小泉 孝朗

小泉 孝朗
Print Friendly, PDF & Email
小泉 孝朗 (こいずみ たかお)

合同会社 ケーコンサルテーション
中小企業診断士
全国通訳案内士

講師カテゴリー

  • 政治・経済
  • 地方創生・地域活性
  • 経営・ビジネス
  • マーケティング・イノベーション・ブランディング

出身地・ゆかりの地

北海道 秋田県 福島県 東京都 岡山県 熊本県 米国 イスラエル

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

東京大学 経済学部卒後、三菱商事株式会社に長年在籍。
米国金属製品加工会社、ベンチャー支援会社に出向・経営に携わる。
退職直前の3年間、公益社団法人 福島相双復興推進機構に出向し、原発被災地の中小企業や進出ベンチャー企業の支援等に携わる。成長戦略策定から実践を支援する合同会社K-consultationを2022年に創業。

講演テーマ

【研究開発からのマーケティング】

技術開発者に対しマーケティング活動の重要性と具体的な実践の仕方を説明します。受講者はより市場性の高い市場ニーズに即した技術開発を行うことが可能になります。技術開発者は自らの研究成果の優位性に夢中になりやすいですが、必ずしもそれだけで事業成功が約束されるものではありません。営業部門に任せるとその技術の凄さに気づかれない事があります。開発者自らが適切なマーケティングを行い、成果物を適切に市場投入する能力を具備する必要があります。

【福島原発被災地の現状、研究開発企業と目指す未来】

2011年3月、福島の浜通りは原発被災により、多くの人に避難命令が出されました。
あれから10年、官民挙げて元の住民の帰還を進めてきましたが、10年以上経過した今、新たな人材・企業の呼び込みがより重要になってきています。
その核となるのが、当地での研究を推進し、新たな産業を集積しようとする福島イノベーションコースト構想です。
研究開発企業に、被災地の現状、同構想の全体像や各種経済的な施策を理解いただく事で、同地への関与・復興への貢献に対するモチベーション向上に繋げてもらえたらと思います。

実績

NEDOや産業総合研究所等の研究開発支援機関からの受託で数多く実践してきました。総合商社内での新規事業開発担当者向けにも相当回数、(講演という形式ではありませんでしたが)社内コンサルとして実践してきました。多くの参加者から高い評価を得ています。

講演の特徴

要求所要時間(最低40分)に応じて、座学のみならず、実践的な研修を行う事が可能です。

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。