必要とされるのは人間の“創造性”と複雑な環境下における“意思決定力”です。
そこで必要となるのは第三の思考法として注目されている“無意識思考”です(第一は直観、第二は論理)。
講演では、 無意識思考の特徴や生活・ビジネスでの活用の仕方などについて解説いたします。

【ストレスを軽減し免疫力アップ! 科学的マインドフルネス講座】

私たちは会社や学校あるいは日々の生活でストレスを抱えています。
特に、新型コロナの影響で行動の制限や自粛によりその傾向は一層高まっています。
負荷の高いストレスは様々な病気の一因ともいわれます。
そこで場所を選ばずできるマインドフルネスに注目が集まっています。
これまでの研究によるとマインドフルネスはストレス低減だけはなく免疫力や集中力を高め学業成績を向上させるなど多様な効果があることがわかってきました。
講座では科学的なマインドフルネスの解説と実践を行ないます。

実績

大手経営コンサルティング会社や大手メーカー、IT企業などの民間企業での講演、管理職向けの講演、高校での講演など多数。

講演の特徴

最先端の科学で注目されている無意識思考研究者として他では聞くことのできないオリジナルの講演会を行なっている。
また、高校生対象の講演実績も豊富にあり、最先端の知見をわかりやすく紹介している。

著書

Third thinking 最先端の脳科学・心理学研究が証明した“最強の思考法"』(あさ出版 2020)
ポジティブ心理学コーチングの実践』(金剛出版 2019)※共著 「第4章神経科学とコーチング」のチャプターを担当

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。