細田 智也

細田 智也
Print Friendly, PDF & Email
細田 智也 (ほそだ ともや)

コニシエット代表
市議会議員

講師カテゴリー

  • 人権・福祉・介護
  • LGBTQ
  • 学校教育・PTA・育児
  • 学生向け

出身地・ゆかりの地

埼玉県

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

1991年 埼玉県生まれ
2014年 大学在学中に戸籍の性別変更完了
2016年 帝京大学医療技術学部臨床検査学科卒業
     第62回臨床検査技師国家試験合格
2016年 男性の臨床検査技師として公立病院に就職
2017年 入間市議会議員一般選挙 25歳最年少で初当選
女性から男性に戸籍を変更し議員となったのは、世界初
国内外のメディアからも取材を受け話題を呼んだ
現在は、様々な学校や企業で、当事者として現在に至るまでの人生談やLGBTの基礎知識に関する講演の講師や人権講師としても活動中である
議員としては、LGBT当事者としてLGBTに関する課題のほか、障がい者の方々など少数派に視点を当て取り組んでいる
2020年 英国の非営利団体「One Young World」が年間最優秀政治家15人を発表。「地域社会の若者に好影響を与える」として、そのうちの1人に選ばれた
2021年 入間市議会議員選挙 29歳現職最年少 2期目当選

講演テーマ

【自分らしく生きる ~私の選んだ道~】

トランスジェンダーの一当事者としての経験をもとに、「LGBTの基本知識」「“性”の多様性」「見えない差別と見えないリスク」などを含め、性的マイノリティについて分かりやすくお話しさせていただきます。「どんな生き方をしているのか」など、『同じひとりの人間』として考えてみませんか?
“性”の偏見を取り払い、一緒に“男らしさ・女らしさ”を 改めて考えてみませんか?

【「ふつう」ってなんだろう? ~性的マイノリティから考える人権~】

2020年春、某大手企業が6万人を対象にスクリーニング調査を行ったところ、8.9%がLGBTQ+であると回答したとの報告がありました。これは日本で7%程度とされる左利きや血液型AB型の人たちとほぼ同じ割合となります。想定外に多いと言われているLGBT当事者と、「会ったことない」と思われている方は、会ったことがないのではなく気づいていないだけかもしれません。『いない』のではなく『見えていない』という現状があります。「LGBTってなぁに?」など、まずは「知ること」から始めてみませんか?

【互いを尊重できる社会へ ?~マイノリティを力に変える~】

学校等で講演を行う度に、私の元には「自分もそうだが誰にも言えない」「自分の兄妹は障がい者で、周りと違うといつも思っていた。だけど、今日の話を聞いて自分らしく生きていいんだと思った」といった感想を頂きます。性や障害・貧富の差など、誰しもが何かのマイノリティを抱えているかもしれません。トランスジェンダーである自身の経験と知識をもとに、誰1人同じ人間はいない。
性的マイノリティをベースに「自己肯定」ついても お話しをさせていただきます。

【学校現場×LGBT】

13人に1人の割合と言われるLGBTQ+。40人クラスならば3人はLGBTQ+の子どもがいることになります。
2015年春、文科省が全国の国公私立の小中高校などに、「LGBTの子供について配慮を求める通知」を出すなど教育現場においても、その関心が高まっています。
実際、学校で講演を行う度に、私の元には生徒から「自分も もしかしたら?」「当事者の生徒にどう対応してよいのかわからない」といった声をいただきます。本テーマでは、性同一性障害(トランスジェンダー)である自身の経験と知識をもとに、性の多様性と学校におかれたLGBTに対する配慮や、当事者からカミングアウトを受けた際の対応の仕方などについてお話しします。実際にLGBT当事者と生徒の出会いを通じ、ありのままに生きる自由について話します。

実績

【講演先/研修実績】
・行政機関(市町村、各課職員研修)
・教育委員会他教育機関(教職員向け研修会、校長会など)
・学生向け(大学、専門学校、高等学校、中学校、小学校)
・地域、保護者、PTA会、
・企業研修・各種団体
・各種イベント
・大使館シンポジウム登壇
・Pride and Prejudice Hong Kong 2018 (多様性のある社会について)
など各地にて、多数の実績・経験あり

【主なメディア掲載実績】
NHKニュース(首都圏・全国版)
調布FM、FMチャッピー、ラジオ川越のラジオ
The New York Time/ The Independent/NBC News/ AERA/
読売新聞「彩人伝」/ 朝日新聞「ひと」/埼玉新聞/東京新聞/日経新聞/
毎日新聞/ 山梨日日新聞/ LGBTER他多数掲載

講演の特徴

パワーポイントのスライドに合わせてお話させて頂きます。
LGBTの当事者が、どのような葛藤の中、生きているのかなど「体験談」を交え、身近にいる性的少数者の人たちを知って頂く事。
基礎的な内容と具体的にどのように対応すればいいのか?という内容で講演をしております。

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。