安孫子 薫

安孫子 薫
Print Friendly, PDF & Email
安孫子 薫 (あびこ かおる)

株式会社チャックスファミリー 代表取締役
元東京ディズニーリゾート ゼネラルサービス部長/カストーディアル部長/ディズニーランド運営部長/ディズニーシー運営部長/ディズニーリゾート運営部長
元キッザニア 東京副総支配人

講師カテゴリー

  • 経営・ビジネス
  • 経営論・組織論・経営哲学
  • リーダーシップ・マネジメント
  • マーケティング・イノベーション・ブランディング
  • CS・ES

出身地・ゆかりの地

山形県

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

1982年 株式会社オリエンタルランドに入社。
      美観の追求ゴミ減量化安全確保アトラクション運営ゲストサービス広告戦略など、
      すべてのパーク運営課題に取り組み、改善改革を実行し、常に現場で指揮を執ってきた。
2007年 1年間キッザニア東京副総支配人として、運営全般の基盤整備と従業員指導をおこない施設の基礎を築く。
現在     株式会社チャックスファミリーを設立し、クレンリネスはホスピタリティの原点を掲げ、
      各種企業、商業施設、飲食、清掃関連企業、テーマパーク、レジャー施設などのコンサルティングを行っている。

講演ではディズニーでの経験を基に、お掃除と片づけ、CS/ES向上、人材育成、現場力向上、現場マネジメント、
ブランディング、 子育てなどをテーマにしている。

講演テーマ

【ディズニーランドの『おもてなし』の仕組み ~すべてはゲストのハピネスのために~】

ディズニーのミッションは「ゲストにハピネスを提供する」こと。
その実現のために一貫した“ディズニーフィロソフィ”と呼ばれるパーク運営の考え方がある。
ディズニー流おもてなしの本質を開業時からパーク運営を担ってきた安孫子が経験談を交え熱く語ります。

【ディズニーランドの品質管理】

ディズニーの“妥協のないサービス”は「毎日が初演」という品質規準がパークの隅々まで生きているから徹底出来ている。
安孫子が担ってきたカストーディアル部門は「赤ちゃんがハイハイできるくらい安全で清潔なパーク」を作り上げている。
カストーディアルと運営部門経験を基に品質管理の考え方と評価の仕方についてわかりやすく話します。

【ディズニーランドの現場マネジメント ~マネジメントは楽しく厳しく】

360度のステージでショーが展開されるディズニーパークでは、常に高品質なエンターテイメントコンテンツが要求される。
現場のパフォーマンスを最大に保ち、さらに改善を図る「ディズニー・スーパービジョン」こそが現場マネジメントの要だと言える。マネジメントの考え方や視点と実践について経験を基に話します。

【ディズニーランド流 スタッフのモチベーションを向上させる仕組み】

ゲストのハピネスとキャスト(スタッフ)のハピネスは表裏一体。
ディズニーにはキャストが元気になれる仕組みやしかけが豊富に存在している。
また、開業当初、嫌悪職種だったカストーディアルがもっとも人気職種に変貌を遂げた過程を取り上げ元気な職場づくりの
ヒントを提供いたします。

【ディズニーの本気のブランディング】

開業以来6億人達成。ディズニーテーマパークの圧倒的な集客力は徹頭徹尾本気のブランディングの結果だと言える。
運営とマーケティングが一体となり、一貫したブランディング活動を行っている。
そして、まったく妥協のないサービスは自らのブランドを信頼することから始まった。
では、いったい実際にどのような考え方で、どのようなことを行っているのか。
ディズニーパークの運営現場とマーケッティングの只中にいた安孫子が体験談と実例を披露しながらディズニーの
ブランディングの本質に迫ります。

実績

<講演>
●イオンモール京都五条
店長向け『ディズニーのホスピタリティを支えるマネジメント』
スタッフ向け『ディズニー「感動のホスピタリティ」』
●フォルクスワーゲン
『ディズニー「感動のホスピタリティ!」~何度でも行きたくなるパークの考え方~』
●大阪ガス
『ディズニー流 スタッフのモチベーションを上げる仕組み』
●日立オートモティブシステムズ
『東京ディズニーリゾートの「パーク品質向上施策」』

埼玉医科大学 / 長野赤十字病院 / イオンリテール / アサヒビール岡山 / ぐるなび大学 / オープンテーブル / 長野青年会議所 / 足立区男女参画プラザ / 阪急阪神ビルマネジメント / JRテクノ仙台 / 伊藤忠丸紅鉄鋼 / JPビジネスサービス / クリーンシステム科学研究所 / 日本経営教育研究所 その他多数

