高野 暢子

高野 暢子
Print Friendly, PDF & Email

高野 暢子 (たかの ようこ)

一般社団法人たわわの里プロジェクト 代表理事
俳優メソッド研究所 代表

講師カテゴリー

  • 政治・経済
  • 地方創生・地域活性
  • 安全大会
  • コミュニケーション
  • モチベーション
  • 意識改革・気づき
  • SDGs・ESG
  • SDGs環境
  • 人権・福祉・介護
  • 平和・国際・異文化
  • 芸能・エンタメ・芸術
  • アナウンサー・MC
  • 漫才・落語
  • ライフスタイル
  • 終活
  • ライフプラン・自己啓発(仮)

出身地・ゆかりの地

大阪府 岡山県

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

はじめまして、鳥人間コンテストで「ただいまの記録は~♪」とやっていたのは私です。
今年はNHK朝ドラ次回作「カムカムエヴリバディ」に出演&岡山弁指導で撮影所に通う毎日。
と同時に、岡山の実家の里山の環境整備をして里山テーマパーク「たわわの里」を運営するという
二拠点生活をしています。

とはいえ、本業は女優&アナウンサー業ということで
人前で話す仕事の生の現場で体験しているセリフ術やトーク術を、
一般の方々に役立てて頂くセミナーや講演、ビジネス研修を行っています。
かつての私もそうでしたが、なんと90%以上の日本人が
人前で話すことに苦手意識をもっているという現状には驚きです。

その原因はというと、
俳優養成所で長年指導してきた経験と実証からひもとくに、
幼稚園や小学校でのある経験に起因しています。
日本人なら100%やった事のある経験....。私はそれを
「魔法にかけられた」と言っていますが、その事が原因で、
日本人は人前で話すのが苦手、あがり症、コミュニケーション下手と
思い込んでいるのです。そう!思い込んでいるだけなのです。
その思い込みから解消されて、(魔法を解いて)
全ての日本人が人前で楽しく生き生きと喋れるようになるために
活動を続けてまいります。

大学在学中に関西俳優協議会最優秀新人賞を受賞し女優としてのデビューを飾る。
その後タレントとして「11PM」「ヤングリクエスト」「鳥人間コンテスト」など
ワイドショーやバラティ番組にレギュラー出演しながら、番組構成やシナリオの執筆も
手がけるようになり、平成16年にはNHKラジオドラマ懸賞に等に入賞。脚本家として
も高い評価を得ている。また後進の指導を通して培ったノウハウを基に、自己表現の苦手な
社会人を対象としたドラマセラピーやセミナー、呼吸法を重視した朗読講座なども人気である。

最終学歴:奈良女子大学文学部 
特技:三味線、新内浄瑠璃、日舞、
資格:愛玩動物飼養管理士、キャリアコンサルタント

■主なレギュラー番組
読売テレビ「鳥人間コンテスト大会アナウンサー」/NHK「昼のプレゼント」「おしゃれ工房」
朝日放送「ヤングリクエスト」「あっちこっち丁稚」「必殺仕事人」
■主な舞台歴
松竹座「銀のかんざし」(藤山直美)/「大阪恋情話」(藤山直美)/
「恋心のアドレス」(文化庁最優秀新人賞受賞作)/「茶館」(日中合同公演)/
「頭痛肩こり樋口一葉」(関西俳優協議会)/好色一代女(芸団協関西)/「大阪夏の陣」
■脚本・演出歴
千里ニュータウンFM放送開局から番組のプロデュースに関わる
読売テレビ ミニドラマ「黄金の法則」ABC「OH!天気」「おはよう6」
■その他
しんかなCITYイベントプロデュース/女性サロン/しんかな寄席/第1回国際どうぶつ映画祭

講演テーマ

【あなたの言葉はなぜ伝わらない?女優が明かす伝え方の極意】

あなたはビジネス現場で「書き言葉」で喋っていませんか?
肝心な時にうまく伝わらない、思いが届かないと感じることはありませんか?
おまけにスラスラ喋れないことを悩んだり―――――。
それこそが多くの日本人が陥っているトラップ、
「書き言葉」と「話し言葉」の違いからくるコミュニケーションギャップです。
「書き言葉」は書き手の思いだけで成立(自己完結)しているもので、
喋る相手を想定していません。
コミュニケーションとは自分が「発信」しながら、
相手の反応を「受信」することで成り立っているのですが
(相手の反応によって、言い方を変えたり、かみ砕いたり補足したり)
原稿を書くときにはそれをしないので一方的な発信になってしまうのです。
またそれなりの方法を学んでこなかったことも原因です。

