松本 春野

松本 春野
Print Friendly, PDF & Email

松本 春野 (まつもと はるの)

絵本作家
イラストレーター

講師カテゴリー

  • 政治・経済
  • 地方創生・地域活性
  • 経営・ビジネス
  • 働き方改革・ワークライフバランス
  • SDGs・ESG
  • SDGsジェンダー
  • SDGs環境
  • SDGs貧困・飢餓
  • 人権・福祉・介護
  • 男女共同参画
  • 平和・国際・異文化
  • 子どもの人権
  • 環境・防災・防犯
  • 環境問題
  • 学校教育・PTA・育児
  • 食育
  • 育児・幼児教育
  • 芸能・エンタメ・芸術
  • その他芸術
  • ライフスタイル
  • 食生活・料理・健康
  • 住環境・お片付け

出身地・ゆかりの地

福島県 東京都 石川県 福井県 長野県

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

絵本作家、イラストレーター。
1984年東京都出身。多摩美術大学油画科卒業。
絵本作家のいわさきちひろは祖母。
両親がはじめた いわさきちひろ美術館・東京 で育つ。
一児の母で、東京と福島との二拠点居住生活をしている。

講演テーマ

【子育て・教育・学び】

絵本作家として、一児の母として、絵本を通した「子育て」と「心育て」を下記の三点の視点から語る。
●同じく絵本作家であり、ワーキングマザーだった祖母いわさきちひろの子育てを、現代を生きる孫としての視点から。
●自宅を改装し、ちひろ美術館を夫婦で立ち上げ、経営していたちひろの一人息子の父と母の、共働き子育てを娘の視点から。ちひろ美術館で育った日々。
●絵本作家として現代の子育てをする、親になったリアルな自分自身の子育ての視点から。

【人権・平和・差別】

●青春時代に戦争を体験した絵本作家いわさきちひろの孫として、祖母の作品や残した言葉を通し、祖母が一貫して発信した「世界中のこども みんなに 平和としあわせを」という理念について語る。
いわさきちひろは、子どもや花を描くことで、いのちの輝き、平和の大切さを発信し続けた。
●同じく絵本作家として活動する自分が制作した、「震災を経験した福島」を題材にした絵本制作を通して、また、シリーズで制作した詩絵本『おやこでよもう 金子みすゞ』制作経験で触れた金子みすゞの人生や詩を通して「差別のない社会のあり方」について語る。

【被災地・復興】

●東日本大震災・原子力災害を経験した福島の子どもをテーマにした絵本の自著『ふくしまからきた子』、『ふくしまからきた子 そつぎょう』、『ぼくのうまれたところ、ふくしま』の制作を通して「心の被災と復興」語る。
●福島の絵本制作を続ける中、東京と福島の2拠点居住生活をはじめた。その暮らしから見えた福島の課題。

【働く女性・ジェンダーギャップ】

祖母(絵本作家)、母(美術館経営者)、自分自身(絵本作家)と、三代に続く働く女性家系の当事者として語る。
●大正生まれの祖母いわさきちひろは、当時には珍しく、夫は七つ年下で、家庭の稼ぎ頭はちひろであった。
保育施設もなかった時代に、絵描きとして働きながら子育てをした祖母の生き方、大切にしたこととは。
祖父との結婚の時に交わした契約書には以下の文があった。
「お互いの立場を尊重し、特に芸術家としての妻の立場を尊重すること」
●ちひろの一人息子と学生結婚をした母は、在学中から準備を始め、夫婦でちひろ美術館を立ち上げた。父と美術館経営をしながら、夫婦で家事育児を分担し4児を育てた。(松本春野は三女)
●現在進行中の絵本作家としての自分の子育て。自著(絵本)の中で描く共働き家庭の姿。

実績

◎テレビ出演
●テレビ東京 東京交差点♯121 2021年
●テレビ東京 新美の巨人たち 「永遠の傑作!いわさきちひろ『あめのひのおるすばん』 2020年
●NHK 日曜美術館 いわさきちひろ 夢のようなあまさを超えて 2018年
●NHK 東日本大震災ドキュメンタリー 明日へつなげよう「いのちの絵本」 2017年
●NHK 福島をずっと見ているTV 「あれから6年、今の福島を知っていますか?」 2017年

