河内山 哲朗

河内山 哲朗
Print Friendly, PDF & Email
河内山 哲朗 (こうちやま てつろう)

公益財団法人 松下政経塾 塾長

講師カテゴリー

  • 政治・経済
  • 経済
  • 経営・ビジネス
  • 経営論・組織論・経営哲学
  • リーダーシップ・マネジメント

出身地・ゆかりの地

東京都 山口県

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

1981年 松下政経塾入塾
1993年 山口県柳井市長に初就任(当時全国最年少市長)
1995年 青少年問題審議会(総理大臣諮問機関)委員に就任
1999年 山口県国民健康保険団体連合会理事長に就任
2000年 国市長会理事に就任
2001年 山口県市長会会長に就任
      国民健康保険中央会理事に就任
2003年 全国市長会国民健康保険対策特別委員会委員長に就任
      厚生労働省社会保障審議会委員に就任
2006年 全国市長会副会長に就任
      国民健康保険中央会副会長に就任
      山口県市町村職員共済組合理事長に就任
2007年 道州制ビジョン懇談会(内閣府)委員に就任
2009年 国民県保険中央会顧問に就任
2010年 社会保険診療報酬支払基金理事長に就
2016年 公益財団法人松下政経塾塾長に就任

講演テーマ

【松下幸之助に学んだ経営の要諦(松下幸之助の経営理念と公共経営)】

松下政経塾第2期生の塾生として松下幸之助から直接薫陶を受けた現塾長の河内山哲朗が、松下幸之助から直接学んだ
(1)経営の要諦
(2)リーダーシップ
(3)人材育成
等、実体験に基づき幅広く講演します。

【公共部門のマネジメントについて(自治体の経営改革のコツ)】

松下政経塾卒塾後、当時全国最年少市長として当選した山口県柳井市での4期16年の市長活動を通して培った
(1)公共部門のマネジメント
(2)自治体経営のコツ
等について、実体験を交えながら講演いたします。

【日本の社会保障における課題と今後の展望】

社会保険診療報酬支払基金の理事長の職から得た知見を通して
(1)社会保障改革
(2)医療制度の改革と展望
(3)医療の進化とビッグデータの活用
(4)医療の質を上げつつコスト削減を実現する方策
等について講演いたします。

実績

・日本自治学会
・各都道府県医師会、歯科医師会など医療関係団体
・各都道県国民健康保険団体連合会
・自治大学校
・全国市町村中央研究所
・日本記者クラブ
・王立家庭医協会(The Royal College of General Practitioners) (英国)
・安徽師範大学(中国)
・日中地域間交流推進セミナー(中国、山西省)
・健康保険評価審査院(韓国) 等

講演の特徴

プロフィールにあるような、実務経験に基づいて、実例を挙げながら解りやすくお話します。

著書

民に聞け』浅野史郎元宮城県知事との共著(光文社)

その他

<専門分野>
行政運営、行財政改革、自治体経営、社会保障、医療保険制度

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。