佐藤 由美子

佐藤 由美子
Print Friendly, PDF & Email
佐藤 由美子 (さとう ゆみこ)

米国認定音楽療法士
作家

講師カテゴリー

  • 医学・医療・健康
  • 健康・運動
  • メンタルヘルス
  • 芸能・エンタメ・芸術
  • 音楽・映画

出身地・ゆかりの地

千葉県

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

ホスピス緩和ケアの音楽療法を専門とする米国認定音楽療法士。バージニア州立ラッドフォード大学大学院音楽科を卒業後、オハイオ州’シンシナティの Music Therapy Services  に属し、ホスピスで10年間音楽療法を実践する。オンラインジャーナル Voices, A World Forum for Music Therapy にて 音楽療法に関する様々な記事を発表。研究書 Musical Life Review in Hospice (ホスピスにおける音楽回想法) が米国音楽療法学会誌 Music Therapy Perspectives に掲載される。発表された研究に加えて、アメリカ国内での学会で講義を行うとともに、地域ではドラムサークル、グリーフケア、ホスピス緩和ケア音楽療法など、様々なトピックに関するワークショップを行ってきた。

2013年に帰国し、現在音楽療法普及のため、執筆活動や講演を行っている。ホスピス緩和ケア音楽療法やグリーフなどに関するブログ「佐藤由美子の音楽療法日記」は、現在ハフィントンポスト日本版 とイギリス版に掲載中。また、日本の文化に関するブログ Discover Japan はハフィントンポストのイギリス版に掲載されている。セッションでは主にピアノ、ギター、ハープ、ネイティブアメリカンフルート、ウクレレ、ボイスを使用。

著書に『ラスト・ソング~人生の最期に聴く音楽』(ポプラ社)がある。

講演テーマ

【音楽は人と人をつなぐ】

音楽療法とは簡単に言えば、心身の健康の回復や向上のために音楽を効果的に用いる療法です。
音楽には力があります。その力を効果的に利用して、対象者のニーズに対応するのが音楽療法です。
この講演会では、音楽の力や終末期医療における音楽療法について、実例や音楽を通してお話します。

【グリーフを乗りこえるためにできること】

「グリーフ」は聞きなれない言葉かもしれませんが、この言葉はホスピスにおいては避けて通れないものです。私は終末期医療を専門とする米国認定音楽療法士として、長年患者さんやそのご家族のグリーフと向き合ってきました。
グリーフとは、直訳すれば「深い悲しみ」や「悲嘆」を意味する言葉で、大切な人を失ったときに起こる身体上・精神上の変化を指します。この講演では、グリーフを乗り越えるためにできることについてお話します。

【音楽を使ったセルフケア】

「どのような音楽を聴けばリラックスできるの?」とよく聞かれます。
市場には、リラクゼーションや癒しのためのCDがたくさんあります。しかし、どの音楽でリラックスできるかは、あくまでも主観的なことです。音楽に対する反応には、個人差があるからです。
では、どのように音楽を選べばいいのでしょうか。
この講演では、疲れたときやストレスが溜まったときだけに限らず、日ごろから健康を保つために、どのように音楽を利用すればいいのか、お話します。

実績

【主な講演】

2015:芸術と科学のハーモニー講演会:「音楽がある、人生がある:音楽療法の魅力 ~ラスト・ソングを求めて」
2014:「癒しの学び」 第52回日本癌治療学会学術集会
2013:Application for Drumming in End of Life Care 5-hour Continuing Education Course,
    GLR Conference, Columbus, OH
2011:Conscious Drumming : Drumming from the Heart, Special Event,
    AMTA National Conference, Atlanta, GA
2011:Musical Life Review in Hospice and Palliative Care, AMTA National Conference, Atlanta, GA
2011:Understanding and Coping with Countertransference in End-of-Life Music Therapy,
    5-hour Continuing Education Course, AMTA National Conference, Atlanta, GA (2011)


