官野 一彦

官野 一彦
Print Friendly, PDF & Email
官野 一彦 (かんの かずひこ)

車イスラグビー元日本代表
パラサイクリング選手
ダッソー・システムズ(株)
TAGCYCLE(株)代表取締役

講師カテゴリー

  • 経営・ビジネス
  • リーダーシップ・マネジメント
  • 人事・採用
  • ダイバーシティ
  • コンプライアンス・CSR
  • ビジネス研修
  • リーダーシップ・マネジメント
  • コミュニケーション・世代間ギャップ
  • モチベーション
  • 夢・希望・挑戦
  • 意識改革・気づき
  • SDGs・ESG
  • SDGsその他
  • 人権・福祉・介護
  • 障がい・発達障害
  • 医学・医療・健康
  • 健康・運動
  • メンタルヘルス
  • 環境・防災・防犯
  • 福祉・介護
  • 学校教育・PTA・育児
  • いじめ・不登校
  • 学生向け
  • スポーツ
  • オリンピック・パラリンピック
  • 監督・コーチ・指導者
  • その他スポーツ

出身地・ゆかりの地

千葉県

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

  野球の強豪・木更津総合高校にスポーツ推薦で入学し、1年生からレギュラーで活躍する。卒業後はサーフィンを始めるが、2004年22歳の時にサーフィン中の事故により頸椎を損傷。一命は取り留めたものの車いす生活を余儀なくされた。
2006年から車いすラグビーを始める。スピーディーな展開と、激しいタックルに魅了され競技の虜となった。競技を始めて1年という早さで日本代表に選出され、2012年ロンドン、2016年リオデジャネイロと2大会連続でパラリンピック出場。2013年2014年シーズン日本代表キャプテンを務める。
リオデジャネイロパラリンピックでは日本車いすラグビー史上初の銅メダルを獲得して話題となった。
2020年、車いすラグビーからの引退を宣言。現在はパラサイクリング競技転向し、2024年パリパラリンピック出場を目指し活動中。
一方、実業家としての顔を持ち、2020年にTAG CYCLE株式会社を設立。障害者が住みやすい家づくりのためのアドバイザー、講演や企業研修等様々な活動を通じて社会に貢献している。

講演テーマ

【不自由だけど不幸ではない】

健常者からスポーツ事故で突然車いす生活が始まる。障害が重く胸から下は動かず、両手の握力も無くなり絶望するなか、家族やスポーツとの出会いにより心境の変化が起こり楽しくやりがいを見つけ生きる悦びを得る。障害を持った人間の悩みや本音とどう向き合い、自分の人生を不幸ではなくしたのかを伝える。

実績

講演実績(年間80〜100講演)
大泉学園緑小学校/調布市立北ノ台小学校/宇部市・宇部市スポーツコミッション/滝坂小学校/染地小学校/都立南葛飾高等学校/都立五日市高等学校/その他多数 テレビ
NHK BS1 武井壮が挑む!パラスポーツ「車いすラグビー」
BS朝日 withチャレンジド・アスリート
JCOM 千葉情熱アスリート/ スポーツの力
TOKYO MX カウントダウンTOKYO
NHK ひるまえほっと/ 首都圏ネットワーク 他
ラジオ
かわさきFM フジフジのfun fun Tuesday
J-WAVE WONDER VISION
TBSラジオ 千葉!ドリームもぎたてラジオ
bayfm POWER BAY MORNING/ ベイ・モーニング・グローリー
NHK千葉 ひるどき情報千葉 他

講演の特徴

パラリンピック

夢の叶え方
挑戦
情熱 
リーダーシップ
CSR
ダイバーシティー&インクリュージョン 他

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。