平澤 摩湖

平澤 摩湖
Print Friendly, PDF & Email
平澤 摩湖 (ひらさわ まるこ)

組織こうどう研究所 代表者
ビジネススキル能力開発トレーナー


「職場のハラスメント防止 オンライン研修」2022年6月収録

講師カテゴリー

  • ビジネス研修
  • リーダーシップ・マネジメント
  • コミュニケーション・世代間ギャップ
  • コーチング
  • 営業・接客・販売
  • ハラスメント
  • 新入社員研修

出身地・ゆかりの地

東京都 大阪府 広島県

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

一度の人生を笑って過ごすことに夢中の研修講師。
ふたりの子どもはすでに自立して、残りの人生の過ごし方を計画中。
ライフワークは「相手と共にあろうと試みる」こと。
ずっこけたり、喜んだりしながら、日々を実感しながら奔走している。

2000年8月 コーチとして独立・研修講師として活動開始
2007年から 大学非常勤講師を2大学で通算14年間つとめる
2014年には専門書「オフィスコミュニケーショントレーニング」執筆(改訂版2018年)
研修実績は、大手電気メーカー・大手人材派遣会社・製造業・社会福祉法人・行政・人事院など480社以上(累計:専属契約含む)。1to1コーチングも360人以上に実施。最長クライアント年数は8年。

研修の主なテーマは、リーダーシップとマネジメント。
プログラムの切り口は「コミュニケーション」。
具体的には、リーダーはどのような言葉を用い、どのような非言語によって、フォロアーに方向づけを行い、目指すものに向けて導いていくのかをプログラム化してトレーニングスタイルで研修を実施。
とかくリーダーとフォロアーの関係がギクシャクしがちな要因である「話し方」「伝え方」「関わり方」を、影響言語を習得することで関係が良くなるスキルに書き換えていこうとするプログラム。
□リーダーシップコミュニケーション(1to1のコミュニケーション)
□チームワークを高めるコミュニケーション(チームのコミュニケーション)
□ビジネスコーチングコミュニケーション(コーチングとコミュニケーション)
など「部下育成」と「チームワークを高める」の場面でご活用いただいている。

その他にも、
背景にコミュニケーションの問題が指摘されている、
□職場のハラスメント研修
お客様との信頼関係を構築しながら商品をお薦めしていく、
□販売トーク研修
など、関係を構築するための「話し方」「伝え方」「関わり方」を用いたプログラムも人気。

2020年5月からは「オンライン」での研修サービスも開始して、
現在、週に4~5日のオンラインセミナーやミーティングを実施している

講演テーマ

【信頼関係の構築】

良質な関係性が作られていると、そこには、安心・信頼・好感の3つの感情が芽生えて育まれると言われています。これが、信頼関係が築かれている状態です。そして、信頼関係の築き方としてこの研修でご紹介するのが「ペーシング」です。
ペーシングというスキルを身につけることで、短い時間で相手の警戒心を緩めて、安心感や親近感をもってもらうことができます。特に、職場、そしてお客様との関わりの場面で活用できます。その中でも、初めてあった人との関わりがスムーズになることを実感していただけます。

【影響言語のリーダーシップ】

同じことを言われても、Aさんに言われると受け入れられるのに、Bさんに言われるとなんだか引っかかるのよね。ということはないでしょうか。
一見、「相手の性格の問題」と捉えがちなこの現象ですが、実は「言葉の使い方の問題」が大きく関係しています。
「いつもあの人の話は引っかかるからその人を避けがちになる」という場面では「いつも引っかかるような話し方をする」ことがあるわけです。
この研修では、管理者の部下指導が効果的に行われることを意図して、部下に受け入れられてもらいやすい言葉の使い方や関わり方や、良い影響を与えることができる言葉の使い方や関わり方について学んでいきます。また、会話のやり取りについても学習していきます。

【コーチング 指導するコーチングと部下の相談にのるカウンセリング】

過去には効果的だと思われていた指導が,現代では「指導」とは見なされず「ハラスメント」として認識され提起されることもしばしばあります。実際,指導を受ける側の人は,自分を伸ばしてくれる指導スタイルの指導者を求める傾向があります。
コーチングは,自らが考え,判断し,行動できる「自立型」人材の育成が可能だと期待される手法で,専制的ではなく協働的な指導や育成のアプローチです。また,自立型人材を育てることで,多様化の急速化が進む現代に対応できる状況対応型の人材が育つとも考えられています。さらに,「目標による管理」をサポートするスキルとしても注目を集めており,いまや職場内訓練を効果的に進めるための手法として数多くの実績を上げています。
この研修では,OJT(職場内指導)において,部下の強みを引き出したり,挑戦することを支援したりなどの協働的育成アプローチを習得することを目的とした指導・育成法としてのコーチングを,「話し方」「伝え方」「関わり方」のスキルも交えて学んでいただきます。

【職場のハラスメント防止】

2020年6月1日、大企業を対象にパワハラ防止法と呼ばれる改正労働施策総合推進法が施行されました。中小企業は、2022年4月1日から施行です。
パワハラを防止するための措置を企業に義務づける法律ですが、具体的にどのような措置が必要なのかなど詳細がよくわからない方も多いようです。また、職場でのハラスメントを防ぐには、社内体制を整えたり罰則を強化するといった措置だけでなく、職員ひとりひとりが「どのような行為がハラスメントにあたるのか?」を正しく理解し、行動することが重要です。
そこで、管理職にはそれら措置について職場で気をつける気をつけるべきことや取るべき行動を、わかりやすく解説していきます。また、ハラスメントの根本の問題であるコミュニケーションの改善を意図した「影響言語のリーダーシップ」の受講も合わせてお薦めしています。

実績

研修実績
大手電器メーカー/大手各種石油製品の販売業/大手エステ企業/人事院中国支部/中小企業大学校 広島校/呉市/広島県消防学校/廿日市市消防本部/ひろしま産業振興機構/福山市商工会議所/呉市商工会議所/広島県商工会連合会/社会福祉法人広島県社会福祉協議会/社会福祉法人 北広島町社会福祉協議会/社会福祉法人 安芸大田町社会福祉協議会/社会福祉法人 呉市社会福祉協議会/広島県女性会議(現在:広島県男女共同参画財団エソール広島)/岡山男女共同参画センター/大栄教育システム株式会社/国立大学法人 広島大学医学部 ゲストスピーチ/広島信用金庫など
その他、社会福祉法人/医療法人/製造業/人材派遣業などの民間企業内研修も多数

1to1コーチング実績
360人以上に実施。最長クライアント年数8年。

出版物
2014年 専門書「オフィスコミュニケーショントレーニング」執筆(改訂版2018年)

講演の特徴

実用可能な具体的なスキルを、ワークをしながら習得していくプログラム。
リアル研修では、ワークを中心に研修を実施。受講生から高い満足を得ている。
オンライン対応可能で、一方通行になりがちなオンライン研修でもワークを取り入れながら実施し、受講生の満足度は高い。
オンライン研修の実施にあたっては、全国の各拠点に散らばっている対象層を一斉研修する案件も相談応。

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。