谷 真海(佐藤 真海)

谷 真海(佐藤 真海)
Print Friendly, PDF & Email
谷 真海(佐藤 真海) (たに まみ)

講師カテゴリー

  • モチベーション
  • 夢・希望・挑戦
  • 医学・医療・健康
  • 健康・運動
  • 闘病経験
  • スポーツ
  • オリンピック・パラリンピック
  • その他スポーツ

出身地・ゆかりの地

宮城県

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

早稲田大学入学とともに入部した応援部チアリーダーズで活躍していた2001年冬、骨肉腫を発症、2002年4月に右足膝下を切断し義足の生活に。治療とリハビリを経て、2003年1月からスポーツを再開し、2004年走幅跳でアテネパラリンピック初出場。2008年北京パラリンピックにも出場した。
2011年3月、東日本大震災で故郷の気仙沼が被災し、一時は練習もままならない状態になるも、夢をあきらめず、2012年ロンドンパラリンピックで3大会連続出場を果たし、自己ベスト更新。
2013年の国際オリンピック委員会(IOC)総会ではプレゼンターとしてスピーチを行ない、2020年東京五輪招致に貢献した。
2014年に結婚し、佐藤真海から谷真海へ。2015年には出産を経験し、2016年パラトライアスロンへの転向を表明。
2017年シーズンから本格的に世界シリーズに挑戦すると、9月の世界パラトライアスロン選手権で優勝し、この競技で日本人初の世界一に輝くなど、出場試合全勝を達成。一時は自身の障害クラスPTS4が、人数が少ないことを理由に東京パラから除外されるという決定が下されたが、障害の軽いPTS5クラスに挑戦することで、2021年、東京2020パラリンピックの出場を果たす。開会式では旗手も務めた。
勤務するサントリーホールディングス株式会社CSR推進部では、次世代育成プログラムの運営に取り組む他、パラスポーツの魅力を広め、真の共生社会の実現を目指すべく、メディア出演や講演活動も行なっている。

<経歴>
2000年3月 仙台育英学園高校卒業
2000年4月 早稲田大学商学部入学
2004年3月 早稲田大学商学部卒業
2004年4月 サントリー株式会社(現サントリーホールディングス株式会社)入社
2012年3月 早稲田大学大学院スポーツ科学研究科トップスポーツビジネスコース(社会人コース)修了
2017年4月 尚美学園大学と日本福祉大学の客員教授に就任
2018年 宮城県「みやぎ絆大使」就任
現在、サントリーホールディングス株式会社CSR推進部所属

講演テーマ

【夢を跳ぶ】

【宝物は命】

その他

<CM/広告出演>
・アフラック生命保険株式会社
・西濃運輸株式会社

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。