◎TV作画
●NHKみんなのうた『私はブランコ』原画  2017年
うた 荒木由美子/作詞 もりちよこ/作曲 小原孝/編曲 奥慶一/
原画 松本春野/アニメーション 大桃洋祐
●NHK『モタさんの“言葉”』作画(2012年〜2015年放送
全45話収録DVD(3巻セット)、講談社より三巻シリーズで書籍化。

◎映画
●『おとうと』山田洋次監督作品のポスター・題字・パンフレット等を担当
(松竹) 2009年
●『京都太秦物語』山田洋次・阿部勉監督作品(松竹)のポスター担当 2010年

◎新聞掲載
●福島民友 震災教訓の絵本発売 「避難と帰還」描く 2021年8月4日
●福井新聞 パンケーキ作りしたくなる絵本 2021年5月9日
●朝日新聞 耕論(オピニオン欄)「あっち側?」という線引き 2021年1月6日
●中日新聞 「祖母から孫に」 2020年11月19日
●産経新聞 片付けが好きになる”まほうの絵本“2020年4月27日
●朝日新聞 福井版 「絵本の中 幸せのヒント」2020年10月9日
●福井新聞 「絵本原画 日常を温かく」 2020年9月26日
●東京新聞 「福島に寄り添うということ」寄稿記事 2016年3月9日
●福島民友 「復興の道標・ゆがみの構図」インタビュー記事 2016年1月31日
●朝日新聞 「一語一会」インタビュー記事 2015年10月2日
●産経新聞 話題の本 絵本『ふくしまからきた子 そつぎょう』 2015年5月2日
●毎日新聞 親子の読書 おはなしめぐり 絵本『Life ライフ』 2015年4月22日
●毎日新聞 キーパーソンインタビュー 2015年4月7日 
「フクシマを描く善意が差別や偏見を助長したかも」
●毎日小学生新聞 作家にきく 2012年3月25日 絵本『ふくしまからきた子』
●毎日新聞 特集ワイド 広がれトットちゃんの世界 2012年3月22日

◎対談
●上野千鶴子×松本春野 「わたしも昔、子どもでした」出版記念トーク
ブックハウスカフェ神保町 2019年11月21日
●高畑勲×松本春野 「“ふくしま”の絵本をめぐって」
スタジオジブリ熱風 2015年6月号
●黒柳徹子×松本春野 「いわさきちひろについて」
Hanako No.1021スカイツリー号(マガジンハウス)2012年 
●山田洋次×松本春野 「映画と絵本の『おとうと』を語る」
ちひろ美術館 東京にて 2010年3月13日

◎ラジオ出演
●LOHAS TALK(JWAVE『JAM THE WORLD』内) 2020年
●ブルボンpresents Shining Star 2020年
●NHKラジオ第1放送 ラジオビタミン 2012年

◎雑誌表紙
●熱風(スタジオジブリ)2012年10月から12回
●みんなのねがい(全障研)2014年〜2017年

◎企業広告
●長谷工シニアホールディングス 2017年〜

◎主な講演実績
●練馬区立関町図書館 「ちひろとわたし」「子育て」「絵本に込める想い」2021年5月16日
●福井県越前市 教育委員会 「子育て、教育」(父 松本猛との対談形式)2018年12月24日
●千葉県佐倉市男女平等参画推進センター 「差別、子育て、ジェンダー」2016年6月28日
●長野県飯山高校 人権講話 「人権」2016年6月2日 
●朝日カルチャーセンター 「福島差別」2016年3月26日
●埼玉県立川口北高校 学校進学力パートナーシップ事業講演会「本と学び」2015年2月13日
●北海道厚沢部町PTA連合会・厚沢部町教育委員会 「絵本を通して心を育てる」2015年1月25日

◎展示歴
●射水市大島絵本館 2018年12月〜2019年1月
松本春野絵本原画展 『Lifeライフ』『ふくしまからきた子そつぎょう』
●うみべのえほんや ツバメ号 2019年11月〜12月
松本春野えほん原画展『あたたかい木』
●ブックハウスカフェ 2018年6月
『Lifeライフ』松本春野原画展
●福井市橘曙覧記念文学館 2020年9月〜2020年11月
福井市橘曙覧記念文学館開館20周年記念特別展 松本春野『Lifeライフ』『モタさんの“言葉”原画展』

