大和田 浩子

大和田 浩子
Print Friendly, PDF & Email
大和田 浩子 (おおわだ ひろこ)

株式会社クネアステーションズ 代表取締役
ウェディングプロデューサー

講師カテゴリー

  • 経営・ビジネス
  • ダイバーシティ
  • 働き方改革・ワークライフバランス
  • CS・ES
  • ビジネス研修
  • コミュニケーション・世代間ギャップ
  • ハラスメント
  • ビジネスマナー
  • 新入社員研修
  • モチベーション
  • 夢・希望・挑戦
  • 意識改革・気づき
  • 人権・福祉・介護
  • 障がい・発達障害
  • 子どもの人権
  • ライフスタイル
  • 衣生活・美容
  • ライフプラン・自己啓発(仮)

出身地・ゆかりの地

東京都 神奈川県 鹿児島県

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

1973年生まれ 東京都出身
日本大学芸術学部中退

17歳より母親の介護で「ヤングケアラー」として生活する。
シングルマザーとなって正社員として働いたビジネスホテルで
「ブライダル事業」を独学で社内起業する。

2004年 接客業・サービス業の経験を経て、荻窪のホテルに営業職として勤務。
2005年 消費者目線にたったウェディングを研究し、ブライダル事業部門を設立。
2007年 ウェディングの実績を評価され、社内で、ホテル部門では初の社長賞受賞。
2009年 ウェディングパークのクチコミ満足度ランキングで東京都エリア1位獲得。
      社内では異例の2度目の社長賞受賞。
2010年 ブライダル産業新聞に掲載。
      結婚式の可能性を広げるため「どこでもウェディング.com」を起業する。
      (株)トレンダーズ女性起業塾112期MVP受賞。
2011年 読売新聞に掲載される。
      NHK「ドラクロワ」10月放送され、病院での結婚式が大きな反響をよぶ。
      NHK「ドラクロワ」3月放送の総集編ベスト4で1位獲得。
2012年 講談社より出版 タイトル:荻窪のバツイチウェディングプランナーは泣き虫結婚仕掛人。
2013年 小学館ファミリーネット掲載
      毎日新聞掲載 読売新聞掲載
      新潮社「小説新潮」にウェディングストーリー「たいようの招待状」掲載
      TV東京「タカトシの涙が止まらナイト」出演
      All about 国民の決断審査員
2014年 集英社「LEE」掲載
      フジテレビ「アンビリバボー」出演
2015年 コンパルウェディング掲載
      女性セブン掲載
2016年 フジテレビとくダネ出演
      ゼクシィプレミア掲載
      株式会社クネアステーションズ設立
2017年から現在まで 各種企業、各種専門学校の講師を務める

専門学校やブライダルの現場でたくさんの20代と関わるうちに
自分たち40代とのジェネレーションギャップを感じ始める。
どのようにしたら良質なコミュニケーションが取れるのか
若者の文化的背景を研究し始める。

講演テーマ

【文化的背景から考える世代間ギャップ なぜ耐久性が薄いように感じてしまうのか?】

世代間ギャップはいつの時代にもあります。
アルバイトをしてレコードを手に入れることに喜びを見出した世代と
好きなときに好きなだけYouTubeで音楽を聴けるのが幸せな世代。

卒業式で特攻服にド派手に刺繍するのは
夜露四苦などの凶暴性なメッセージでなく、友情や親や恋人への溢れる感謝。

電化製品、流通ルート、通信手段、校則、TVドラマ、第7世代など
身近なもので実例を出し
若い世代の価値観と40代50代の価値観の違いを検証し
お互いの文化的背景を理解したうえで
良質なコミュニケーションが取れる方法を考えていきます。


【どうして石田純一と玉置浩二はモテるのか?コミュニケーションの極意】

「人から好かれる」のは一種の才能です。
子どものころから何の苦も無く、「人から好かれる」タイプの人もいます。
反対に「人に好かれないと感じてしまう」「人に嫌われることを必要以上に気にしてしまう」タイプの人もいます。

婚活アドバイザーの講演会で人気のテーマを
心理学や男性脳・女性脳の違いを取り入れながら
ビジネス版でお伝えいたします。

社内で、取引先で、家庭で、どの場面でも使えるコミュニケーションの極意をお届けいたします。



【え?これはパワハラなのですか?】

パワハラ、セクハラ、モラハラ、マタハラ、いろいろなハラスメント問題が取り上げられますが
ハラスメント問題が一番厄介なのは
「ハラスメントをしている本人に悪意はなかった」というケースが多いことです。

「良かれと思って」
のその言動が相手には苦痛もこともあります。

ハラスメントを防止するのに有効なのは
今の時代の常識を理解し、自分自身の常識をアップデートする必要があります。

「いやだったら、いやだと言ってくれたらよかったのに」
という思考になるのは危険です。

ハラスメントを受ける側は、
なぜそのときその場で「NO」が言えないのか。
一緒に考えていきます。



【これからは谷底ウォーカーの時代到来!】

どん底の人生を経験した者だけが持つ、強み。恵まれない家庭環境でも、反面教師で十分幸せになれます。 妬みや恨みから、生まれるもの。愛情や感謝から、生まれるもの。17歳で母親が寝たきりになり、父親の倒産、10代での結婚、出産、離婚、30才過ぎてから初めての就職、そして、ひとりの女性としての自立。人は鏡。「あなたの周りがあなたです」という法則に気がつけば、より良い生活がきっと手に入ります。自身の経験をもとに、どのようにして、谷底から這い上がることが出来たのか、幸せを引き寄せる人に共通していることは何か、ユーモアと涙を交えて語ります。

【お客様が教えてくれたウェディングの神様が降りるとき】

NHKのドキュメントでも大きく取り上げられた病院での感動ウェディングから、母親と20年ぶりに再会した新郎、義理の父との親子物語など、すべて本当にあった心温まる物語。シングルマザーでどん底の生活をしていた私が、仕事の神様によって人生を変えてもらった経験。家族っていいね、仕事っていいね、と思える実話。

【クレームもチャンス!現役プランナーが教えるホスピタリティー講座】

クレームを出すのは良くないことですが、思いがけない仕事のミス、お客様との行き違いなど、人間ですからクレームを出してしまうこともあります。ですが「嫌なお客様」は本当にいるのでしょうか?イヤだな~、会社行きたくないな~という現実から逃げ出さず、お客様に寄り添い、きちんと向き合うことで解決につながり、満足度をあげる方法を伝えます

【再婚、別居婚、新しい結婚のかたち】

生涯未婚率は毎年上昇しています。結婚だけがすべてではない、とはいえ、やはり気になる結婚。昭和のころとは違う、新しい時代に適した結婚のスタイルを紹介いたします。ウェディングプロデューサー、再婚アドバイザーだから語れる、いまどきの結婚事情。5年後、10年後の結婚のスタイルを予言し、それぞれのしあわせのかたちを提案いたします。「失敗する結婚」「成功する結婚」の話もしていきます。

実績

2013年 オールアバウト国民の決断審査員コメンテーター
2014年 メディアハウス様紹介 全国の式場プランナー向けセミナー
2014年 ブライディール様主催 「大人結婚式の作り方」 新郎新婦向けセミナー
2015年 都立病院様新人研修
2016年 可児市商工会議所様講演会など
2017年~現在 上場企業新人研修、各種専門学校での講師

講演の特徴

一方通行の話でなく、受講者参加型で飽きさせず、達成感を味わっていただきます。

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。