伊藤 博文

伊藤 博文
お気に入りに入れる
Print Friendly, PDF & Email

伊藤 博文 (いとう ひろふみ)

伊藤半次「戦地からの絵手紙」館 館長

講師カテゴリー

  • 人権・福祉・介護
  • 平和・国際・異文化
  • 学校教育・PTA・育児
  • 学生向け

出身地・ゆかりの地

福岡県

プロフィール

1969年生まれ。福岡県福岡市出身。
祖父の伊藤半次が戦地から送り続けた色鮮やかな絵手紙を一般に公開したり、平和学習や講演を通じて、家族の大切さ、戦争の空しさ、平和の尊さ等を伝える活動を行っている。福岡市中洲中島町で老舗の提灯店を営んでいた伊藤半次は、1940(昭和15)年に27歳で招集され、旧満州に出征、戦地に赴きます。兵士として戦地に行った後も、離ればなれになった家族に対して愛情あふれる絵や手紙を400通も送り続けました。家族のことを思い浮かべながら想像して描かれた絵、軍隊生活での出来事や近況など、こまめに色んな事を伝えています。描かれた人物はほとんどが笑っており、家族一人一人を思いやり安心させようとしていたのが伝わってきます。愛する家族と暮らす平穏な日々を夢見ていた半次でしたが1945(昭和20)年の10月に沖縄へ転戦し、現在の沖縄県糸満市で32歳の若さで戦死しました。伊藤半次の手紙は、今を生きる私たちに平和のメッセージとして色々なことを語りかけてくれています。戦争体験者が減っている中、祖父の足跡をたどるため何度も沖縄を訪れ「元白梅学徒隊の方」「沖縄県平和祈念資料館の語り部」などとも親交がある。

講演テーマ

【伊藤半次「戦地からの絵手紙」で伝える ~家族の絆、平和の尊さ~】

先の大戦では、多くの尊い命が失われました。当時は、遠く離れた家族に思いを伝えるのにも、軍事郵便という手段で伝えるしかありませんでした。しかも検閲があり、伝えたい本当の思いもストレートに伝えることができませんでした。家族との再会を夢見ながら戦死した伊藤半次という一人の兵士が、遠く離れた家族に対して送り続けた手紙や絵手紙から、家族の大切さ、周囲への思いやり、平和であることのありがたさなどを伝えます。祖父の手紙は今を生きる私たちにたくさんのことを語りかけてくれます。※開催時に企画展が重なっていない場合、講演の際に実際の絵手紙の現物を見て頂くことも可能です。

実績

大刀洗平和記念館(企画展関連イベント)/九州産業大学(マスコミ文化論)/福岡市立百道浜小学校 特別授業(開戦の日 平和学習)/福岡市立春吉小学校 特別授業(開戦の日 平和学習)/九州文化学園高等学校(佐世保市) 原爆投下の日特別授業(全校生徒795名)/ライオンズクラブ337-A地区 レオクラブ地区会議 記念講演/長崎県立波佐見高等学校 原爆投下の日特別授業(全校生徒480名)/株式会社 縁(福岡市) 新入社員向け特別講習/大分県中津市立下郷浜小学校 特別授業(平和学習)/広島県三次市立川地小学校 特別授業(平和学習)/那覇市歴史博物館ギャラリー文化講座/福岡市市民福祉プラザふくふくホール特別講演/沖縄県那覇市那覇小学校 特別授業(全校生徒450名)/沖縄県糸満市大度公民館平和講座/福岡県糟屋郡久山中学校 平和講和(全校生徒400名)/長崎県立川棚高等学校 原爆投下の日特別授業(全校生徒450名)/福岡北ロータリークラブ卓話/東大阪市人権教育研究会

講演の特徴

小学生、中学生、高校生、一般の方々、幅広い世代に向けて、戦争を悲惨さや怖さからではなく、子どもから大人まで、家族の大切さ、人を思いやる気持ち、仲間を大切に思いやる優しさなど様々なことに気づかせてくれる内容です。

動画

その他

<主なメディア出演>
NHK福岡放送局、NHK全国ニュース(12月8日)
RFB毎日放送【特集】戦地からの絵手紙で平和考える(12月9日)
FBS福岡放送【特集】家族へ・・戦地からの絵手紙)(12月17日)

<那覇市歴史博物館 企画展>
http://www.rekishi-archive.city.naha.okinawa.jp/archives/92891

他多数