近澤 可也

近澤 可也
Print Friendly, PDF & Email
近澤 可也 (ちかさわ かや)

パンデコン建築設計研究所 所長,ふるさと未来研究所 代表理事,株式会社パンデコン 代表取締役,淑徳大学池袋サテライト・キャンパス公開講座・講師

講師カテゴリー

  • 政治・経済
  • 農林水産業
  • 環境・防災・防犯
  • 環境問題
  • 福祉・介護

出身地・ゆかりの地

石川県

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

1934:石川県金沢市白銀町に生れる。
1941:金沢市立芳才町国民学校入学。(太平洋戦争始まる)
1950:金沢高等師範付属中学校卒業。
1953:金沢大学付属高校卒業。(師弟一体の学園で友情を養う)地方公務員として石川県庁に奉職。
1956:石川県庁総務部総務課退職。(受験のため上京)東京大学理科一類入学。
1961:東京大学工学部建築学科卒業。東京大学数物系大学院建築学・丹下健三研究室入学。(丹下健三教授より都市・建築・建築家について大いなるものを学ぶ)1964年東京大学数物系大学院修士課程卒業。
1963:総合デザイン・パンデコン創立。(東京八重洲口に事務所をかまえる)
1965:株式会社パンデコン設立。代表取締役に就任。(現在に至る)
1966:一級建築士事務所パンデコン建築設計研究所開設。
所長に就任。(現在に至る)
2010:一般社団法人社団法人ふるさと未来研究所設立。代表理事に就任。(現在に至る)

講演テーマ

【宇宙船地球号は持続可能か】

現代の私たちは、地球という孤立した島に住んでいる。世界人口と工業化と環境汚染と食糧生産と資源消費が、現在の増加傾向のままで推移するならば……絶滅と崩壊のシナリオが現実となる。その解決策はあるのか、新しい提案とは?自然エネルギー・ゼロエミッション・エネルギーの地産地消など、今新しい街づくりの構想が求められている。第6の波は人類に行動を求めている。わたしたち自身のためではない。わたしたちの子供、孫、これから生まれてくる子供たちのための行動である。

【時代を生き抜く、自分発見の旅】

確実なものが何もない時代に、我々は生きている。私たち自身が弧絶し、疎外感を抱きながら暮らしている。不確実の時代をどう生きぬくのか?現代を強く美しく生きぬくための、自分自身を鍛える講座。
1.新しい波:新しい価値観の創生 新しいライフスタイル
2.求められる新しい生き方:自分のライフスタイルの確立
3.個の時代:自分自身を創り、表現し、行動する個人をPRする概念であるパーソナルブランドについて考える。
4.アーティストの時代 :個性ある能力の発揮と創造的選択

【これからの都市農業に向けて―都市農芸・環境文化論】

都市農芸環境文化論とは何か? 現代、その直面している問題点<自然破壊・環境汚染・地球温暖化・一局集中・所得格差・貧富二極分離・都市問題・農村疲弊・国土荒廃・少子化・老令化社会・グローバリズム・金融至上主義>。その解決策はあるのか、新しい提案とは?食と農は金(かね)でなく命である都市農芸が、日本の固有の風土・気候・民族・歴史・自然・環境といかに係わり合いをもち、また、どのように私たちの居住・住宅・空間・建築・村・街・都市を形成してきたのか。その固有性と普遍性を学ぶ。

【長寿社会と心豊かなくらし方・生きがい】

現代日本の長寿社会のなかで、私たちはどのようにして心豊かに暮らしていけばいいのか。定年後のセカンドライフをどう生きるのか。その中での生きがいとは?いつまでも若わかしい肉体と精神をつくるには?古いものの見方から自由になるには?永遠の若さを生きる!はつらつとした若さ、日々新しく生まれ変わる体、創造性、喜び、充実感。だれもが時間を超越して生きられる世界。精神も肉体も老化を知らず、死の不吉な影が私たちを脅かすことのない世界に、足を踏み入れることができるのではないか。

実績

代表作品例

*トウショウボーイ輩出の
*赤いビル
*正8角形プラン
*一本足の住宅

講演の特徴

主催者様の要望・テーマにしたがい、役に立つ内容を自然体で具体的にわかりやすく話します。質疑応答などがあれば、充分に討論し、今後の発展・実現にお役にたてれば幸せに思います。シンポジューム・ワークショップ・共同研究など……可能です。

