三好 雄介

三好 雄介
Print Friendly, PDF & Email

三好 雄介 (みよし ゆうすけ)

えひめ中小企業研究所 代表
"人"に焦点をあてたコンサルタント
カウンセラー

講師カテゴリー

  • 経営・ビジネス
  • 経営論・組織論・経営哲学
  • 人事・採用

出身地・ゆかりの地

愛媛県 宮城県

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

2006年 大学在学中に陸上自衛隊に入隊
2009年 陸曹昇任課程を首席で卒業
2010年 新入隊員教育を担当
2011年 東日本大震災に派遣(宮城県名取市)
2012年 国際平和維持活動に参加(国連ハイチ緊急援助隊)
2014年 自衛隊愛媛地方協力本部で広報・隊員の募集を担当
2018年 陸上幕僚長より勲章を授与
2020年 マテリア株式会社 店長兼営業部長として就職
2021年 えひめ中小企業研究所を創設

大学では心理学を専攻し、教育・広報・募集・営業・販売と"人"に関わる仕事に人生を捧げてきました。
自衛隊では『一番下の階級』から最短で昇任し続け、現場とリーダーとのギャップを改善する方法を確立。
教育、リーダーシップ論、モチベーション管理など"人"に焦点を当てたコンサルタントとして愛媛県内で活躍中。

講演テーマ

【進化する企業とは】

社会情勢に関わらず"進化"していく企業の共通点とは
経営理念と現在の経営者・社員自身の理念が一致している
この理念の一致には採用・教育・評価の3つの視点から組織を
見直す必要がある。
3つの要素それぞれの問題点・解決方法の例を紹介し、
どの要素が今所属する組織にかけているか個々に分析する

【組織は最初から最後まで"人"】

コロナで生活習慣は変われど、"人"との接点をなくすことはできなかった。
どんなにIT化が進もうとも"人"には"人"が必要なのが証明された
今後、企業・組織として仕事にやりがいを持ってもらえるには個人の価値観の調査と価値基準にあった人事評価制度が必要
その作成のポイントと運用上での注意点を紹介・指導

【コンサルタント活用のすすめ】

1 情報過多の時代、情報不足ではなく正確な情報の見極めの方が課題と
  なり成功経験者の意見が必須
2 優秀な社員に業務が集中できない時代(労基関係)になってきた
3 必要な分野の専門家を必要な時期にチームの一員とできる
4 時代の変化に対応するため、企業体質など客観的な意見が必要
5 経営者目線での課題と従業員目線での課題のギャップを埋めることが
  できるのは第3者
6 2代目3代目経営者の信頼できる右腕として活躍

【自衛隊での価値観と企業での価値観】

価値観とは今までの経験であり、環境である。
これからの時代は『共通の価値観』を作り出せる組織が生き残る時代
共通の価値観の例
共通の価値観の作り方
共通の価値観を取り入れる上での注意事項
を自衛隊での指導法・教育法を元に紹介

実績

平成29年 一般社団法人「雲の会」にて
『自衛隊とリーダーシップ論』について講演

講演の特徴

自衛隊での完成された組織論をどのように企業に取り入れていくかを熱弁するスタイル。講演途中での質問は大歓迎であり、参加者のニーズをすぐに講演内容に反映させていき、参加者の心に刻まれることに重点をおいています。私の講演は"きっかけ"になる講演です
目標とする講演家は『鴨頭嘉人』先生です。

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。