佐藤 礼央

佐藤 礼央
Print Friendly, PDF & Email

佐藤 礼央 (さとう れお)

ETUDE llp. 副代表。
作曲家、サウンドデザイナー、CM音楽プロデューサー、音楽監督、クリエイティブ ディレクター、音響エンジニア、録音、PAエンジニア、整音

講師カテゴリー

  • 経営・ビジネス
  • マーケティング・イノベーション・ブランディング
  • モチベーション
  • 夢・希望・挑戦
  • 芸能・エンタメ・芸術
  • 音楽・映画
  • ライフスタイル
  • ライフプラン・自己啓発(仮)

出身地・ゆかりの地

大分県

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

1981年、大分県生まれ。
青山学院大学大学院 総合文化政策学研究科修士課程修了。
大学在学中より、個人事務所「Sound+Light」を立ち上げ、「生活の中に溶け込む音楽」をテーマに、オリジナル作品のリリースを始める。2009年、サウンドデザインチーム「ETUDE LLP」を設立。CM、TV 番組、映画の作曲・編曲・プロデュースワークを行っている。主な作品に、『宝くじ』(2003)、『au design project』(2006)、『ISSEY MIYAKE Xmas』(2006)、『LOUIS VUITTON』(2008)、『SHU UEMURA』(2009)、『Dentsu Good Innovation』(2009)、『第12 回 ヴェネツィア・ビエンナーレ』日本館の告知映像 (2010)、『YOHJI YAMAMOTO 展 』(2011)、『IMF 世界銀行総会』(2012)、『GODIVA LOVE& HUG PROJECT』(2013)、映画『桜姫』(2013)、映画『ラジオの恋』(2013)、NHK『コズミックフロント』(2014)、映画 『シネマの天使』(2015)、『ビンゴ5』(2017)、映画『彼女は夢で踊る』(2019)、『カルティエ、時の結晶』(2019)、映画『ハルカの陶』(2020)、『JOC - がんばれ!ニッポン!全員団結プロジェクト』(2020)など多数。

講演テーマ

【実社会の中で、音楽を作ること ~クリエイティブとビジネスの関係~】

CM、映画、テレビ番組の作曲家・佐藤礼央(さとう・れお)が、手掛けた過去の作品を実例としてとりあげながら、激変してゆく現代社会の中で、これからの芸術家が創作活動を行うために必要な事をお話しします。

実績

<作品の受賞経歴>
2016年
映画『シネマの天使』
米映画祭ロサンゼルス シネマフェスティバル オブ ハリウッド       
ベスト長編映画作品賞
(音楽監督)

2016年
『Butterfly Cemetery』
D&AD AWARD2016
Wood Pencil受賞
(音楽監督)

2016年
『東北食べる通信』
PRWeek Awards Asia金賞受賞
(音楽監督)

2018年
ショートムービー『2人の男』
JAC AWARD 2018
リマーカブル・ディレクター・オブザイヤーグランプリ受賞
(音楽監督)

2020年
映画『彼女は夢で踊る』
スペインマドリード国際映画祭審査員賞受賞
(音楽監督)

動画

その他

<主な研究テーマ>
「映像と音楽」
「空間と音楽」
「音楽とデザイン」
「音楽とインターネット」

<所属団体>
一般社団法人日本音楽著作権協会

<ETUDE LLP.>
www.etude.cc

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。