杉山 愛

杉山 愛
Print Friendly, PDF & Email

杉山 愛 (すぎやま あい)

スポーツキャスター
元テニスプレイヤー

講師カテゴリー

  • モチベーション
  • 夢・希望・挑戦
  • 意識改革・気づき
  • スポーツ
  • その他スポーツ

出身地・ゆかりの地

神奈川県

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

生年月日:1975年7月5日
出身地:神奈川県

4歳でラケットを握り、15歳で日本人初の世界ジュニアランキング1位に輝く。
17歳でプロに転向し、34歳まで17年間のプロツアーを転戦。
グランドスラムでは女子ダブルスで3度の優勝(2000年全米オープン/2003年全仏オープン/2003年ウィンブルドン)と、混合ダブルスでも優勝(2000年全米オープン)を経験し、グランドスラムのシングルス連続出場200062回の世界記録を樹立。
オリンピックには4回連続(アトランタ、シドニー、アテネ、北京)出場。
WTAツアー最高世界ランク シングルス8位 ダブルス1位。国際公式戦勝利数 シングルス492勝 ダブルス566勝。
WTAツアー シングルス優勝回数6回 ダブルス優勝回数38回。公式戦通算試合数 1772試合(シングルスとダブルス)。
2009年10月、東レパンパシフィックオープンを最後に現役を引退。
情報番組のゲストコメンテイター、グランドスラムのスペシャルコメンテイター&解説、クリニークのCBO(チーフ・ビューティー・オフィサー)就任など多方面で活躍。
引退後もプロテニスプレイヤーとして後進の育成に注力している。

講演テーマ

【世界一の継続力 ~グランドスラム62回最多連続出場の裏で~】
【世界一のパートナー力 ~ダブルス世界1位の秘密~】
【<span style="font-size: medium;">プロフェッショナルとは~17歳でプロデビューしたが、本当のプロは25歳から~</span>】
【いかに世界をホームにしたか~日本人として世界で活躍するには~】
【することを楽しむ ~遊戯三昧という生き方~】
【夢をかなえる生き方】
【主なトピックス】

世界一の連続出場記録をもつ「鉄人」の継続の秘訣。
一年のうち250日を海外のワールドツアーで過ごすこと20年あまりの「国際人」としてのコミュニケーション能力に支えられたアウェーをホームに変える方法。
ダブルス世界1位の「女王」が歩んだ勝負の極意とプロの世界。
トップアスリートを育てた教育と親子関係
大スランプから復活した取り組み
プロフェッショナル論
健康管理と自己管理の秘訣

実績

【主な戦歴】
■1996年世界ツアー 主な大会 
アトランタオリンピック 出場 
■2000年世界ツアー 主な大会
シドニーオリンピック 出場    
全米オープン ダブルス      優勝
ウィンブルドンオープン ダブルス 準優勝
■2001年世界ツアー 主な大会
ウィンブルドンオープン ダブルス 準優勝
■2003年世界ツアー 主な大会   
ウィンブルドンオープン ダブルス 優勝
全仏オープン ダブルス      優勝
■2004年世界ツアー 主な大会
アンクルトビーズ ハードコート シングルス 優勝
全豪オープン ダブルス      ベスト4
ウィンブルドン シングルス    ベスト8
ダブルス             準優勝
アテネオリンピック ダブルス   ベスト4
■2005年世界ツアー 主な大会
アキュラクラシック シングルス/ダブルス 準優勝
ウィンブルドン ダブルス     ベスト8    
■2006年世界ツアー 主な大会
カタールオープン シングルス   ベスト4  
カタールオープン ダブルス    優勝
全仏オープン ダブルス      準優勝
■2007年世界ツアー 主な大会
全仏オープン ダブルス      準優勝
ウィンブルドン ダブルス     準優勝
ロジャーカップ ダブルス     優勝
■2008年世界ツアー 主な大会
北京オリンピック 出場
ファミリーサークルカップ ダブルス  優勝
ジェネラリーレディース ダブルス   優勝
■2009年世界ツアー 主な大会
AEGON インターナショナル ダブルス  優勝
BNLイタリア国際 ダブルス       準優勝
東レパンパシフィックオープン ダブルス 準優勝

【ギャラクシー賞奨励賞受賞出演作品】
・めちゃ×2イケてるッ!「心のエースをねらえ!絶対無二のスペシャル!!」
・BS民放5局共同特別番組
「LANDSCAPEアスリート、その視線の彼方杉山愛編」

【テニスキャリアに関する実績(抜粋)】
15歳で世界ジュニアランキング1位。17歳でプロ転向。
シングルス492勝(優勝6回)、ダブルス566勝(優勝38回)。
グランドスラムのダブルス優勝4回(女子3回、混合1回)。
世界ランク1位。(ダブルス)
オリンピック出場4回。
グランドスラム62回連続出場の世界記録達成。
(15年間世界ランク100位以内にランクイン&怪我のない体調管理)

【トークイベント実績(抜粋)】
官公庁/大学/青年会議所/法人会
大手銀行新人研修/外資系コンサルティング会社セミナー/電器メーカー全国大会
保険会社優秀セールスマン表彰式典/労働組合記念式典等

【主なお仕事】
「スッキリ!」(日本テレビ)平日8:00~
コメンテイター

「情報ライブミヤネ屋」(読売テレビ)平日13:55~
コメンテイター

「世界頂!日本代表応援TV」(JSPORTS)木曜21:00~
ナビゲーター

「グランドスラム中継」(WOWOW)
スペシャルコメンテイター

「愛‘sEYE」WOWOW tennis online連載

『緑効青汁』広告出演(アサヒ緑健)

『シュミテクト』広告出演(グラクソ・スミスクライン)

法人会広告出演

『prince』ウエア・ラケット使用(グローブライド)

ジュニア育成プロジェクト『RoadtoGrandSlam』

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。