【メディア掲載】

〈新聞〉
 「朝日新聞」「東京新聞」「中日新聞」「聖教新聞」「福島民報」
 「デーリー東北」「河北新報」「岩手日報」「京都新聞」
〈ラジオ〉
 「FUTURESCAPE」「文化放送 浜美枝のいつかあなたと」
 「NHKラジオ深夜便」 「NHKオーディオドラマ」

講演の特徴

音楽療法やグリーフケアについて体験しながら学んでいただきます。
実例や映像を使い、わかりやすく説明します。

その他

<専門分野>
終末期医療、音楽療法、グリーフケア

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

同じカテゴリーの講師一覧

いま注目の講演会講師一覧

  • 澤 円
    澤 円
    株式会社圓窓 代表取締役 元日本マイクロソフト 業務執行役員 武蔵野大学アントレプレナーシップ学部 教授【デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するために必要なマインドセット】
    講師候補に入れる
  • アキ・ソラーノ(Aki Alex Solano)
    アキ・ソラーノ(Aki Alex Solano)
    ・全米ヨガアライアンス協会認定最高師範(E-RYT500・世界最高峰ヨガ師範) ・西洋と東洋の知見を統合化【ディープマインドフルネス®️ヨガ】創始者 ・ハワイ生まれの【プラーナチャクラヨガ®️】創始者 ・ディープマインドフルネス開発者 ・ヨガ ヒーラー アカデミー ハワイ校長/オーナー(ハワイ州登録) ・一般社団法人ディープマインドフルネス脳科学協会 会長 ・Terra Hawaii Consulting LLC CEO(本社ハワイ州) ・「症状別3分ヨガレッスン」著者(ネコパブリッシング社) ・一般社団法人国連P.R.I.D.E日本 理事 ・米国医師団公認協会認定 国際アンチエイジング栄養コンサルタント(ニューヨーク州公認IAANAが認定する公式登録国際称号) ・ディープマインドフルネス・コーチ 【マインドフルネス(企業向け)】
    講師候補に入れる
  • 酒井 とし夫
    酒井 とし夫
    ・プロ講演家(累計講演回数1,000回超) ・ランチェスター経営認定講師 ・米国NLP心理学協会認定ビジネスマスター ・米国NLP心理学協会認定プラクティショナー ・米国NLP心理学協会認定コーチ ・GCS認定コーチングコーチ ・コミュニケーション心理学マスター【商売繁盛心理学 ~心理学を取り入れて売上げをぐんぐん伸ばす~】
    講師候補に入れる
  • 里井 真由美
    里井 真由美
    フードジャーナリスト 1級フードアナリスト【食の仕事がしたい人向け】
    講師候補に入れる
  • 山崎 裕樹
    山崎 裕樹
    社会保険労務士法人ネクステップ 代表社員 特定社会保険労務士 事業承継士【人事制度】
    講師候補に入れる
  • 岩本 沙弓
    岩本 沙弓
    Office『W・I・S・H』代表 金融コンサルタント/経済評論家 大阪経済大学経営学部客員教授【最新経済分析~日米経済の展望】
    講師候補に入れる

月間講師依頼ランキング

先月の講演依頼のお問合せが多い講師をランキング形式でご紹介

  • 1
    佐藤 弘道
    佐藤 弘道
    タレント/NHK「おかあさんといっしょ」第10代体操のお兄さん
    【ひろみちおにいさんと運動あそび教室】
    講師候補に入れる
  • 2
    安部 司
    安部 司
    食品ジャーナリスト
    【食品添加物の真実】
    講師候補に入れる
  • 3
    西元 有紀
    西元 有紀
    Plaisir 代表 一般社団法人CAネットワーク ホスピタリティコンサルタント 一般社団法人アンガ―マネジメント協会 アンガーマネジメントコンサルタント 一般社団法人日本ほめる達人協会 特別認定講師 株式会社原田教育研究所 認定パートナー、理想の職場デザイナー 日本メンタルヘルス協会 基礎心理カウンセラー メンタルヘルス・マネジメント検定II種・ラインケア資格
    【アンガーマネジメントで理解する「怒り」の感情】
    講師候補に入れる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。