安達 阿記子

安達 阿記子
Print Friendly, PDF & Email
安達 阿記子 (あだち あきこ)

リーフラス株式会社 所属講師
ゴールボール女子日本代表選手 パラリンピック金メダリスト

講師カテゴリー

  • モチベーション
  • 夢・希望・挑戦
  • 意識改革・気づき
  • 人権・福祉・介護
  • 障がい・発達障害
  • 学校教育・PTA・育児
  • 学生向け
  • スポーツ
  • オリンピック・パラリンピック
  • その他スポーツ
  • ライフスタイル
  • ライフプラン・自己啓発(仮)

出身地・ゆかりの地

福岡県

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

1983年 9月10日生まれ、福岡県出身。14歳のときに病気のため右目が視覚障害になる。
      その後20歳のときに左目も視覚障害に。
2006年 国立福岡視力障害センターへ入所した際、ゴールボール競技と出会う。
      その翌年にはブラジルでの世界選手権、
2008年 北京パラリンピックに出場。その後も海外遠征で試合を重ねる
2012年 ロンドンパラリンピックの日本代表選手として選出され、本大会で悲願の金メダルを獲得。
      パラリンピックの団体競技における日本の金メダル獲得は史上初の快挙である。
2015年 IBSA ゴールボールアジア・パシフィック選手権大会優勝。
      決勝戦で決め手となる得点を入れる。
2016年 リオデジャネイロパラリンピック出場権獲得。

選手活動の傍ら、ゴールボールの普及や「心のバリアフリー」推進のため、各地での講演や競技体験会などを実施。自身のこれまでの人生から、「できること」に注目する重要性や夢を持つことの尊さ、あきらめないことの大切さを伝えている。アスリートとしてのストイックな姿勢を持つ反面、穏やかで謙虚な人柄により、学校での特別授業の人気が高い。

また、ゴールボールは視覚障害者向けの団体スポーツであるため、「声や音のみで正確な情報をチームメイトに共有する」ことが非常に重要である。その競技特性から、企業でのコミュニケーション力向上、チームワークビルディングのための研修にも用いられている。最近では、スポーツを通じて楽しみながらスキル向上が図れると注目を集めている。

講演テーマ

【夢に向かって】

病気の発症で視覚障害になり、ピアニストになる夢が絶たれ、絶望感から家に閉じこもりがちになる。
そんな時、母からの厳しい言葉により自立を決心。福岡視力障害センターでゴールボールと出会い、本格的に取り組むようになる。世界大会で試合経験を重ね、北京パラリンピックに出場するも結果を残せなかった。
その後、厳しいトレーニングを積み、ロンドンパラリンピックに出場。
金メダルを獲得するまでの道のりをお話し致します。

実績

2007年 第3回IBSA世界選手権大会出場(ブラジル・サンパウロ)
2008年 北京パラリンピック競技大会出場
2010年 アジアパラ競技大会2位(中国・広州) 2012ロンドンパラリンピック競技大会出場権獲得
2012年 ロンドンパラリンピック競技大会 女子団体ゴールボール 金メダル獲得
2014年 インチョン2014アジアパラ競技大会 銅メダル獲得
2015年 Malmo Lady Inter Cup2015Goalball tournament(スウェーデン:マルモ) 銅メダル獲得
      IBSA ゴールボールアジア・パシフィック選手権大会優勝(中国・杭州) 
2016年 リオデジャネイロパラリンピック競技大会出場権獲得

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。