桑田 真澄

桑田 真澄
Print Friendly, PDF & Email

桑田 真澄 (くわた ますみ)

元読売巨人軍・元ピッツバーグパイーレーツ投手

講師カテゴリー

  • モチベーション
  • 夢・希望・挑戦
  • 意識改革・気づき
  • スポーツ
  • 野球

出身地・ゆかりの地

大阪府 東京都

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

PL学園高で、同期の清原和博選手とともに「KKコンビ」と呼ばれ、 5季連続甲子園大会に出場、エースとして活躍。
高校卒業後、読売ジャイアンツへドラフト1位指名で入団。
プロ入り2年目から、2桁勝利、94年には年間MVPに選ばれる。
絶頂期であった95年に、右ひじ靭帯断裂のケガを負い、一時戦線離脱をするが、トミージョン手術を受け、97年に復帰。
02年には最優秀防御率。
「心の野球」を信念に、06年末、21年間在籍した巨人に別れを告げ、
07年、ピッツバーグ・パイレーツとマイナー契約、6月にはメジャーに昇格し、
ヤンキース・スタジアムで、メジャー初登板。
08年、現役引退。
10年、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士課程修了。
現在は、東京大学大学院総合文化研究科に在籍。スポーツ報知専属野球評論家、日本テレビ野球解説者。

1968年 4月1日、兵庫県生まれ
1983年 PL学園で1年から甲子園5回連続出場(2度優勝、2度準優勝、甲子園で20勝)
1986年 ドラフト1位指名で巨人軍入団
    5月25日、中日戦初登板
    6月5日、阪神戦で完投初勝利
1995年 右ひじ靭帯断裂のケガを負うが97年に復活を遂げる
2006年 12月、米メジャー挑戦のため21年間在籍した巨人軍を退団(通算173勝)
2007年 1月、ピッツバーグ・パイレーツとマイナー契約
    6月9日にメジャー昇格し、6月10日にメジャーで初登板(対ヤンキース)
2008年 3月、現役引退

講演テーマ

【試練は人を磨く】

高校時代から、甲子園に出場し、卒業後は読売ジャイアンツへドラフト1位で入団。
順風満帆な野球人生を送っているようにみえる桑田氏だが、一方では、右ひじ靭帯断裂の損傷など故障にも悩まされてきた。
また、38歳でのメジャー挑戦など、果敢に夢の実現に挑戦してきた。野球人生で、数々の試練を乗り越え、
自らを磨いてきた経験を語る。

実績

【プロ通算成績(日米)】
<投手成績>
登板461試合(173勝142敗14セーブ、完投118、完封21、1992奪三振、防御率3.59)
<打撃成績>
497試合(890打席、192安打、7本塁打、79打点、打率.216)

【PL学園時代成績】
甲子園5回連続出場(4回決勝進出、高校1年の夏、高校3年の夏の2度優勝、甲子園での投手成績:20勝)

【獲得タイトル・記録】
年間MVP(94年)
最多奪三振(94年)
最優秀防御率(87年、02年)
沢村賞(87年)
ベストナイン(87年)
ゴールデングラブ賞(87、88、91、93、94、97、98、02年)

【講演実績】
生命保険会社、製薬会社、通信会社、 商工会議所、青年会議所、高校・大学、その他多数

【テレビ】
TBS 「Jスポ」、「ブロードキャスター」、「NEWS23」、「みのもんたの朝ズバッ!」、「情熱大陸」
NTV 「いつみても波瀾万丈」、「行列のできる法律相談所」、「スポーツうるぐす」、「NEWS ZERO」
NHK 「おはよう日本」、「ニュースウオッチ9」、「NHKアーカイブス」
テレビ朝日 「報道ステーション」
フジテレビ 「World Basaballエンタテイメント たまッチ!」

【ラジオ】
ニッポン放送 「ゴッドアフタヌーン・アッコのいいかげんに1000回」、「テリーとたい平 のってけラジオ」
文化放送 「ライオンズナイター」、「吉田照美 ソコダイジナトコ」
TBSラジオ 「荒川強啓 デイ・キャッチ!」
J-WAVE 「LOHAS SUNDAY」

【掲載】
スポーツ報知など、多数

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。