小倉 智昭 | 講師セレクト

講師一覧

各業界の著名人からスポーツ選手まで、当協会に登録頂いている講師陣をご紹介いたします。

この他にも多数の講師の方にご協力いただいております。
掲載されていない講師もおりますので、プロフィール・詳細は個別にお問い合わせください。

小倉 智昭(おぐら ともあき)

キャスター
●講演ジャンル
  • 講演依頼/問い合わせ
  • FAX申込用紙
  • 印刷する

講演テーマ

<ビジネス>

【小倉流 プロフェッショナルとは】

競争の激しい芸能界で、司会者として確固たる地位を維持し続ける小倉氏が、長期に渡って第一線で活躍する為の
プロフェッショナルとしての思考法やマンネリにならないモチベーションの保ち方を語ります。
また、様々な著名人と交流がある小倉氏だからこそ語れる各界著名人のプロフェッショナリズムも大変に興味深いです。

【小倉流 ヒトを活かすコミュニケーション】

司会者として、様々な個性を持つゲストや共演者の魅力を引出すには、個々の特性や特徴、更にはゲストや共演者同士の相性等も総合的に考慮した高いコミュニケーションスキルが求められます。
チームメンバーのパフォーマンス向上を目指すビジネスリーダー必聴です。

【小倉智昭のキャリアマネジメント論】

幼少時より吃音症に悩まされた小倉氏が選んだ職業はアナウンサー。
現在では、日本代表する司会者としての確固たる地位を築いた小倉氏も29歳で独立した当初は、人並み以上も苦労も経験しています。そのような決して順風満帆ではない小倉氏のキャリアを通じて培った仕事観やプロとしての人間関係術は、どの世界のビジネスマンにとってもキャリアを飛躍させるヒントを与えてくれます。

<オリンピック>

【報道現場からみたオリンピックの真実】

シドニー以降の全てのオリンピックを現地で取材している小倉氏が、決してメディアでは報道されないオリンピックの真実や、代表選手との個人的な信頼関係で得た選手の本音を、時に臨場感を持って、そして時にユーモラスに語ります。

<趣味・一般>

【小倉流 楽しく生きる処世術】
【小倉流 時間の使い方】
【果報は練って待て】
【人生引出し、常にいっぱい】
プロフィール
1947年、秋田県生まれ。
1971年、獨協大学外国語学部フランス語学科卒業後、現在のテレビ東京に入社。

競馬中継の実況アナウンサーとして活躍し、1976年には、大橋巨泉氏にスカウトされる形で、フリーアナウンサーとなり、大橋巨泉事務所に所属。
その後、1983年には、一世を風靡した大人気番組である「世界まるごとHOW マッチ!!(毎日放送)」のナレーターとして「七色の声を持つナレーター」として有名になるともに、
1993年には、フジテレビ「どうーなってるの?!」、そして、1999年には、今も放送している
「とくダネ!」のメーン司会として、長きに渡ってメディアの第一線で活躍中。

また、プライベートでは、ゴルフ、読書、オーディオビジュアル、機械時計、カメラなど、どれもプロ顔負けの腕前の持ち主。
お問い合わせ お気軽にご相談ください 電話受付時間:9:00 ~ 18:00 休日: 土/ 日/ 祝日 東京本社 03-3249-0666 大阪本社 06-6312-0691
  • 講演依頼/問い合わせ
  • FAX申込用紙
  • 印刷する
一覧へ戻る
    PREV NEXT



この他にも多数の講師の方にご協力いただいております。
掲載されていない講師もおりますので、プロフィール・詳細は個別にお問い合わせください。

講師名・キーワードで検索

 
講演ジャンル
  • 経営・ビジネス
  • 政治・経済・国際
  • ライフスタイル
  • 人権・福祉・社会
  • モチベーション
  • 健康・医学
  • 芸能・文化・スポーツ
  • 教育
  • 環境・科学・エネルギー
  • 人生
講演ジャンルをもっと見る
目的から選ぶ

更に詳しい検索は「目的から選ぶ」からお調べください。

講演目的/対象者(複数チェック可)
ご予算別
50音から探す
番組から選ぶ

各番組に出演経験のある著名な講師をピックアップしております。

TOP PAGE
講師SELECT(日本経営開発協会/関西経営管理協会)は、社員研修、ビジネス研修、企業研修などの講演会の講師派遣、タレント派遣の企画・運営をサポートいたします。 創業以来60年以上培ってきたノウハウを基に東京、大阪をはじめとする日本全国のお客様からの講演依頼に対し、登録講師7,000名以上の中から適切な講師/タレントを人選し、ご紹介しております。 また初めての講演会を開くといった方でも安心していただけるよう、講演会準備からアフターフォローまで親切丁寧なサポートをいたします。講演相談や講師選定は無料です。
Get ADOBE Reader PDFファイルをご覧いただくためには、最新のAdobe Readerが必要です。
こちらからダウンロードしてください。