一方「話し言葉」は、1対1でも1対多でもZOOMなどでも
話す相手に対面して思いや考えを伝えるところが大きく違います。
(「発信」「受信」が繰り返される)

もう一つ、「話す」という行為には
息が介在するという点が重要な要素となります。
大前提として、話し言葉では息を介在して
「話す瞬間に思った事がそのまま伝わる」
と言うメカニズムをもっています。
そのため、書いた原稿をそのまま読んでしまうと、
間違えないように読もうという気持ちが
吐く息とともに出てきてしまい、
内容が伝わらないという結果になってしまうのです。

本講座ではこうした「書き言葉」と「話し言葉」の決定的な違いを体感する
独自のメソッドを用いて、あなたの「聴く力」「話す力」「届ける力」を
格段に上達させ、プレゼン力、営業力の向上を実現させます。

実績

18年~  大学就活生向け研修「返事一つで好印象をもたれる話し方」
‘13年12月大原学院講師向け講演会「好印象をもたれる話し方――就活編」
‘12年09月「人生はCHACHACHA(チャンス・チェンジ・チャレンジ)」
‘10年01月ビジネス交流会「女優が明かす伝え方の極意」
'09年04月 ビジネス交流会WS×WS「人前に出るとあがるという魔法を解く方法」
‘05年06月キックオフ関西交流会「人前に出ると上がるという魔法を解く方法」
'03年02月 武雄市教育委員会人権フェスタINたけお「心を傷つける心の貧しさ」
'03年10月 群馬県環境生活部人権問題講演「心を傷つける心の貧しさ」
'02年06月 峰山市教育委員会ふれあい広場「心を傷つける心の貧しさ」
‘02年02月香川県琴平町「心を傷つける心の貧しさ」
'01年03月 市立泉佐野病院看護部しらゆり会講演会「自分をプロデュースする3つの扉」
'01年03月 能都町生きがい教育課生涯学習講演会「人生はCHACHACHA(チャンス・チェンジ・チャレンジ)」
'00年12月 大阪市此花区区民教育課人権週間講演会「心を傷つける心の貧しさ」
'00年02月 七尾市教育委員会人権のつどい「心を傷つける心の貧しさ」
‘99年05月京都造形大学「「自分をプロデュースする3つの扉」

講演の特徴

カリキュラムとしては以下の通りです。
内容はその都度、ご要望によってカスタマイズいたします。

目的ーーー「自分らしく楽しく話せるようになる」
目標ーーー「しゃべるように話す」

・「話し方(表現法)」ではない「話し言葉」のメカニズムを知る
   理想の自分をイメージし目標を設定する
・自己概念の探求~自己効力感の高め方を体得ワーク

(1)滑舌も印象もグンとよくなる俳優的発声法・笑顔体操
発声練習、ストレッチ、呼吸法、脱力法など

(2)苦手意識がなくなるストレスのない記憶術
丸暗記ではない覚え方のメカニズムをゲーム形式で体得する

(3)使う言葉は3つだけ、本音を引き出すリポーター的傾聴術
3つの短い相槌だけで話を引き出す方法を体験ワーク

(4)ミニドラマ・漫才で体得するコミュニケーション術 
相手を信頼し、②大きな声を出して、③相手の言葉を聞く力を身に付ける
3ステップで会話術は驚くほどうまくなります。

(4)あなたの何が伝わるか、俳優の役作りと営業トーク
10通りの「ありがとうございます」を相手に届けるワーク

成功する要因には、技術・ノウハウ・コツなどの「技能的要因」と、
心構え・思考習慣・自己イメージ等の「心因的要因」にわけられます。
その割合は「心因的要因」は80%なのに対して「技能的要因」は20%に過ぎません。
にもかかわらずほとんどの方が、ちょっとしたコツや技術を学びたがるのは
何故でしょうか?学ぶ側も教える側も、その方が楽だからです。
しかしせっかく技術を学んでも、肝心の心因的要因が身についていなければ、
それを充分に活かすことはできません。
本セミナーでは、自分の成果を一つずつ確認しながら次のステップへ進むよう、
にカリキュラムを組み込んでいます。

著書

あなたの言葉はなぜ伝わらない?女優が明かす伝え方の極意(電子出版)

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。