杉山 裕太郎

杉山 裕太郎
Print Friendly, PDF & Email
杉山 裕太郎 (すぎやま ゆうたろう)

魂のヴォーカリスト

講師カテゴリー

  • モチベーション
  • 意識改革・気づき
  • 人権・福祉・介護
  • 子どもの人権
  • 学校教育・PTA・育児
  • いじめ・不登校
  • インターネットリテラシー
  • 学生向け
  • 芸能・エンタメ・芸術
  • 音楽・映画

出身地・ゆかりの地

岐阜県 埼玉県

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

1974年 岐阜県生まれ。
少年時代は優等生だったが、大人に対する不信感から中学を境に非行に走り、
暴走族リーダーや薬物乱用など、人生のどん底を経験する。
23歳の時、親との和解を機に愛情に目覚めて再出発し、教師に憧れて大学へ入学。
首席で卒業、教員免許も取得したが、「歌で世の中の人たちに勇気を与えたい」と、
歌手としての音楽活動のために30歳で上京。
過去の経験を生かして、いじめ、自殺、虐待、非行、薬物乱用などの悲劇の抑止力となるため、
全国各地での『魂のうた講演ライブ』を通じて、ネット社会に警鐘を鳴らし、
“愛”と“絆”の大切さを強く訴えながら、人々に勇気と希望と感動を与え続けている。
このほか、CDや著書の出版、役者、TV、ラジオなどでも活動する傍ら、悩み相談や苦しむ人々のサポートにも尽力。
プライベートでは子煩悩なイクメンパパとして子育てにも奮闘中。

講演テーマ

【親子の絆~どん底の中で見つけたヒカリ~】

■ジャンル:青少年健全育成、人権教育、非行防止、児童虐待防止など
■対象:子供と関わる全ての大人の方々(PTA、教諭、補導員、保護司、市民会議など)
■内容:「家族」というものが機能しなくなりつつある現代のネット社会。本来、苦しい時に助け合うのが家族なのに、苦しいときに受け皿のない、人のぬくもりを知らない孤独な人間が、自殺、虐待、非行、犯罪と悲劇を繰り返す負の連鎖が続いている。この負の連鎖を、愛情の連鎖に変えていくためには、、、。
親の愛で立ち直った自身の更生体験を踏まえ、親の愛情・家族の受け皿・親子の絆の大切さ、コトバの持つ力と重要性を、歌を交えて訴える。大人が変われば子供も変わる!

【絆(きずな)~あなたはもっと自分を愛せる~】

■ジャンル:薬物乱用防止
■対象:子供から大人まで全ての方々(学校、市町村、福祉関係、社会団体など)
■内容:「どうせ俺は愛されていない」「どうせ俺なんてどうなってもいい」「どうせ、、、」。
そんな孤独で自暴自棄な感情から、薬物に走り、身も心も滅ぼし、どん底に堕ちて行った過去の自分、、、。
「俺と同じ過ちを若者たちに繰り返して欲しくない!」。今や学生や主婦、教師、芸能人などが乱用し、ネットでも簡単に手に入ってしまう薬物の問題を、自身の壮絶な実体験を語りながら、薬物の恐ろしさと、自分を大切にすることの大切さを歌を交えて訴える。(ダメだけでは足りない!なぜダメなのかが大事!)

【愛は夢を叶える~ネット社会を生き抜く君たちへ】

■ジャンル:キャリア教育、人権教育など
■対象:中学生~40代までくらいの若者(学校、企業、青年団体など)
■内容:人生に希望を持てないという若者が多い原因は、このネット・携帯社会のコミュニケーション不足の中で、家族を主体とした、人のぬくもり、愛情、傷みの感覚の欠如である。人は一人では生きられないし、一人では夢すら持つことも出来ない。この社会で夢と自信を持って生きていくためには、いかに人の支えが大きな力になるかを、歌を交えながら語り、若者たちへエールを送る。

【失敗こそが最大の財産~傷だらけの中に道がある】

■ジャンル:モチベーションアップ
■対象:中学生~40代のくらいまでの若者(学校、企業、青年団体など)
■内容:ネット社会によるコミュニケーション不足や経験不足が懸念される若者たちへ、自分のやりたいことや夢に向かって、失敗を恐れず挑戦する勇気をいかに持つか、歌を交えながら訴える。

【小中高向けスクールコンサート】

■ジャンル:スクールコンサート、音楽鑑賞教室など
■対象:小中高校生
■内容:音楽中心のスクールコンサートや音楽鑑賞教室として開催しています。歌の間のトークでは、愛や夢の大切さを分かりやすくお話しします。

