松田 宣浩

松田 宣浩
Print Friendly, PDF & Email

松田 宣浩 (まつだ のぶひろ)

プロ野球選手 / 福岡ソフトバンクホークス

講師カテゴリー

  • モチベーション
  • 夢・希望・挑戦
  • 意識改革・気づき
  • 医学・医療・健康
  • 健康・運動
  • 学校教育・PTA・育児
  • 学生向け
  • スポーツ
  • 野球

出身地・ゆかりの地

滋賀県 福岡県

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

生年月日:1983年5月17日 
身長/体重:180㎝/87㎏
出身地:滋賀県草津市
出身校:中京高‐亜細亜大
チーム:福岡ソフトバンクホークス
投/打:右/右
ポジション:内野手
趣味:買い物、格闘技観戦、ドライブ

滋賀県草津市出身。小学校2年生の時から野球をはじめ、中京高校時代は二年生の時、双子の兄とともに第82回全国高等学校野球選手権大会に出場。亜細亜大学を経て、2006年に福岡ソフトバンクホークスに入団。
2008年から三塁手のレギュラーとして定着し、以降はチームの主軸として活躍。
2010年、2011年のリーグ連覇に貢献する。
2013年にはWBC日本代表に選出され初の国際大会に参加。
2014年、2015年には選手会長としてソフトバンクホークスを日本シリーズ優勝に導いた。
2015年には35本塁打、94打点とキャリアハイの成績を残しメジャー移籍を視野にFAを宣言をするも最終的には王貞治球団会長の要請を受けホークスに残留した。
打撃・走塁に加え守備にも定評があり、2011年、2013年~2015年と4回のゴールデングラブ賞に輝くなど、走攻守3拍子揃った選手として高い評価を受けている。
またホームランを放った後などに叫ぶチームスローガン「熱男!」のフレーズは今やチームだけでなく松田本人の代名詞となる。
活躍は野球界のみならず2016年には「アスリート ドレッサー アワード2016」を受賞。
ホークスだけでなく、侍ジャパンでも中心選手、そしてムードメーカーとして圧倒的な人気を誇る、日本を代表する選手である。

講演テーマ

【熱男のことば ~球界最高のモチベーターが実践する究極のポジティブマインド 《企業向け》】

・緊張と集中力
・苦しい場面や逆境の時への精神面の対処
・試合へのモチベーション、コントロール、原動力となるもの
・ホームランを打った際、「熱男!」など等とパフォーマンスする理由とは
・結果を出す為に心掛けていること、やりがいなど
・健康維持の為に大切な事、メンテナンスなど
・ポジティブ思考な訳とは
・チームとしての自身の立場、監督・コーチとの関係
・結婚をへて、父親となってから変わったこと
・オフシーズンの過ごし方、リフレッシュ方法

【野球を通じて得たもの~日々心掛けている「勝利」と「成功」の法則とは~ 《企業向け》】

・「勝利」や「成功」とは何か、自身の現状

【野球を通じて学んだセルフケア、コントロール、トレーニング 《アスリート、学生向け》】

・野球のトレーニング法、自身の練習法
・健康維持の為に欠かさずしている事
・「チーム」という中での、役割や大切なこと
・シーズン中のメンタルコントロール、ルーティンなど
・オフシーズンの過ごし方

実績

<主な戦績>
2013年 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表
2015年 WBSCプレミア12 日本代表
2017年 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表
2019年 WBSCプレミア12 日本代表

<主な表彰>
・ベストナイン:1回 (三塁手部門:2018年)
・ゴールデングラブ賞:7回 (三塁手部門:2011年、2013年 - 2018年)
・スカパー!ドラマティック・サヨナラ賞年間大賞:2回 (2011年、2014年)
・月間サヨナラ賞:2回 (2013年3・4月、2015年3・4月)
・ベスト・プラウド・ファザー賞 in 「プロ野球部門」(2013年)
・日本生命セ・パ交流戦最優秀選手賞(MVP)(2019年)
・史上44人目の通算300号本塁打を記録(2021年)

<メディア>
テレビ朝日「GET SPORTS」
テレビ朝日「夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ」
フジテレビ 「VS嵐」
テレビ朝日 「中居正広のプロ野球魂」
日本テレビ 「中居正広の6番勝負」
ニッポン放送「松田宣浩のマイチャレンジ」
幻冬舎「ヤング・ゲーテ」
日之出出版「SAFARI」(表紙、タイアップ等複数回)

講演の特徴

モチベーションアップの話を中心に講演いたします。

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。