東元 浩幸

東元 浩幸
Print Friendly, PDF & Email
東元 浩幸 (ひがしもと ひろゆき)

声紋分析心理学士
子育て学習コーチ
オンライン家庭教師

講師カテゴリー

  • ビジネス研修
  • コーチング
  • 新入社員研修
  • 安全大会
  • メンタルヘルス
  • モチベーション
  • 夢・希望・挑戦
  • 意識改革・気づき
  • 医学・医療・健康
  • メンタルヘルス
  • 学校教育・PTA・育児
  • 受験・進路
  • 育児・幼児教育
  • 学生向け

出身地・ゆかりの地

大阪府 岡山県

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

【現在の活動】
①講師自身が過去にメンタルトラブルを患った際に役立ったアドラー心理学や帝王学コーチングの知識と経験、また子育てで十数年来学んできた教育心理学やNLP、脳科学や7つの習慣等をベースとした『親育て講座』を開講。月2回の保護者向けオンライン勉強会も好評開催中。

②声紋分析を活用した以下の取組みをtoB/toCで提供中
・親子間や夫婦間のトラブル解消
・企業における適性な人材育成や組織作りのサポート
・ストレスチェックによるメンタル不調の早期回避

【略歴】
~2001年 大阪大学工学部
~2003年 同大学院工学研究科分子化学専攻博士前期課程
~2006年 ニプロ㈱総合研究所勤務
製品開発エンジニアとしてバッグ製剤やシリンジ等、医療過誤を防止する製品の開発に携わる。
キャリアアップのため転職。
~2022年 住化コベストロウレタン㈱イノベーションセンター勤務
技術開発エンジニアとしてポリウレタン樹脂原料の用途開発や技術サポート、品質管理から顧客クレーム対応まで幅広く経験。
実験室改修工事における節電効率アップや作業環境の安全対策改善、重要顧客のトラブル解決による売上大幅回復等の案件で社長賞を受賞。
顧客の技術課題解決事例は延べ1500件以上。
メンタル不調(適応障害)により退職
2023年~ 子育て支援を志し起業

講演テーマ

【ありのままの⾃分に⾃信を持てる~中高生に必要な自己肯定感~】

現代日本人は自己肯定感が非常に低い実態があり、これが親から子へと連鎖されるのです。
十分な自己肯定感が育っていないまま社会へ出ることの危うさについて、自らの体験を交えながらお話しします。
外資系企業に身を置いたことで痛感した、社会で求められる2大スキルとは?
この講演会では、お子様に自己肯定感を育むための親の関わり方についてもお伝えします。

【脳のクセを知り上手く成長に活かそう】

近年の脳科学の研究により、人間の脳のクセ(思考や認識のパターンなど)は次々と解明されてきています。
この講演会では、脳のクセを理解した上でこれを有効に活用し、子育ての悩みを解消したり自己成長を促すヒントを提供します。子どものやる気を引き出す声掛けの方法や、親子の好ましい関わり方についてお伝えします。
またゴール設定については、人生のすべてのステージで必要となるスキルですので、しっかりとマスターしてください。

【成長し続ける子と成長が止まる子の違い】

同じ経験をしても、そこから大きく成長できる子と、そうでない子が存在します。
成長し続けられる子はどのように考え、物事を捉えているのか?
逆に成長できない子が囚われてしまっている思考パターンとは?
この講演会では、マインドセットの観点から脳の思考パターンを分かり易く解説し、親が取るべき子どもとの関わり方のヒントをお伝えします。

【ネガティブ思考が発動した時の行動指針】

ネガティブ思考との上手な付き合い方に関する講演会です。
ネガティブに考える事について、脳科学的な話題も交えながら分かり易く説明します。
この講演会では、ネガティブ思考に陥った時に、早く抜け出すためのコツや、ネガティブ思考になりにくい思考の習慣についてお伝えします。

実績

2023年の開催実績
オンライン 1回 
学習塾向け 2回

講演の特徴

講演のテーマは基本的に子育ての観点で構成しておりますが、根幹の部分は脳科学や心理学をベースにしているので、学生や社会人に向けた自己啓発や企業での社員研修としても有益な内容となっています。講演の中に受講者参加型のワークも幾つか取り入れており、一方的に話すだけの退屈な講演ではありません。リアルもオンラインも対応可能で、参加者からは「今日からすぐに実践してみたい」「どんな人が聞いても役立ちそう」「非常にわかりやすい」などのご感想をいただいています。

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

あなたにおすすめの講師一覧

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。