安田 智洋

安田 智洋
Print Friendly, PDF & Email

安田 智洋 (やすだ ともひろ)

大学教授
博士(理学)
健康運動指導士
加圧インストラクター

講師カテゴリー

  • 医学・医療・健康
  • 健康・運動

出身地・ゆかりの地

神奈川県

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

「最悪に備えて、最善を尽くす」を信念とし、無理のない効果的な健康増進法を研究する大学教授。東大医学部教員(博士号審査員)といった経験をもとに、スポーツ・医学・教育学を多面的に捉え、わかりやすく統合する指導に定評がある。

<職歴・経歴>
神奈川県生まれ。青山学院大学卒業。東京都立大学大学院で博士号(理学)取得。
2007年に東京大学へ入職し、医学部附属病院や新領域創成科学研究科を拠点に健康・スポーツ科学の研究を8年間担当。東京大学医学部では教員を務め、東大医師の博士号審査員も担当。
2014年に第6回東大病院経営改善提案プロジェクト報告会で最優秀賞を受賞(共同研究者)。
2015年に聖隷クリストファー大学(准教授)に異動し、2019年から同大学教授に就任。
スポーツ科学と医学をつなぐ学際的な論文を多数発表するなど、研究者・大学教授としてキャリアを積む。

講演テーマ

【【体験型】寝たきりを予防する!~人生100年時代に向けて体力をチェックしよう  ~】

【想定する受講者の説明】
健康に関心がある方、60歳以上の方、または60歳以上の方と同居されている方など

【受講者へ提供する価値・伝えたいこと】
あなたは、将来「寝たきり」にならない自信がありますか?健康長寿(寝たきり予防)に向けて、簡易評価を用いて自分の現状を把握することを目的とします。フレイル(虚弱)・ロコモティブシンドローム(運動器症候群)・サルコペニア(加齢性筋肉減少症)に対する理解を深めてもらうことができます。

【人生100年時代の多様な筋力トレーニング ~加圧・スロトレなど~】

【想定する受講者の説明】
スポーツトレーナー、医療従事者など

【受講者へ提供する価値・伝えたいこと】
筋力トレーニングは、一般の人こそ実施する価値があります。皆様は筋トレの仕方を正しく理解しているでしょうか?健康長寿を考える上で、サルコペニア(加齢に伴う筋萎縮)の対策は必須となっております。最も効果的なのは筋力トレーニングですが、最新の研究成果をもとに、現在考えられる4種類の筋力トレーニンのメリットと課題をわかりやすく紹介します。 *講演終了後、希望者は加圧トレーニングを体験することができます。

【加圧トレーニングの正しい活用法  ~研究成果を正しく現場に活かす~】

【想定する受講者の説明】
加圧トレーニングに興味のある方、トレーナー、指導者など

【受講者へ提供する価値・伝えたいこと】
発明者である佐藤義昭氏(日本加圧トレーニング学会会長)が、長い歳月を費やし、試行錯誤と研究を重ね、現在の加圧トレーニングが生まれました。国内では東京大学をはじめとする研究機関で様々な研究論文が発表されており、その後、国外でも数多くの研究成果が報告されています。現在は、アメリカ航空宇宙局(廃用性筋萎縮の目的など)やアメリカ国防省(リハビリテーションや予防医療の目的など)でも研究が展開されている。ここでは、講師が東京都立大学・東大・獨協医大で加圧トレーニ
ングを研究していた成果を踏まえ、加圧トレーニングの理論や効果について、わかりやすくお伝えしたいと思います。

【研究力も武器になる ~トレーナー・医療従事者のキャリアを飛躍させるコツ~】

【想定する受講者の説明】
スポーツトレーナーや臨床現場で仕事をしている医療従事者の方

【受講者へ提供する価値・伝えたいこと】
他の同業者と差別化を図るために、「研究力」が果たす役割や、研究のコツを紹介します。また、データを取るための方法、研究発表について、簡単にわかりやすくお伝えします。

実績

東大病院、立命館大学、神奈川県医師会、清瀬市商工協同組合、浜松市と大学の連携事業、神奈川県柔道整復師協同組合、日本体力医学会、日本体育学会、日本再生医療学会、日本抗加齢学会、日本心臓リハビリテーション学会、日本加圧トレーニング学会、三菱UFJ信託銀行健康保険組合セミナーなど、教育・医療・地域・企業のニーズに応える講演活動も多数行っている。

講演の特徴

講演のスタイルにより、以下の2つの形式を取っています。

■講演形式
聴衆は座学スタイル。当日に配布資料を渡し、講師はスライドによる講演をします。

■体験型(受講者は簡易チェックで自分の健康度を調べられます。)
(1)講義(概要説明)15分 
 実践につながる、運動に関する基礎的な説明をします(スライド)。
(2)実践(体験)30分~40分程度
 測定場所で、聴衆(参加者)は簡易測定をし、記録します。
(3)講義(解説)15分
 自分の記入したものを見ながら、講師が説明をします(スライド)。

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。