長谷川 朋子

長谷川 朋子
Print Friendly, PDF & Email
長谷川 朋子 (はせがわ ともこ)

・コンテンツビジネス・ジャーナリスト
・コラムニスト
・放送ジャーナル社取締役

講師カテゴリー

  • 経営・ビジネス
  • 経営論・組織論・経営哲学
  • マーケティング・イノベーション・ブランディング
  • 芸能・エンタメ・芸術
  • その他芸術

出身地・ゆかりの地

東京都 フランス 韓国

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

1975年生まれ。
国内外のドラマ、バラエティ、ドキュメンタリー番組の制作事情をテーマに、コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した記事を多数執筆。得意な分野は海外流通ビジネス。
フランス・カンヌで開催される、世界最大規模の映像コンテンツ見本市MIPの現地取材を約10年にわたって重ね、日本人ジャーナリストとしてはこの分野におけるオーソリティとして活動。
業界権威のATP賞テレビグランプリの総務大臣賞の審査員や、セミナー講師、行政支援番組プロジェクトのファシリテーターなども務める。
近著は「NETFLIX 戦略と流儀」(中公新書ラクレ)

講演テーマ

【黒船NETFLIXがなぜ日本市場で成功したのか?グローバル時代の勝ち抜き方】

2015年に日本に上陸し、またたく間に500万人もの有料会員を獲得したNetflix。作品もさることながら、映画70年、テレビ60年の歴史の中で、国際コンテンツビジネスの根本的な構造を変えてしまうという、流通革命を起こしたインパクトも相当なものです。なぜ日本で成功したのか、どういった戦略と流儀が隠されているのか。Netflix関係者、国内外のクリエイターへの取材、分析から見えてきた3つのポイントと共に、グローバル時代を勝ち抜くためのヒントをお伝えします。

【「愛の不時着」から紐とく、デジタル時代のSNSマーケティング術】

コロナ禍の巣ごもり需要を背景に、社会現象にもなった韓国ドラマ「愛の不時着」。その世界的ヒットの要因には、Netflixの巧みなSNSマーケティング術も大きな割合を占めています。過去の韓流ブームと何が違ったのか。「愛の不時着」に続くヒットはどう作ればよいのか。デジタル時代の人気ブランド、人気コンテンツの作り方を、グローバルトップシェアの配信プラットフォーム、Netflixの仕掛けから解析していきます。

【グローバル時代のローカルの生き残り方~ヒントはNETFLIXにあった~】

国内市場の常識を世界でも押し通す。グローバル時代に入っても日本がやりがちな失敗です。ローカルではグローバルに太刀打ちできないと諦めがちですが、生き残りをかけた解決策は必ずあります。そのヒントとなるのが、世界中を席巻しているNetflixのローカル発グローバル戦略です。世界トップクラスのメディアグループへとのし上がったNetflixが味方につけたローカルの力とは。
Netflix関係者、国内外のクリエイターへの取材から見えてきた、その戦略をお伝えします。

実績

東洋経済オンライン「今見るべきネット配信番組」
Forbes Japan「グローバル視点で覗きたいエンタメビジネスの今」
他、多数

講演の特徴

世界中のクリエイター、コンテンツビジネスの関係者と交流を持つ講師が、NETFLIXをはじめとする動画配信サービスの動向、人気作品の仕掛けを紐解くことで、グローバル企業が行っている戦略を知り、自分たちの仕事に活用するヒントをお伝えします。

著書

NETFLIX 戦略と流儀』中公新書ラクレ (2021/10)
放送コンテンツの海外展開―デジタル変革期におけるパラダイム』共著、中央経済社 (2021/8)

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。