柳本 晶一

柳本 晶一
Print Friendly, PDF & Email
柳本 晶一 (やなぎもと しょういち)

元バレーボール全日本女子監督
元バレーボール日本代表

講師カテゴリー

  • 経営・ビジネス
  • 経営論・組織論・経営哲学
  • リーダーシップ・マネジメント
  • モチベーション
  • 夢・希望・挑戦
  • スポーツ
  • オリンピック・パラリンピック
  • 監督・コーチ・指導者

出身地・ゆかりの地

大阪府

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

1976年 モントリオールオリンピック4位(全日本男子)現役時代はセッターとして活躍する。1980年から監督兼任。1991年選手を引退し、監督専任となった。1997年、Vリーグ女子・東洋紡オーキス監督に就任し、就任2年目でVリーグ初優勝、日本リーグ時代を通じて初めて、自分の指揮する男女チームを優勝させた。2003年2月 全日本女子チーム監督に就任し、低迷していたチーム復活の立役者としてアテネ・北京、2大会連続でオリンピックへと導く。著書に『人生、負け勝ち』(2005年幻冬舎刊)2010年、関西を拠点に五輪出場経験者らで「アスリートネットワーク」を立ち上げ、次世代にスポーツの魅力を伝えていく活動を始める。

講演テーマ

【人生、負け勝ち】

勝負哲学は負け、勝ちだ。
人生も同じだった。勝ち負けではない、負けが最初、そう、負け勝ちなのだ。
バレーボールでも、社会生活でも、勝つ事は大切だけれど、負けた時にどうするか
というのはもっと大切な事だ。勝っているとき、必ず「負ける芽」を育んでいる。
そして負けの中には次につながる「勝ちの芽」がある。勝ちは負けの隣にいるのだ。
でも、当事者はえてしてその事に気がつかない。落ち込んだ時、よく人のせいにしたり
する。それがいけない。その時、「よしっ、出来る事だけでもやろう!」と思えるかどうかだ。選手、監督時代の経験から得た、柳本の勝負哲学についてお話します。

【ここ一番で力を発揮するには】

【力を引き出す~どん底から個人と組織を甦らせる】

実績

フジテレビ:「すぽると!」「ワールドカップバレーボール」
TBS:「ロンドン五輪バレーボール女子世界最終予選」「Nスタ」「サンデーモーニング」
   「ジョブチューン」「2014世界バレーアジア最終予選」
日本テレビ:「FIVBワールドグランドチャンピオンズカップ」
テレビ東京:「たけしのニッポンのミカタ!」
NHKEテレ:「知恵泉」 その他多数

講演の特徴

日本代表監督経験者ならではのチーム創り、組織論をお話します。

著書

人生、負け勝ち』幻冬舎 (2008)
力を引き出す―どん底から個人と組織を甦らせる』PHP研究所 (2005)

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。