小池 慶

小池 慶
Print Friendly, PDF & Email

小池 慶 (こいけ けい)

有限会社ジャパンオンラインスクール 代表取締役
株式会社プロシード・ラボ 取締役
東京和僑会幹事
プロ日本語教師養成セミナー主催者兼講師

講師カテゴリー

  • 経営・ビジネス
  • ダイバーシティ
  • グローバル戦略
  • 人権・福祉・介護
  • 平和・国際・異文化

出身地・ゆかりの地

神奈川県

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

明治学院大学国際学部(日本文化専攻)卒業。
大学時代は、ヨーロッパ、中米、アジアなど海外をバックパッカーで旅行する。
大学卒業後、住友商事系の保険代理店(現:住商インシュアランス株式会社)に入社。国内外の営業/リスクマネジメント業務を担当。同社勤務時代は分かり易い説明が好評で住友商事の新人研修講師を3年連続担当。
2004年3月、世界初のオンライン日本語スクール(ジャパンオンラインスクール)を設立。
2005年11月、同社法人化。
現在も日本語学習者のサポートを行う一方で約20人の講師を率いる。
また、東京和僑会の幹事も務め、日本企業のグローバル化に貢献したいと願っている。

《オンライン日本語学校》
ジャパンオンラインスクールは、世界初のオンライン日本語学校で、現在50か国以上のユーザーにご利用頂いております。
日本語学習者は世界中に約400万人いるとも言われています。ただし、世界人口約70億人に占める割合で言うと、たったの0.057%です。つまり、外国人から見れば、日本語を学ぶ=超マニアックなチャレンジ、なのです。
しかも、漢字や敬語があり、分かりにくい言語でもあります。日本語教育業界に構造上の問題が幾つかあるのも事実です。しかし、日本語学習者=日本に関心が高い外国人=日本企業の潜在的なお客さま/ファンとも言えます。
日本企業がグローバルで成功するためにも、この日本語学習者を現在の400万人から1000万人位に引き上げたいと思っています。
そのためには、
・新規学習者を増やす(戦略、マーケティング面での取組みが必要)
・既存学習者の学習継続率を上げる(カリキュラム、学習環境面での取組みが必要)
の両面からのアプローチが必要ですので、このスクールを通じてチャレンジして参りたいと思っております。

《東京和僑会》
以下の数字はライバル国の「僑=海外に出ている人数」の数です。

国(名前)   :「僑」の数 :総人口      :「僑」の割合(人口比)
?????????????????????????????????
中国(華僑)  :50,000,000 :1,348,926,313  :3.71%
インド(印僑) :20,000,000 :1,224,514,327  :1.63%
韓国(韓僑)   :7,000,000  :48,183,584    :14.53%
日本(和僑)   :1,000,000  :126,535,920   :0.79%
?????????????????????????????????

中国、インドは言わずもがなですが、サムスンなどに代表される韓国企業もグローバルビジネスで伸びています。人口5000万人弱で700万人が海外に出ているのですから、強くなる理由があります。
一方、日本は「内的な国である」ことが上記の数字からもご理解頂けるかと思います。
東京和僑会が掲げる理念の1つに「未来の日本人のために、海外にチャレンジしやすい環境を!」というものがあります。0から事業を立ち上げ、50か国以上のユーザーを獲得してきた経験が、少しでもそのような所で役に立てばと思っています。

講演テーマ

【日本人の心をつかむヒアリング術】
【日本で活躍できる外国人ビジネスパーソン】
【日本人の心をつかむ交渉術】
【日本人の心をつかむプレゼンテーション術】
【異文化コミュニケーション】
【ダイバーシティマネジメント】
【グローバル人材育成術】
【日本で活躍したいなら「武士道」を学ぼう】
【最新の外国人教育】
【日本企業で活躍できる外国人人材(外国人社員向け企業研修)】

実績

日本アセアンセンター様(講演)
企業研修実績多数有り(東証一部上場企業含む)
企業研修リピート率89%
ワールドビジネスサテライト(テレビ東京・出演)
日経産業新聞掲載

講演の特徴

■ケーススタディ、ロールプレイ、ディスカッションを多く取り入れたアクティブ・ラーニング。
■クライアント企業のビジネスモデルに合わせた演習を導入。
■2000人以上の外国人を育ててきた実績。

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。