大平 和史

大平 和史
Print Friendly, PDF & Email
大平 和史 (おおひら かずし)

RC株式会社 代表取締役

講師カテゴリー

  • 経営・ビジネス
  • 経営論・組織論・経営哲学
  • リーダーシップ・マネジメント
  • DX・AI・IoT・IT・5G・ビッグデータ
  • DX・AI・IoT・IT・5G・ビッグデータ

出身地・ゆかりの地

埼玉県 東京都 神奈川県 京都府 大阪府 島根県

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

2011年04月~2018年6月:株式会社野村総合研究所:中央大学を卒業後、7年間で3つのプロジェクトを経験。開発メンバーから開発リーダーの役割を従事。案件の企画から本番リリース、保守までの推進を一貫して対応経験があり、日本でもトップラインのシステムエンジニア・プロジェクトマネージャーの経歴を積む。

2018年07月〜現在:プロジェクトマネージャーでは技術力が身につかず、今後のDXは、技術を深く知っていることが大きなレベルの高い提案につながると思い年収を下げてでも転職を決意。前職を働きながら、プログラミングスクールに通い、技術の基礎を学んだ後、株式会社プレイドに転職。Webエンジニア・プロダクトスペシャリストとして従事。マーケティングツール「KARTE」にてフロントからサーバまでサービス設計〜実装までを経験。
2019年10月〜現在:フリーランス案件にて開発案件に従事した後、技術が身についたタイミングで、もともともっているマネジメント力と、エンジニア時代に身につけた技術力を武器に、マネジメント・コンサルティング案件にシフト。

2022年2月:RC株式会社として法人を立ち上げ、中小企業取締役の壁打ちとしてのシステム開発構想の企画から、自身がコンサル兼PMとして参画し、開発会社やエンジニアアサインまで行う総合的なシステム提案を主とし活動している。

また、業務内容を抽象度を上げて昇華させ、定期的に整理して執筆する活動も行っております。またキャリアや生き方について発信している。

講演テーマ

【DX化】

中小企業のDX化を推進する企業の経営者に向けて実施した講演です。
世間ではDX化を歌われているが、大企業は既にIT化が進んでいるのでDX化にすぐに踏み切れますし、人材も豊富です。
一方で中小企業の場合、実際に現場を経験していると、DX化の前にIT化のレベル感を上げることが優先と感じます。
また中小企業はIT人材も少ないため、急遽DX化を推進しようとしても、かなり現実離れした案を前提に進んでしまい、リスクの高いプロジェクトができているのが現状です。
そこに対してまず、建設的にIT化を進め、その後DX化へ進みましょうということを啓蒙する講演です。

実績

豊田青年会議所2月例会

講演の特徴

実際の大企業→最先端スタートアップを経験した大平が、自身の現場経験をもっての理論を啓蒙するので、机上の空論ではないものになっています。
自身も経営者と会話したり、経営者であるため、その同じ目線で語れることが特徴となっています。

動画

https://www.youtube.com/watch?v=iJr1961tU8k

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。