<コンサルタントとして>
NTTデータマネジメントサービス / おおたかの森S・C / トレッサ横浜 / ラッシュジ ャパン / アイビー・シー・エス / レイクウッズガーデンひめはるの里 / ベンチャーバ ンク / 京王電鉄 / 東京外国語大学 / 関西新幹線サービック / 北京藍天城EE City

講演の特徴

ディズニーテーマパークのCS(顧客満足)を超えたハピネス提供の多彩な仕組みは圧倒的で異業種の方々にも
大いに参考になるものと確信しています。
年間3千万人ものお客様を集客するパワーの裏側にはホスピタリティエンターテイメントのリーダーとして揺るぎない
「運営哲学」や「人を育てモチベーションを高める仕組み」そして「高品質を支える仕組み」が一貫して形づくられています。
長年パーク運営のマネジメントを中心に歩んできた私は常に改善改革に努めてきました。講演ではディズニーでの経験を基に、
ホスピタリティ、美観の価値創造、お掃除と片づけ、現場マネジメント、現場力向上、CS(顧客満足)/ES(従業員満足)向上、人材育成、品質管理、ブランディングなどのテーマを分かりやすくお話しいたします。

動画

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

同じカテゴリーの講師一覧

いま注目の講演会講師一覧

  • 澤 円
    澤 円
    株式会社圓窓 代表取締役 元日本マイクロソフト 業務執行役員 武蔵野大学アントレプレナーシップ学部 教授【デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するために必要なマインドセット】
    講師候補に入れる
  • アキ・ソラーノ(Aki Alex Solano)
    アキ・ソラーノ(Aki Alex Solano)
    ・全米ヨガアライアンス協会認定最高師範(E-RYT500・世界最高峰ヨガ師範) ・西洋と東洋の知見を統合化【ディープマインドフルネス®️ヨガ】創始者 ・ハワイ生まれの【プラーナチャクラヨガ®️】創始者 ・ディープマインドフルネス開発者 ・ヨガ ヒーラー アカデミー ハワイ校長/オーナー(ハワイ州登録) ・一般社団法人ディープマインドフルネス脳科学協会 会長 ・Terra Hawaii Consulting LLC CEO(本社ハワイ州) ・「症状別3分ヨガレッスン」著者(ネコパブリッシング社) ・一般社団法人国連P.R.I.D.E日本 理事 ・米国医師団公認協会認定 国際アンチエイジング栄養コンサルタント(ニューヨーク州公認IAANAが認定する公式登録国際称号) ・ディープマインドフルネス・コーチ 【マインドフルネス(企業向け)】
    講師候補に入れる
  • 酒井 とし夫
    酒井 とし夫
    ・プロ講演家(累計講演回数1,000回超) ・ランチェスター経営認定講師 ・米国NLP心理学協会認定ビジネスマスター ・米国NLP心理学協会認定プラクティショナー ・米国NLP心理学協会認定コーチ ・GCS認定コーチングコーチ ・コミュニケーション心理学マスター【商売繁盛心理学 ~心理学を取り入れて売上げをぐんぐん伸ばす~】
    講師候補に入れる
  • 里井 真由美
    里井 真由美
    フードジャーナリスト 1級フードアナリスト【食の仕事がしたい人向け】
    講師候補に入れる
  • 山崎 裕樹
    山崎 裕樹
    社会保険労務士法人ネクステップ 代表社員 特定社会保険労務士 事業承継士【人事制度】
    講師候補に入れる
  • 岩本 沙弓
    岩本 沙弓
    Office『W・I・S・H』代表 金融コンサルタント/経済評論家 大阪経済大学経営学部客員教授【最新経済分析~日米経済の展望】
    講師候補に入れる

月間講師依頼ランキング

先月の講演依頼のお問合せが多い講師をランキング形式でご紹介

  • 1
    新井 紀子
    新井 紀子
    国立情報学研究所社会共有知研究センター センター長・教授 総合研究大学院大学複合科学研究科情報学専攻教授 国立情報学研究所情報社会相関研究系教授 一般社団法人 教育のための科学研究所 代表理事・所長
    【わが国の経済成長に向けてAIが果たす役割】
    講師候補に入れる
  • 2
    岡田 充弘
    岡田 充弘
    カナリア株式会社 代表取締役 クロネコキューブ株式会社 代表取締役 株式会社メカゴリラ 代表取締役 ウズラ株式会社 代表取締役
    【本物を創る】
    講師候補に入れる
  • 3
    はるな 愛
    はるな 愛
    ニューハーフタレント ファッションモデル 株式会社祐貴那(ゆきな)代表
    【一人ひとりの個性があって、えぇねんで!】
    講師候補に入れる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。