河村 晴美

河村 晴美
お気に入りに入れる
Print Friendly, PDF & Email

河村 晴美 (かわむら はるみ)

有限会社ハートプロ 代表取締役
NHK 【クローズアップ現代】に放送された “叱りの達人”

講師カテゴリー

  • 経営・ビジネス
  • 人事・採用
  • ビジネス研修
  • リーダーシップ・マネジメント
  • 営業・接客・販売
  • ハラスメント
  • ビジネスマナー
  • 新入社員研修
  • モチベーション
  • 意識改革・気づき

出身地・ゆかりの地

京都府

プロフィール

国内NO.1自動車グループ企業の営業部隊を、売上向上、利益率アップ、さらにはCS満足度調査で全国64社中
5位に導く実績あり。新卒入社した音楽配信会社(株式会社大阪有線放送社)にて、社員数1万名中、女性営業職として3年目で6位の成績を上げた。その経験をふまえて、数字を上げながら、仕事に誇りをもつ仕事術、人財育成、組織強化を「伸ばす叱り方、折れる叱り方の違い」として、【人財5SR】=叱る・躾ける・信頼する・創造して・進化すると体系化。

さまざまな組織にて、現場指導を行い、売上・価値創造・本当の従業員満足を育てるしくみ導入を行う。金融機関、創業100年企業、一部上場の製造業、監査法人、大学病院、介護施設はもとより、国税局などの行政機関の実績も多数。

講演受講された電鉄グループ経営層からは「久しぶりの緊張感を伴う講演」と好評価。人事統括者からも、従業員の思考改革・行動改革に効果ありとの信頼を頂く。また、管理部門採用のベトナム人へ日本の商習慣、ビジネスマナー指導も行うなど、多方面で企業よりご要望に応える。

現在、京都女子大学のキャリアデザイン非常勤講師として教鞭も持つ。

講演テーマ

【「人材」を「人財」へ ~組織が最高最大に成果をあげる叱り方の極意~】
【部下が伸びる叱り方、折れる叱り方 7つのちがいとは】
【「パワハラ」と言われない! メンタルヘルスと部下のやる気を引き出す『叱り方』】
【組織強化の人財育成 ~『人財5SR』でみるみる部下が動き出す~ 『人財5SR』とは、叱る・躾ける・信頼する・創造して・進化する】
【仕事創造、価値創造 ~仕事を志事(しごと)に変える5つのコツ~】
【やる気を引き出す褒め方、叱り方の極意】

実績

<研修実績>
・JT日本たばこ産業、大阪国税局、武田薬品工業株式会社、富士ゼロックス愛知
・株式会社日立製作所 、株式会社兵庫トヨタ、優成監査法人、東京海上日動火災株式会社
・大阪市水道局、京都第二赤十字病院、国立病院機構 京都医療センター(旧 国立京都病院)
・倉敷中央病院、キリンマーチャンダイジング株式会社、東海交通機械株式会社(JR東海グループ)
・白鶴酒造株式会社、株式会社トヨタレンタリース岡山、JAバンク大阪、日本軽金属株式会社、株式会社カネカ
・三井生命保険株式会社、丸紅インテックス株式会社、大阪ガス株式会社、JA大阪、JA岡山
・大和冷機工業株式会社、株式会社パソナ、株式会社パソナキャリア、株式会社パソナ岡山
・大阪中小企業団体中央会、厚生労働省 京都人材銀行、エスエス製薬株式会社(特約販売店向け)  
・PHP研究所ゼミナール、関電不動産株式会社、兵庫県職員互助会
・西宮商工会議所、京都市教育委員会、社団法人 京都府看護師協会、福知山市立病院(医師、看護師長、看護師)
・学生援護会・山口学園(ECC専門学校 フランチャイズ)、石川県主催 再就職セミナー
・大阪各種専門学校連合会、福井県敦賀短期大学オープンセミナー、芦屋市、京田辺市、宝塚市 
・東京都 千代田区役所、大阪府 助成金緊急事業 若者雇用事業、北九州市 若者雇就労支援事業      
・岡山県 女性管理職育成事業、京都府 メンタルヘルス事業/職場改善事業、和歌山県メンタルヘルス事業
・倉敷市 若者就労支援事業・奈良県 若者就労支援事業

<行政機関主催パネルディスカッションのパネラー>
京都府山田知事と2回隣席 ジョブカフェ京都主催「若者の就職について」

<学会発表>
日本産業精神保健学会 演題:働く女性のため WIN-WINコミュニケーション

<資格>   
・産業カウンセラー     
・PHP研究所 認定 ビジネスコーチ    など

その他

■メディア出演
<TV> 
・NHK【クローズアップ現代】“叱りの達人“として放送 
・NHK京都放送局、KBS京都放送、西日本放送、KYRやまぐち放送 ラジオ   

<新聞・雑誌> 
・読売新聞、朝日新聞、サンケイ新聞、奈良新聞、中国新聞      
・公務員向けビジネス誌【安全と健康フォーラム】、カフェ『PRONTO』マガジン
・産業カウンセラー会報誌、転職情報誌【サリダ】、女性マガジン『シティリビング』(2011年3月号)   
・月刊誌『ベンチャーリンク』(2010年5月号)
・女性向け月刊誌『Pretty』(2010年1月号)