実績

【メディア出演など】
◆映画『築城せよ』(2009年)
◆映画『さよなら夏休み』(2010年)
◆NHKニュース『おはよう日本』特集
◆NHK名古屋総合テレビ『さらさらサラダ』ゲスト出演。
◆TBS『ひるおび』
◆ぎふちゃん『フォーカスぎふ』・『ニュース5プラス』など多数出演。
◆週刊女性『人間ドキュメント』(主婦と生活社)に特集掲載。
◆『Business Media 誠』、『yahooニュース』に杉山裕太郎の半生が前後編で連載。
◆FM:NACK5にて特集番組、ゲスト出演、パワーセレクションなど多数。
◆岐阜FM(80.0)ゲスト出演。
◆bayFM(78.0)ゲスト出演。
◆AM岐阜ラジオ『土曜ラジオかわら版』にてレギュラー出演。
◆岐阜FMわっちラジオ『杉山裕太郎 魂のバラード』1年間放送。
その他多数

【主な講演実績】
全国の中学校、高校、PTA、青少年健全育成講演会、人権教育講演会、薬物乱用・いじめ防止講演会、社会を明るくする運動推進大会、更生保護大会等にて講演多数。

講演の特徴

講演例)90分の場合: 講演70分、歌20分
※講演の間に1曲ずつ、計4曲~5曲を挟みます。

その他

CDシングル『BIRTH』(2007年)
CDアルバム『SOUL VOICE』(2012年)
CDミニアルバム『今を生きる』(2012年)
CDシングル『ありのままを受け止めて』(2014年)

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

同じカテゴリーの講師一覧

いま注目の講演会講師一覧

  • 澤 円
    澤 円
    株式会社圓窓 代表取締役 元日本マイクロソフト 業務執行役員 武蔵野大学アントレプレナーシップ学部 教授【デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するために必要なマインドセット】
    講師候補に入れる
  • アキ・ソラーノ(Aki Alex Solano)
    アキ・ソラーノ(Aki Alex Solano)
    ・全米ヨガアライアンス協会認定最高師範(E-RYT500・世界最高峰ヨガ師範) ・西洋と東洋の知見を統合化【ディープマインドフルネス®️ヨガ】創始者 ・ハワイ生まれの【プラーナチャクラヨガ®️】創始者 ・ディープマインドフルネス開発者 ・ヨガ ヒーラー アカデミー ハワイ校長/オーナー(ハワイ州登録) ・一般社団法人ディープマインドフルネス脳科学協会 会長 ・Terra Hawaii Consulting LLC CEO(本社ハワイ州) ・「症状別3分ヨガレッスン」著者(ネコパブリッシング社) ・一般社団法人国連P.R.I.D.E日本 理事 ・米国医師団公認協会認定 国際アンチエイジング栄養コンサルタント(ニューヨーク州公認IAANAが認定する公式登録国際称号) ・ディープマインドフルネス・コーチ 【マインドフルネス(企業向け)】
    講師候補に入れる
  • 酒井 とし夫
    酒井 とし夫
    ・プロ講演家(累計講演回数1,000回超) ・ランチェスター経営認定講師 ・米国NLP心理学協会認定ビジネスマスター ・米国NLP心理学協会認定プラクティショナー ・米国NLP心理学協会認定コーチ ・GCS認定コーチングコーチ ・コミュニケーション心理学マスター【商売繁盛心理学 ~心理学を取り入れて売上げをぐんぐん伸ばす~】
    講師候補に入れる
  • 里井 真由美
    里井 真由美
    フードジャーナリスト 1級フードアナリスト【食の仕事がしたい人向け】
    講師候補に入れる
  • 山崎 裕樹
    山崎 裕樹
    社会保険労務士法人ネクステップ 代表社員 特定社会保険労務士 事業承継士【人事制度】
    講師候補に入れる
  • 岩本 沙弓
    岩本 沙弓
    Office『W・I・S・H』代表 金融コンサルタント/経済評論家 大阪経済大学経営学部客員教授【最新経済分析~日米経済の展望】
    講師候補に入れる

月間講師依頼ランキング

先月の講演依頼のお問合せが多い講師をランキング形式でご紹介

  • 1
    佐藤 弘道
    佐藤 弘道
    タレント/NHK「おかあさんといっしょ」第10代体操のお兄さん
    【ひろみちおにいさんと運動あそび教室】
    講師候補に入れる
  • 2
    安部 司
    安部 司
    食品ジャーナリスト
    【食品添加物の真実】
    講師候補に入れる
  • 3
    西元 有紀
    西元 有紀
    Plaisir 代表 一般社団法人CAネットワーク ホスピタリティコンサルタント 一般社団法人アンガ―マネジメント協会 アンガーマネジメントコンサルタント 一般社団法人日本ほめる達人協会 特別認定講師 株式会社原田教育研究所 認定パートナー、理想の職場デザイナー 日本メンタルヘルス協会 基礎心理カウンセラー メンタルヘルス・マネジメント検定II種・ラインケア資格
    【アンガーマネジメントで理解する「怒り」の感情】
    講師候補に入れる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。