石田 宜久

石田 宜久
Print Friendly, PDF & Email

石田 宜久 (いしだ よしひさ)

観光ホスピタリティコンサルタント

講師カテゴリー

  • 経営・ビジネス
  • CS・ES
  • ビジネス研修
  • 営業・接客・販売

出身地・ゆかりの地

東京都

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

講演テーマ

【価格破壊の進む観光業の中での旅行業】

価格破壊が進む観光業。特にLCCやオープンスカイといった航空業と激安商品を売りにしている宿泊業の両方の影響を受けている業界が旅行業です。併せて今後の顧客欲求やブームの傾向をも読まなくてはいけない非常に難しい立ち位置にいると言えます。このセミナーでは、観光業の価格破壊の裏側を分析し、仕組みを知る事で今後の展開と戦略のポイントを整理します。他業界から見た旅行業を知る事で練られる可能性をお話いたします。

【ホテル・旅館を中心とした観光ホスピタリティ】

観光業の唯一直接お客様と接しサービスを提供できる存在です。人間の3大欲求である、衣・食・住の食と住、2つの項目を補うホテルと旅館は、旅行中の経験や思い出作りの基盤になります。観光客は旅行先でも最低限の自分の生活基盤は保ち、その生活パターンに非日常の経験を積むからです。観光の印象を強く与えるのはホテルや旅館での体験が多く、ツアーやパッケージによってはホテル・旅館を利用する事が旅行の目的になります。

【多層化する観光業の中でのホテル・旅館】

団体客から個人客、観光業全体の多層化と、様々な変化が現代の観光業では起きています。現時点であげられる観光地環境の見解、<非日常の提供><ホスピタリティの提供>の2点についてお話いたします。人々が“違う一日”を求めてやってくるわけです。それはお客様は神様という考え方ではなく、お客様は人間の発想が必要です。このセミナーではサービスと提供商品の差別化と今後の方向性をポイントをお話いたします。

【「魅力」と「みりょく」。本当に求められる「魅了」する観光】

観光では魅力を追い求めるのは重要です。このセミナーでは魅力とみりょうの2つのポイントと、これらを利用し観光客を魅了する工夫についてお話します。加算効果の魅力と相乗効果のみりょくをポイントに、何を人を呼ぶ素材とするのかをお話いたします。また多層化が必要とされる中では、地域に訪れた方々が魅了され、思い出に残るようなサービス提供をする、誰でも“魅了”できる魅力がについてお話します。

講演の特徴

専門学校講師経験もあるためか、お客様からは解りやすい話し方をする時間がぴったりとお声をいただきます。主にプレゼンテーション形式ですが、基盤は海外のため、日本企業っぽさはありません。

動画

その他

専門分野
観光・ホスピタリティ・地域活性化

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。