◎受賞歴
●『おばあさんのしんぶん』(講談社)
けんぶち絵本の里大賞 アルパカ賞2016年
●『Life 幸福小舖』(『Life ライフ』の中国語訳、台湾版)
第39次「中小學生優良課外讀物」〈圖畫書組〉2017年
●『Life 幸福小舖』(『Life ライフ』の中国語訳、台湾版)
(第72回)「好書大家讀」優良少年兒童讀物〈圖畫書及幼兒讀物組〉2017年

◎キャラクター制作
貧困問題に取り組むNPOやファンドのキャラクター制作
●ことといこども食堂
●つくろい東京ファンド
●東京アンブレラ基金
●フミダン
●ハウジングファースト

◎CDジャケットイラスト
●過労死防止啓発活動のためのCDジャケットを制作
『ぼくの夢 〜ある過労死遺児の詩〜』歌ダ・カーポ

講演の特徴

女性として備わっているマイノリティとしての視点を活かし、絵本作家である祖母いわさきちひろと、同じく絵本作家として現代を生きる自分の暮らしや作品を比較し、様々なテーマで語ります。
主なテーマ
●子育て
●働く女性
●人権・差別・平和
●被災地復興
●教育・学び

著書

◎著書
●『ぼくのうまれたところ、ふくしま』松本春野 作・絵(福島民友新聞社)2021年
●『はるくんとるいちゃん はじめてのパンケーキ』たてのきょうこ さく/まつもとはるの え(婦人之友社)2021年
●『ねずみのリンのフィギュアスケート』絵・文 松本春野(文溪堂)2021年
●『はなちゃんとぴかりん ぴかぴかだいさくせん!』いだのりこ さく/まつもとはるの え(婦人之友社)2020年
●『ことりは こえだの てっぺんに/おやこでよもう!金子みすゞ』金子みすゞ 詩/松本春野 絵(出版/JULA出版局 販売/フレーベル館)2020年
●『もしも わたしが おはななら/おやこでよもう!金子みすゞ』金子みすゞ 詩/松本春野 絵(出版/JULA出版局 販売/フレーベル館)2020年
●『そらと のはらの まんなかで/おやこでよもう!金子みすゞ』金子みすゞ 詩/松本春野 絵(出版/JULA出版局 販売/フレーベル館)2020年
●『まほうのおまめ だいずのたび』松本春野 文・絵/辰巳芳子 監修(文藝春秋)2020年
●『ノノちゃんとママのおはなし』松本春野 文・絵(清流出版)2019年(子育てエッセイ絵本)
●『あたたかい木』くすのきしげのり 作/松本春野 絵(星の環会)2019年
●『おばあさんのしんぶん』松本春野 文・絵/岩國哲人(講談社)2015年
●『Life ライフ』くすのき しげのり・文 松本 春野・絵(瑞雲社)2015年
●『ふくしまからきた子 そつぎょう』松本猛・松本春野 作/松本春野 絵(岩崎書店)2015年
●『ふくしまからきた子』松本猛・松本春野 作/松本春野 絵(岩崎書店)2013年
●『今日も明日も上機嫌。モタさんの“言葉”』斎藤茂太・文 松本 春野・絵(講談社)2014年
●『モタさんの“言葉”2』斎藤 茂太・文 松本 春野・絵(講談社)2013年
●『モタさんの“言葉”』斎藤 茂太・文 松本 春野・絵(講談社)2012年
●『地震の夜にできること。』松本春野 文・絵(角川書店)2011年
●『絵本 おとうと〈2〉―はじめての学校』松本春野 文・絵 /山田洋次 監修(新日本出版社)2010年
●『絵本 おとうと』松本春野 文・絵 /山田洋次 監修(新日本出版社)2009年

◎装丁・挿絵の仕事
●小学校1年〜6年生の道徳教科書の表紙(教育出版)〈令和2年度〉〈平成30年度〉
●『モンテッソーリで解決!』装画・挿絵(講談社)2020年
●『わたしも、昔は子どもでした。』装画・挿絵(かもがわ出版)2019年
●『小さいママと無人島』装画・挿絵(文溪堂)2017年
●『心を抱きしめると子育てが変わる』装画・挿絵(主婦の友社)2017年
●『ぼくらは壁を飛びこえて』装画(文溪堂)2016年
●『がれきのなかの小鳥』 装画・挿絵(文溪堂)2015年
●『お弁当を作ったら』 装画・挿絵(共同通信社)2014年
●『びんのなかのともだち』 装画・挿絵(偕成社)2014年
●『子どものしぐさはメッセージ』装画・挿絵(クレヨンハウス)2013年

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。