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

同じカテゴリーの講師一覧

  • 白石 真澄
    白石 真澄
    関西大学?政策創造学部?教授【健やかな高齢社会】
    講師候補に入れる
  • 松﨑 了三(松崎 了三)
    松﨑 了三(松崎 了三)
    田舎まるごと販売研究家/ 高知工科大学地域連携機構・特任教授/ 松崎地域計画本舗 代表【地域まるごと販売術 ~モノではなくココロ 感動は人間にしかつくれない~】
    講師候補に入れる
  • 高成田 享
    高成田 享
    ジャーナリスト 元朝日新聞論説委員 元仙台大学教授 NPO法人東日本大震災こども未来基金 理事長, 元東日本大震災復興構想会議委員,【東日本大震災 復興にみる地域再生の課題】
    講師候補に入れる
  • 石垣 幸二
    石垣 幸二
    講師候補に入れる
  • 當麻 謙二
    當麻 謙二
    鈴田峠農園有限会社 代表取締役 鈴なり伝道師【カーボンニュートラルの取組】
    講師候補に入れる
  • 村松 知木
    村松 知木
    一般社団法人地方創生パートナーズネットワーク 代表理事/ 株式会社トラストバンク「ふるさとチョイス」観光戦略アドバイザー/ 観光庁「世界に誇る観光地を形成するためのDMO体制整備事業」専門人材/ 観光庁 インバウンドの地方誘客促進のための専門家/ 公益社団法人ひょうご観光本部等アドバイザー/ 一般社団法人大雪カムイミンタラDMO アドバイザー/ 株式会社マックアース アドバイザー ・監査役(大手スキー場運営会社)/ 山形市 商工観光部 観光戦略課 広域観光推進専門員/ 蔵王マウンテンリゾート形成推進連絡協議会アドバイザー/ あいおいニッセイ同和損保 観光分野に関するアドバイザー/ 内閣府「地域未来構想20オープンラボ」コーディネーター/ 経済産業省「地域の魅力発信による消費拡大事業」専門家/ 中小企業庁「JAPANブランド育成支援等事業」専門家/ 農林水産省「農山漁村振興交付金 広域推進ネットワーク事業」専門家/ 東京都「派遣型セミナー及びアドバイザー派遣事業事」専門家/ 株式会社NTTデータCCS ビジネスソリューション事業本部 アドバイザー/ 埼玉県 彩の国DMO強靭化検討委員会 委員 / 彩の国DMOマーケティングアドバイザー / 伊藤忠テクノソリューションズ(未来技術研究所アドバイザリー)【観光のIT/マーケティング】
    講師候補に入れる

いま注目の講演会講師一覧

  • 澤 円
    澤 円
    株式会社圓窓 代表取締役 元日本マイクロソフト 業務執行役員 武蔵野大学アントレプレナーシップ学部 教授【デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するために必要なマインドセット】
    講師候補に入れる
  • アキ・ソラーノ(Aki Alex Solano)
    アキ・ソラーノ(Aki Alex Solano)
    ・全米ヨガアライアンス協会認定最高師範(E-RYT500・世界最高峰ヨガ師範) ・西洋と東洋の知見を統合化【ディープマインドフルネス®️ヨガ】創始者 ・ハワイ生まれの【プラーナチャクラヨガ®️】創始者 ・ディープマインドフルネス開発者 ・ヨガ ヒーラー アカデミー ハワイ校長/オーナー(ハワイ州登録) ・一般社団法人ディープマインドフルネス脳科学協会 会長 ・Terra Hawaii Consulting LLC CEO(本社ハワイ州) ・「症状別3分ヨガレッスン」著者(ネコパブリッシング社) ・一般社団法人国連P.R.I.D.E日本 理事 ・米国医師団公認協会認定 国際アンチエイジング栄養コンサルタント(ニューヨーク州公認IAANAが認定する公式登録国際称号) ・ディープマインドフルネス・コーチ 【マインドフルネス(企業向け)】
    講師候補に入れる
  • 酒井 とし夫
    酒井 とし夫
    ・プロ講演家(累計講演回数1,000回超) ・ランチェスター経営認定講師 ・米国NLP心理学協会認定ビジネスマスター ・米国NLP心理学協会認定プラクティショナー ・米国NLP心理学協会認定コーチ ・GCS認定コーチングコーチ ・コミュニケーション心理学マスター【商売繁盛心理学 ~心理学を取り入れて売上げをぐんぐん伸ばす~】
    講師候補に入れる
  • 里井 真由美
    里井 真由美
    フードジャーナリスト 1級フードアナリスト【食の仕事がしたい人向け】
    講師候補に入れる
  • 山崎 裕樹
    山崎 裕樹
    社会保険労務士法人ネクステップ 代表社員 特定社会保険労務士 事業承継士【人事制度】
    講師候補に入れる
  • 岩本 沙弓
    岩本 沙弓
    Office『W・I・S・H』代表 金融コンサルタント/経済評論家 大阪経済大学経営学部客員教授【最新経済分析~日米経済の展望】
    講師候補に入れる

月間講師依頼ランキング

先月の講演依頼のお問合せが多い講師をランキング形式でご紹介


相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。