植田 辰哉

植田 辰哉
Print Friendly, PDF & Email

植田 辰哉 (うえた たつや)

元 全日本男子バレーボールチーム監督

講師カテゴリー

  • 経営・ビジネス
  • リーダーシップ・マネジメント
  • ビジネス研修
  • リーダーシップ・マネジメント
  • コーチング
  • 安全大会
  • コミュニケーション
  • セルフマネジメント
  • モチベーション
  • 夢・希望・挑戦
  • 意識改革・気づき
  • スポーツ
  • オリンピック・パラリンピック
  • 監督・コーチ・指導者
  • その他スポーツ

出身地・ゆかりの地

香川県

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

プロフィール

1964年7月25日、香川県生まれ。
大阪商業大学卒業後、新日本製鐵(現、堺ブレイザーズ)に入社。
日本リーグ(現、Vリーグ)ではセンタープレイヤーとして活躍。
日本代表選手も務め、1992年のバルセロナオリンピックには主将として出場し、6位入賞。
現役引退後は、新日鐵、日本代表ジュニアチームの監督を経て、2005年に日本代表監督に就任。
2008年、北京オリンピックへ16年ぶりの出場を果たした。

<監督歴>
1999年~2002年 新日鐵(現堺ブレイザーズ)
2003年~2004年 日本代表ジュニア(男子)
2004年~2012年 (現在) 日本代表(男子)

<指導者資格>
JOC専任コーチ(TOPコーチアカデミー)
日本体育協会上級コーチ

【選手時代の主な競技歴】
1989年 アジア選手権大会準優勝、ワールドカップ6位
1991年 アジア選手権大会優勝、ワールドカップ4位
1992年 バルセロナオリンピック 6位

<受賞>
1987年 日本リーグ新人賞
1988年?1992年 日本リーグベスト6 ※5年連続受賞
1990年、1993年 日本リーグブロック賞
1991年、1992年、1994年日本リーグスパイク賞
2007年 Vリーグ栄誉賞

【日本代表監督での主な戦績】
2005年 アジア選手権 優勝
2006年 世界選手権 ベスト8
2007年 アジア選手権 準優勝、ワールドカップ9位
2008年 北京オリンピック世界最終予選兼アジア大陸予選2位(出場権獲得)
北京オリンピック ※16年ぶりのオリンピック出場
2009年 アジア選手権優勝
ワールドグランドチャンピオンズカップ3位(銅メダル)
※32年ぶりのメダル獲得

講演テーマ

【自分で限界を決めるな ~夢は必ずかなう~】
【責任は結果により果たされプロセスにより決まる】
【私の歩んだ道】
【成果を導き出すプロセス設計】

著書

徹底マネジメント』(総合法令出版 2009)

講師候補に入れる/この講師について問い合わせる

相談無料!

講演依頼、講師の講演料等ご相談はこちらへ!非公開の講師も紹介可能です。

  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • 03-3249-0666(東日本)06-6312-0691(西日本)
  • お問合せフォーム

お電話、またはお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい。スタッフが丁寧に対応致します。