鈴木 達也

鈴木 達也
Print Friendly, PDF & Email
鈴木 達也 (すずき たつや)

社団法人 日本緑十字社 主任講師

講師カテゴリー

  • ビジネス研修
  • リーダーシップ・マネジメント
  • モチベーション
  • 夢・希望・挑戦
  • 意識改革・気づき

出身地・ゆかりの地

東京都

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

1967:早稲田大学中退。
1967:外資系出版社入社。信用審査部配属。高額な洋書のため、自社ローンで割賦販売。顧客の信用審査が必要だった。米人社長にリポートしたことがきっかけで、3年で課長。当時としては破格の給与をもらった。
1970:同社退職。
1971:横浜に本社があった外資系会社に就職。自動車ワックス、オイルなどの販売会社。企画制作部配属。TVコマーシャル制作、商品カタログ、ポスターなどの制作。イベントの企画運営など担当。子会社を数社設立。
1975:子会社の社長と共に独立。
1976:その独立した会社で専務取締役。特許の豆腐製造機、特許原料、そのセットで全国フランチャイズ方式を試みた。当初は好調だったが、メーカーの倒産に伴って、連鎖倒産。社長になっていた私は倒産の地獄を味わう。32?3歳で2億円の負債を背負う。
1981:会社設立。健康関連機器類、健康補助食品を販売。堅実に伸長。販売員、社員の教育、研修を同時に開始。大手企業の信用を得て、取扱い商品が増え、さらに成長。ほぼ日本全国に営業所を開設。海外にも進出。特に台湾では国内最大商社、台湾最大食品メーカーとの合弁会社を設立。
1984:社団法人日本緑十字社を復活させ、復活初代社長に岸信介元首相就任。私は理事に就任。教育・研修を担当。福田赳夫元首相が社長就任中まで理事。福田社長退任に伴い、理事退任。教育、研修については主任講師として、引き続き担当。日本緑十字社加盟法人、一般社員を対象とした教育研修の他、講師養成も担当。今日に至る。
2009:事業分野は社長を若手に委譲。第一線からは距離を置く。研修分野は現役を続けている。

講演テーマ

【前進、成功を支える必須の条件とは?】

人生の大半を費やす仕事に充実感が得られなければ、人生そのものが虚しいものになる。仕事で成功するためには、そのための専門知識やスキルは不可欠だが、それを根本で支え、推進するための個人個人の内的要件が整っていなければならない。その内的要件とは何か・・・

【起業、起業家精神について】

私はサラリーマンを経て、33歳で独立。安易な考え、準備不足で失敗。多額な負債を抱え、絶望の淵へ。社員と経営者の違いを痛感。2番目の会社を起こす。倒産から学んだことを2番目の起業に活かす。国内、海外に数社設立。年商、200億円企業に。その教訓を伝えたい。

【リーダーシップ】

個人の成功も組織の成功も真のリーダーシップによるところが大。組織の中のリーダーシップとは何か?自分の中のリーダーシップとは何か?組織の中で、個、部分、全体の意味、連動を伝えます。

【目標、目標設定について】

目標の設定の仕方が個人にも企業にも、成功・失敗の鍵になる。企業を個人をより良く成長させるのは、目標の設定の仕方にかかっている。間違った目標設定は企業も個人もダメにする原因。実体験を通して、その重要性を伝えたい。

【人間を学ぶ】

人生も仕事も社会の中で成り立つ。その根本にある人間関係。いい人間関係の上に成功が生まれます。それには知っているつもりの人間の特徴について考えてみる必要があります。体験を通じて得たこと、あるいは平明な心理学の説を活用して伝えます。
他、テーマは多々あります。

実績

私の研修を修了した人数は20000人程度。

講演の特徴

事業歴(経営歴)と研修歴がほぼ同期間であることから、生きた社会、経済社会から体験、経験したことと、心理学的学説をマッチングしたレクチュア、実習を用いている。実用に活かせる学びを提供している。

その他

専門分野
人材育成、心理関係

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。